s_empirecasino

カジノ運営業者メルコクラウンが香港での上場廃止へ。

マカオカジノ大手メルコクラウン、香港上場廃止へ=コスト削減理由_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

メルコクラウンが香港証券取引所メインボードでの上場を廃止するとの話が流れていましたが、遂に決まったようですね。あれ?どっかで聞いた事あるなと思ったら、

参考記事:メルコクラウンエンターテイメントが香港証券取引所での上場廃止を検討。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

以前は検討中だったようですね。まぁ検討の時点で発表しているんですから廃止の方向に進みますよね。マカオでカジノのライセンスを保有する6社で唯一の上場廃止。理由はメリットが少ない割に、上場を維持するコストがかかりすぎるとか。それなら経営陣の判断が非常に優れていると言えるでしょう。裏で何があるのかはさておき。

上場廃止することになってメルコクラウン社の株はどう扱われたんでしょうね。そこの方が気になりますね。紙くずとして消えてたりして。笑

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150305-00010000-macau-cn

カジノ大手メルコクラウンが横浜、大阪へのカジノ進出を検討。日本政府の対応が待たれる。

Yahoo_ニュース_-_メルコ・クラウン、「横浜か大阪にカジノを」_(東洋経済オンライン)

カジノ大手のメルコクラウンが横浜、大阪へのカジノ事業進出に意欲を見せています。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

Yahoo_ニュース_-_メルコ・クラウン、「横浜か大阪にカジノを」_(東洋経済オンライン) 2

ギャンブル依存症対策にまで計画を立てている事からも本気度が伺えます。

クリニックは、カジノゲーミングの依存症患者だけのためのものではありません。競馬やパチンコなど他の業界の助けにもなります。

これまで放置され続けて来た日本のギャンブル依存症者の受け皿ができることにもなり、これは日本のギャンブル依存症者の割合が高いという問題にも対処できるものです。

ただ、日本側のカジノに対する方針がはっきりと決まっていないため、どこまで計画を進めるのかは微妙なところです。さらに、メルコクラウンは他国にカジノを作る時にはその土地の事業者と手を組んで行う事を明言しています。完全に外資のカジノができるのではなく、日本企業にも恩恵がさずかるシステムを作り上げることが可能です。

日本がカジノ法案をどこまで押し進められるか、カジノ法案は廃案となり、海外投資家達の失望を買うのか、今の国会運営の現状を見ているとどちらに転ぶかわからない状況ではあります。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

記事参考元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141109-00052898-toyo-bus_all&p=2

カジノ大手メルコクラウン第3四半期1割減収

Yahoo_ニュース_-_【マカオ】カジノ大手メルコ・クラウン、14年Q3決算1割減収_(マカオ新聞)

カジノ大手のメルコクラウンが第3四半期の収益が1割減少したと発表しました。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

中国政府の汚職静粛運動により、中国人VIPローラーが減ったことが一因となっているようです。しかしながら一般向けのマス部門では増収傾向にあるようで、収入は1割減にとどまったようです。

マス部門でのカジノ営業が好調であることを背景に、メルコクラウングループはさらなる出資を進めているようです。

メルコ・クラウン・エンタテインメントがコタイ地区で開発を進めているスタジオシティは映画をテーマにした総合エンタテインメントリゾートで、開業予定は2015年中頃。シティオブドリームズマニラは今年12月にテストオープン、2015年第1四半期にグランドオープニングを予定しているとのこと。

中国はビジネスを形にするのが早いですね。

日本でもカジノ解禁が期待されていますが、是非こういったところは見習って頂きたいところです。さらに日本は他国のカジノ産業の失敗経験を活かす事ができるので、そこを強みに健全なカジノ創設をはかってもらいたいものです。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141107-00010006-macau-cn

東京デザイナーズウィーク2014にて米メルコクラウンが着物を支援するプロジェクトを発表

Yahoo_ニュース_-_メルコ・クラウンが「着物」を支援する理由_(東洋経済オンライン)

メルコクラウンと言えばマカオに本拠地を置くカジノの会社です。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

そのカジノメーカーが日本の東京デザイナーズウィーク2014にて日本の伝統文化の継承と発展に向けたプロジェクト 「着物×きもの×KIMONO」を発表しました。

同社のCSR活動の取り組みの一環として行われるようです。東日本大震災の時にも日本への支援を行ってくれていたようです。

メルコクラウンとインタビュアーのやり取りに以下の様なやり取りがあります。

――着物生地を使った作品の数々は、マカオのカジノなどで使用したらどうでしょうか。

 可能性はなんでもあります。非常に素敵なことなので、ぜひコシノ・ジュンコさんとも、その話をしたいと思います。

日本の伝統文化である着物。実際に日本が統合型リゾート施設やカジノを作るとなった時には着物文化も発信して行く場として欲しいですね。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

記事参考元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141030-00052069-toyo-soci&p=1

「日本市場へのカジノ事業参入において50億ドルは最低ライン必要。」そらもっとも。

日本へのリゾート投資、最低でも50億ドル=メルコ・クラウン共同会長_(ロイター)_-_Yahoo_ニュース

メルコクラウンの共同会長が日本へカジノを誘致する際の設備投資の条件として50億ドルが最低価格であるとの見解を述べました。

他の新興国でカジノ事業をすすめるに比べ物価指数の高い日本での投資です。新興国でのカジノ事業参入でさえ数十億ドルは必要とされています。それを踏まえれば今回のメルコクラウン会長の発言は的を得た発言であると思います。

カジノ事業参入によって人、モノ、サービスがより充実していけばもっと日本が良い国になりますね。

↓カジノを良く知るためには、まずはオンラインカジノから!↓
カジノ初心者には日本語でわかりやすいワイルドジャングルカジノをおすすめしています。


s_empirecasino