CONTACT

ルーレット


CONTACT

ルーレット

 

日本でも世界でも人気の高いルーレット。
赤と黒のウィールが回るところを見たことがある人は多いのではないでしょうか。

ルールはとても簡単で、ディーラーが投じたボールがウィール(ルーレット盤)の
何番のポケットに落ちるかを当てるゲームです。

配当は最高36倍(35 to 1)まであり、多種多様な賭け方が楽しめます。単純明
快でありながら高配当が期待できるため、ヨーロッパを中心に人気のゲームです。

動画の中では、
ヨーロピアンルーレット
フレンチルーレット
アメリカンルーレット
を紹介しています。

ルーレットが遊べるオンラインカジノはこちら
>>>ワイルドジャングルカジノ
>>>ジパングカジノ
>>>ジャックポットシティーカジノ
>>>インターカジノ
>>>32レッドカジノ


CONTACT

【初心者向け】ルーレットルール説明

 

17世紀からヨーロッパ各地に広まったルーレットは、フランスが発祥とされています。
数学者パスカルが確率計算の為に発明したものが現在のルーレットの原型であるとされています。

実際にギャンブルとして導入されたのは、
パリの警察が公平なギャンブルを推進するためであったと言われています。
その見た目の華やかさから 「カジノの女王」と呼ばれ、
現在遊ばれているカジノでは最も古いゲームの一つです。

ルールは簡単で、ディーラーが投じた玉がルーレット盤(ウィール)の
どの番号のポケットに落ちるかを当てるゲームです。

配当は賭け方によって2倍(1 to 1)から最高36倍(35 to 1)まであり、
その賭け方にも多種多様ありますが、単純明快でありながら高配当の期待ができることで、
ヨーロッパを中心に人気のゲームです。

また、世界には大きく分けて3タイプのウィールがあり、
38数字の「アメリカンタイプ」、37数字の「ヨーロピアンタイプ」と「マカオタイプ」があります。

■ ウィールのタイプ

最も古い数字の配列はアメリカン・タイプであったが、ドイツのカジノ経営者フランソワ・ブランが
1841年に“00”を無くしてプレイヤーに有利なヨーロピアンタイプの数字配列を開発しました。
マカオタイプは、アメリカンタイプの数字配列の“00”をなくした物である。

■ レイアウトのタイプ

元来ヨーロッパで行われていたルーレットは、「クルピエ」と呼ばれるディーラーが
各テーブルに3人ついて熊手のようなレーキ(レイク)棒を使ってゲームを進行していたが、
アメリカに渡った際に1人のディーラーでも進行できるようにアウトサイドの賭け枠を
全て一方に寄せたレイアウトが開発された。
現在でもヨーロッパの伝統を重んじるカジノではヨーロピアンタイプのレイアウトを使用している。

【ルール説明】
1. ディーラーがウィール(回転盤)の中にボールを投げ入れます。
そのボールが何番のポケットに落ちるかを予想して賭けます。
手持ちのチップをテーブルのレイアウトの数字やグループに賭けられます。
ベルが鳴る(締切り)まで賭けられます。
2. ボールが落ち「ウィニングナンバー」が決まると、外れたチップは回収され、
当たりのチップには配当が付けられます。

【テーブルマナー】
◆ 他のプレイヤーと同じ場所にチップを置く場合、インサイドベットは重ねて
アウトサイドベットは重ねないように置きます。
◆ 当り番号を示す「マーカー」が置かれている間は、次のBETはできません。
配当が付けられるまでチップには触らないようにして下さい。
◆ ベルが鳴り、ディーラーが「No more bets

【チップの賭け方と配当率】 ※配当率は賭金込み
ルーレット

ルーレット配当

>>>ルーレットを動画で紹介

ルーレットが遊べるオンラインカジノはこちら
>>>ワイルドジャングルカジノ
>>>ジパングカジノ
>>>ジャックポットシティーカジノ
>>>インターカジノ
>>>32レッドカジノ

 


CONTACT
Translate