s_empirecasino

ファンタジー・スプリングス・カジノアンドリゾートで亀海喜寛選手が破れる。

TEIKEN_COM|選手プロフィール|亀海_喜寛

亀海喜寛選手のプロフィールを見ると仕事しながら頑張ってる方のようですね。32歳で世界王者への夢を持って頑張っていらっしゃいます。私が意外に感じたのは、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

日本では有名ではないボクサー、いわゆるテレビで試合を放送されないボクサーであってもアメリカのカジノのリングで試合をすることがあるんだということです。

【BOX】世界目指す亀海、痛恨の判定負け「申し訳ない」_(スポーツ報知)_-_Yahoo_ニュース

会場はアメリカ、カリフォルニア州インディオの「ファンタジー・スプリングス・カジノ&リゾート」。亀海喜寛選手は帝拳に所属し、東洋大平洋ウエルター級王者でWBO世界同級6位の選手のようです。

しかしながらアルフォンソ・ゴメスという元世界ランカーで、しかも年上の選手に敗れてしまったようです。世界挑戦経験のある相手とはいえ、世界線への前哨戦と位置づけていたであろう試合で敗れてしまった感じではないでしょうか。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150321-00000174-sph-fight、http://www.teiken.com/profile/kamegai.html、http://boxrec.com/list_bouts.php?cat=boxer&human_id=44511

「ボンドの少年時代の秘密が明らかになる」スターウォーズのパクリか!!笑

ジェームズ・ボンドの青い瞳が射抜く「007_スペクター」ティーザーポスター公開_(映画_com)_-_Yahoo_ニュース

「ボンドの少年時代の秘密が明らかになる」…

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

あるある過ぎて笑えます。「007 スペクター」という作品名で公開されるようです。007ファンの方は必見なんでしょう!!

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150319-00000009-eiga-movi

ベラジョンカジノ2015年2月度ゲームランキングベスト10!!

2015年2月日本人人気ゲームオンラインカジノ

ベラジョンカジノで2015年の2月に人気のあったゲームランキングが発表されました!!

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

【PC版】
第1位:Starburst
第2位:Twin Spin
第3位:Gonzo’s Quest
第4位:Firestorm
第5位:Live Baccarat (Paris)
第6位:Tornado: Farm Escape
第7位:Blackjack Pro
第8位:Gemix
第9位:Live Roulette (Paris)
第10位:Lady of Fortune

【モバイル版】
第1位:Twin Spin Touch
第2位:Starburst Touch
第3位:Roulette Touch
第4位:Blackjack Touch
第5位:Mega Fortune Touch
第6位:Baccarat Mobile
第7位:Gemix Mobile
第8位:Tiger’s Eye Mobile
第9位:Ali Baba Mobile
第10位:Cricket Star Mobile

パソコン版と、モバイル版の両者の上位2位までを見てみると、「Starburst」と「Twin Spin」で占められていることがわかります。

両方ともスロットゲームです。バカラなどよりも、スロットゲームに人気が集まってきているのでしょうか?ギャンブル性の高いバカラはついつい熱中してしまいますが、スロットゲームは演出が面白いので飽きがこないのと、ゲームの種類が豊富なことがメリットとして大きいですね。

ベラジョンカジノ登録

フォーブス2015年「世界長者リスト」から見る半世紀先の未来

2015年度フォーブス「世界長者リスト」全詳細_(Forbes_JAPAN)_-_Yahoo_ニュース

フォーブスの2015年版「世界長者リスト」が発表されました。円安にも関わらず、輸入資源である原油価格が下がりに下がっていることからもわかるように、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

世界では原油価格の急落が起こっています。さらにドル買いが進み、ユーロ安、円安の傾向にあります。そういった背景もあり、ドルで資産を持っていなかった人間はビリオネアから外れた人間もいるようです。まあ兆単位のお金を持っている人たちにとって、問題ではないでしょう。リスクヘッジをうまく行えているか?が問題なだけでしょう。

2015年度フォーブス「世界長者リスト」全詳細_(Forbes_JAPAN)_-_Yahoo_ニュース 2

一つ紹介したい文脈が。世界中で企業家精神の高まりがあるようです。なぜなら1826人のビリオネアのうち、自力で成功している人間が1191人。財産によりビリオネアの地位にいる人間は230人。残りの405人は一部相続はしているものの自身の事業で資産を増やしている人々だということです。

しかしながら、資産を相続できるということは事業や投資を行いやすい環境にあることはまちがいなく、本当の意味で企業により自力で成功したビリオネアというのは1191人だけと言うのが正しいでしょう。それでも半数を優に超えます。そして、実際に世界長者番付の1位から20位を見てみると、面白い事実が見えます。

2015年度フォーブス「世界長者リスト」全詳細_(Forbes_JAPAN)_-_Yahoo_ニュース 3

1位はマイクロソフトのビルゲイツ氏でコンピューター関連の方ですね。コンピューター、インターネット、情報といったくくりでみると、ピンクの線で引っ張った方々ですが、その人数は5人に上ります。ブルームバーグ、フェイスブック、グーグルに関連する人たちです。

続いて、昔からある、小売・物販関連でビリオネアへと上り詰めた人たちを見てみると、ザラ、ウォルマート、ロレアル、LVMH、アマゾンと7人のビリオネアがいます。

上位20人のうち、4分の1を半世紀ほど前に誕生した、コンピューター、インターネット関連に関する人間で占められ、3分の1以上を古くからあるビジネスモデル、小売・物販関連に関する人間で占められています。この事実面白くないですか?インターネットの次は何がくるのか?半世紀後にはどういった未来が待っているのかを考えると非常にわくわくします。

このサイトは一応カジノに関する情報を発信しているということでカジノという観点から言うと、18位にシェルドン・アデルソンというアメリカ人が一人だけ入っています。カジノはサービス業でしょうか?よく私もわかりませんが。レジャー業?ここではおいておきます。

シェルドン・アデルソンはボストンの貧困ユダヤ人家庭に生まれ、若い頃は新聞販売員として働き、その後住宅ローン業、投資顧問業、金融コンサルタントなどで富を蓄えていったとウィキペディアにのっています。
現在もラスベガスサンズ社の会長で、ベネチアン・カジノ・リゾート、マリーナベイサンズホテル、サンズ・エクスポ・アンド・コンベンション・センターなどを所有し、運営しています。

シェルドン・アデルソン氏の人生は新聞販売員として小金を貯めるところから始まったようです。その後に住宅ローン業というところがユダヤ人っぽいですね。実際に彼はユダヤ教徒で、シオニストとして周知されているようです。

カジノの話は間接的な問題で、ビリオネアになるにはどうすればいいか?という視点と、半世紀後には何があるだろうと想像してみる楽しさが伝わればなぁと思い、この記事を書きました。カジノのこと少なくなりましたが以上で。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150307-00010000-forbes-bus_all&p=2

マカオのカジノの売り上げ減少に底打ち感!!金融筋が明かす。

9ヶ月連続前年割れのマカオのカジノ売上に底打ち感=金融機関筋_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

9カ月連続連続で前年度の売り上げを割っているマカオのカジノですが、売り上げの減少に底打ち感が見られるようです。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

複数の金融機関が明らかにしました。というのも、3月に入って売り上げが増加傾向にあるとのこと。

個人的には13カ月連続割れとなると厳しいだろうなと考えていましたが、思ったよりも早くカジノに客足が戻ってきているようです。

おそらくですが、マカオのカジノってマスゲーミングフロアの拡充につとめています。で、中国人富裕層はマネーロンダリングができなくなってきていて客足が遠のいています。一般的な中国人はカジノでお金を賭けるほど裕福ではないと聞きます。ということは、中国人が少ない、本来のカジノのイメージに近づいたのかなと個人的に思います。

もう少し分かりやすくいうと、カジノってイメージが強いはずなんですよね、映画やテレビで取り上げられるカジノは欧米人が楽しそうにゲームに興じている姿です。そのイメージって今の大人の世代の大人たちにはそのまま反映されていて、今までのマカオのカジノはイメージとギャップが強かったと思います。そういう意味で本来のカジノのイメージに近づいたかなと感じるわけですね。

マカオは2015年度に新規カジノのオープンラッシュを迎えます。その時には客の争奪戦が始まるかもしれません。中国人の客足が戻らずとも、カジノの売り上げの減少傾向が止まるようなら、十分マカオのカジノは成長を続けられると思います!やっぱりニュースは明るい方がいいですね☆

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150306-00010001-macau-cn


s_empirecasino