ビットコインオンラインカジノ

裏カジノを巡って暴力団員逮捕

違法カジノ店の経営などを巡って暴力団関係者間でトラブルがあったようです。

指定暴力団山口組系「兼一会」幹部、須田真光容疑者(40)に加え兼一会組員計5名が逮捕されたのこと。

違法カジノ店の経営を巡っては暴力団が背景にあると言ってきましたが、店舗摘発時には裏にいる暴力団関係までを捜査すべきとしていました。

それとは違う形で今回違法カジノ店と暴力団の関係が明らかになったことは非常に大きなニュースであると感じます。

なぜなら違法カジノといった裏ビジネスを開業させるためには、金主と運転資金がないと始まりません。
そこにはお金を持ち、かつ裏の社会で力を持つ存在が必ずいます。
もちろん暴力団とは関係のない形で始めたとしても、そこには同業者から話が周り、暴力団と関係を持たざるを得なくなると考えられます。

今回暴力団関係者が違法カジノ店の経営を巡ってトラブルに発展することで違法カジノ店が摘発されるという形になりましたが、この事件により暴力団の違法カジノの経営システムを把握することが可能になり、主にどういった組が違法カジノに積極的に関与しているのか、違法カジノ店を巡る暴力団の力関係図も見えてくることでしょう。

本事件を通して暴力団の収入源となっている裏カジノの一斉摘発および、運転資金の凍結が行われることを望みます。
暴力団は歴史を振り返れば悪い面だけでなく良い面もありましたが、現在の暴力団は時代に置いていかれましたね。


ビットコインオンラインカジノ

違法カジノ急増中!!オンラインカジノも注意!!

違法カジノが急増中のようです。

パチンコ屋さんのように簡単に儲けることができて、
パソコンさえあれば違法カジノ店は簡単に店を開くことができることが要因だと思います。

問題はオンラインカジノに関して法整備が整っていないことです。
日本では建前上は公営ギャンブルしか認められていないため、
オンラインカジノを客に提供することは賭博開帳図利罪に当たります。
いわゆる違法カジノはオンラインカジノからの収益ではなく、
遊技者からの手数料やカジノで遊ぶための資金からマージンなどを得ています。

オンラインカジノで遊ぶことですら賭博罪に当たり違法であると指摘されたことがありましたが、
自宅での個人的な趣味でオンラインカジノを遊ぶことは2017年1月の判決にて無罪であることが判例として出ています。

簡単にまとめると、
オンラインカジノを提供している店などで遊ぶことは違法、
オンラインカジノを個人的に利用する場合はオッケーということです。

しかしオンラインカジノはオッケーだからという理由で、
良く調べもせずにあるオンラインカジノを選択すると痛い目に会う可能性があります。

例えば過去の例では高額賞金獲得者が出金をしようとすると拒否されるなどのオンラインカジノも実際に存在しました。
そういったオンラインカジノは遅かれ早かれ廃業に向かうのですが、
実際にお金を賭けて遊んでいるプレーヤーにとっては、冗談ではすみません。

そういったことが無いように本サイトでは実際に利用しているオンラインカジノの紹介しかしていません。
「広告料を払うから、うちの000カジノを紹介してください。」と言われても必ず検証してから広告の可否を決めます。
実際に検証によって10社以上のオンラインカジノに広告掲載のお断りをしてきています。
結果を見ると現在はなくなっている、日本からクレームが殺到しているオンラインカジノが多数あります。

参考リンク:2014年「信用できないオンラインカジノ一覧」

信用できないオンラインカジノ一覧

 

日本人は日常的に英語を使うことが多くないと思います。
最近ではほとんどのオンラインカジノが日本語に対応していることを売りにして
日本市場に入ってきますが、実際に検証してみるとクレームなどはほとんど通じません。
普段ゲームを楽しむためだけなら問題はありませんが、
いざ実際に出金をしようとした時にトラブルが発生すると英語でのやりとりは非常に不利です。

私自身も出金時になって急に期限を決められたり、身分証を提示させられたりと、
最悪の場合は泣き寝入りしたこともあります。

そういったケースを防ぐためにも必ず日本人担当者を間に挟み、
各オンラインカジノの日本人担当者とは密に連絡をとるように努めています。
過去に金銭問題を経験しているため私の場合は日本人担当者を間に挟めないオンラインカジノは利用しません。

オンラインカジノを紹介している会社などは数百、数千はあると思いますが、
必ず日本人担当者がいるオンラインカジノを利用すること、
もしくは日本人担当者とアポイントメントを取れるオンラインカジノを利用することをおすすめします。

本サイトで紹介しているオンラインカジノに関しては日本人担当者とつながっていますので、
万が一トラブルになった場合はforyourcasinolife[@]gmail.comに連絡をいただければと思います。

↓スマホやbitcoinにも対応しているオンラインカジノはこちら↓


ビットコインオンラインカジノ

違法カジノ店の経理担当、稲葉将也容疑者(37)を逮捕

一年間で20億円の売上をあげていた違法カジノ店の経理担当者、稲葉将也容疑者(37)が自首したようです。

大阪ミナミで違法カジノ店が摘発されたこの事件に絡んで51人目の逮捕者ということです。

違法カジノ店の摘発は後を断ちません。

一年間で億を超える金額を稼いで逮捕されても売上金が残るので金銭的メリットの方が大きいと考えてしまうのでしょう。

お金に目がくらみ実際に大金が入り込んでくるとそういった罪悪感も薄れていってしまうのでしょうか。

↓スマホやbitcoinにも対応しているオンラインカジノはこちら↓


ビットコインオンラインカジノ

MGMリゾーツ・インターナショナルが村田諒太選手のスポンサーに

ミドル級初防衛を果たした村田諒太選手のスポンサーとして高級ホテルやカジノを展開する総合エンターテインメント会社「MGMリゾーツ・インターナショナル」が契約を結びました。

日本人選手としては初となるスポンサー契約とのことです。

基本的にガードを固めながら接近し、ワンツーしか出さない村田選手ですが、
パンチの種類を増やしてまだまだ実力をつけていって欲しいものです。

パワーだけが魅力な選手は自分よりパワーに勝る相手と勝負した時に何もできません。

確かに実力は上がっているので、今後より魅力的な試合を見せてくれることを期待します。

↓スマホやbitcoinにも対応しているオンラインカジノはこちら↓


ビットコインオンラインカジノ

スポーツ界と世間のずれ(バドミントンの桃田賢斗が何事もなく社会復帰)

違法賭博問題で出場停止処分となっていた桃田賢斗選手ですが、もう復帰しているようです。

所属もNTT東日本。

日本の会社で違法行為を行ったら普通退職もので、同じ業界に戻ってこれませんよね。

才能があふれているのか知りませんが、違法行為を行う人間を解雇もせず、バドミントンという舞台に戻すことに疑問を感じます。

バドミントン協会の処分にも疑問が残ります。

芸能人や有名人、スポーツ選手はなんだかんだ言っても贔屓されていますよね。事実。

↓スマホやbitcoinにも対応しているオンラインカジノはこちら↓


ビットコインオンラインカジノ