CONTACT

カジノの脱税はばれないでしょう。

 

オンラインカジノの脱税はばれますが、海外カジノでの勝ち分の脱税はばれないでしょう。

しかし、何事にも限度があります。

数十万円程度の儲けなら隠していても目をつけられないでしょうが、数百万円、数千万円、一億円を超えると、どんどん目をつけられます。

カジノなんてマネーロンダリングの温床になる要素ぷんぷんですから、金額が大きくなると必ずばれます。

ギャンブルは基本的に儲けたら税金を支払わないといけません。

この常識を知っておきましょう。

ギャンブルは基本的に儲けたら税金を支払わないといけません。


CONTACT

オンラインカジノの脱税はばれますよ。

 

オンラインカジノの脱税はばれますのでやめましょう。

振込や出金時に各自の口座をご利用されていると思います。

この時点で、個人情報は全て晒しています。

オンラインカジノはその特性上、警察に目をつけられるようなことは絶対に避けます。つまり、オンラインカジノは自社の情報を全て出します。金銭のやりとりが絡むところに関しては進んで開示します。

ギャンブルごときで脱税するなんてみっともないのでやめましょう。

しかも数年間「ばれないかな?」なんて不安を抱えながら生活するわけですよね?

しょうもないことに神経を使うのはやめましょう。

ちなみにですが競馬やパチンコなども納税義務があります。

名前書いたり、口座名を記入する必要がありませんので、うやむやにされています。ですが、儲けた金額が大きい場合は注意が必要です。競馬ファンの方が納税していないということで裁判に賭けられてました。しかも負け馬券の購入資金は支出(必要経費)として認めないとかもやもやすることになっています。

儲けたら、始めから黙って納税しておきましょう。

ちなみにギャンブルによる配当は一時所得としてみなされます。

収入-収入を得るための支出-特別控除額(年間最高50万円)=一時所得

この一時所得の金額に1/2をかけた金額が課税対象となります。

悪いことを考えるのはやめましょうー。


CONTACT

オンラインカジノと税金

 


※脱税は犯罪です。

確定申告前になり、オンラインカジノの税金に関する問い合わせが増えてきているのでもう一度要点をおさらいしておきたいと思います。

オンラインカジノでの賞金は一時所得扱いとなり、課税の対象となります。

稼いだ金額から、それまでに使った金額や、
経費を引いた金額が50万円を超えるようであれば、
50万円を超えた金額に対して税金がかかるため申告する義務があります。

例えば10万円チップを購入し100万円儲けた場合はこうなります。
(100万-10万-50万)×1/2=20万
20万円が課税対象の一時所得となり、他の所得とあわせて、
税率が計算されます。

しかし、実際にはあまり認知されていません。
この例は競馬やパチンコなどにもあてはまるのですが、
競馬やパチンコをしている人の中にも、
知っている人、収めている人はほとんどいないのではないでしょうか?
最近の裁判では億単位の脱税を指摘された競馬ファンの方もいたので
記憶にある方もいるかもしれませんね。

負け馬券は経費として認められず、買った分にだけ税金がかかる。
という後味の悪い裁判結果でした。

オンラインカジノでは、よほど大きな賞金を獲得した場合は小切手や、
銀行送金時に銀行を通すことになるので、確実に国税庁の目にも触れます。

納税は国民の義務ですので確実に収めましょう。

下の記事も読んでおいてください。

>>>脱税したら当然捕まりますよ。


CONTACT

脱税は犯罪ですから捕まります。

 

「オンラインカジノはネット上のことだから、ばれないだろう」と安易な考えは捨ててください!

まだ今よりもレバレッジをかけれたFXの黎明期に4億円脱税した主婦が捕まりました。

>>>今ではすっかりカリスマ主婦扱いでどうどうと表にでてきてます。

FXもネット上の取引が主体ですが、まぁ4億円勝っておいて、
税金のことが頭をよぎらなかったのか??と疑問が残ります。

オンラインカジノも同じで、ネット上だからばれないなどと言うことはありません。

オンラインカジノで得た賞金から気持ちよく税金を払いましょう!


CONTACT

オンラインカジノの賞金に税金はかかるのか?

 

ラスベガスなどで大金を手にした場合、現地で税金を引かれた手取り額を受取ることになるのですが、
下記のリンク先にある、外国税額控除の適用を受ければ、日本での納税額は少なくなります。
が、いずれにせよ、カジノなどで得た所得は課税されます。
※詳しくは下のリンクを参照ください。
>>>外国税額控除については国税庁のホームページを参照
では、オンラインカジノではどうかというと、
ラスベガスやマカオのカジノなどで得た所得と同じように考えます。

つまり、一時所得扱いとなり、課税の対象となります。

稼いだ金額から、それまでに使った金額や、
経費を引いた金額が50万円を超えるようであれば、
50万円を超えた金額に対して税金がかかるため申告する義務があります。

例えば10万円チップを購入し100万円儲けた場合はこうなります。
(100万-10万-50万)×1/2=20万
20万円が課税対象の一時所得となり、他の所得とあわせて、
税率が計算されます。

しかし、実際にはあまり認知されていません。
この例は競馬やパチンコなどにもあてはまるのですが、
競馬やパチンコをしている人の中にも、
知っている人、収めている人はほとんどいないのではないでしょうか?

オンラインカジノでは、よほど大きな賞金を獲得した場合は小切手や、
銀行送金時に銀行を通すことになるので、確実に国税庁の目にも触れます。

数千万クラスの大きな金額を得た幸せな時には
気持ちよく税金を納めるようにしましょう!

納税は国民の義務です。
下の記事も読んでおいてください。

>>>脱税したら当然捕まりますよ。


CONTACT
Translate