ビットコインオンラインカジノ

韓国でギャンブルの需要が増加傾向に。

ギャンブル産業の売上高 9年連続プラス=韓国_(聯合ニュース)_-_Yahoo_ニュース

韓国でギャンブルの需要が増加傾向にあるようです。内訳を見てみると、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

競馬や競輪、競艇が人気が高いものの、売上高としては減少したようです。さらにカジノに関しては、外国人観光客の売り上げが減少したようです。韓国のギャンブル業界全体が伸びている理由が江原ランドの存在。江原ランドのカジノは韓国人も参加できます。韓国人による江原ランドのカジノでの売上高の上昇が韓国のギャンブル業界全体の底上げにつながっているようです。あと、ロトや宝くじ。

日本がこのニュースをいかに捉えるかが重要です。日本の場合はパチンコとパチスロの存在が大いにギャンブル業界に影響を与えています。さらにカジノを作ろうとしているのですから、カジノに対する日本人の入場規制方法を厳格に規定すべきでしょう。

政治家や権力者が日本のカジノに日本人も入場できるようにしたいとしているのであれば、対岸の火事で済まなくなります。私は日本にカジノを作るなら一切の日本人の入場も規制すべきだと今は考えています。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150318-00000025-yonh-kr

カジノに関して何も知識がない方は是非ご一読を!私も買って読みたいと思います!

【書評】日本のカジノ解禁を前に新たな観光の可能性探る一冊_(NEWS_ポストセブン)_-_Yahoo_ニュース

日本にカジノができるかもしれないということは流石に全国民が存じていることだと思いますが、

実際にはイメージしかなく、その実態をきちんと把握できている人間は私も含めほとんどがそうでしょう。

近隣諸国ではシンガポールのカジノが成功し、韓国、フィリピンなどといった国もカジノが有力な観光資源となっています。

しかしながらカジノはギャンブル(賭博)であり、メリットだけではなく、世界各国の歴史や現状、デメリットなどをきちんと把握しておく必要があります。

さらに、

カジノが認められていない日本において、宝くじ、競馬、競輪、オートレース、競艇、サッカーくじ等がなぜ認められているかについても、わかりやすく論じられている。

ということで、ギャンブルというもののメリット、デメリット、存在や仕組みを知るのにもいい本だと思います。『カジノミクス』(小学館新書)/778円、徳江順一郎(東洋大学 国際地域学部准教授)

さらに日本でカジノ反対側が主張し続けているギャンブル依存症に対する対策がほとんどなされてこなかったこと、世界のギャンブル依存症者への取り組みに関しても触れられているようです。この本を読むことで、最低限の知識以上のものを得られるのではないでしょうか?

漫画にしてもらえれば個人的にはありがたかったのですが。笑

賭博を禁止されている中国国内にマカオ顔負けのカジノがあったらしい!笑

中国広東省、違法賭博に絡む逮捕者1万2千人=14年_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

中国が国内の粛清に本腰を入れています。ニュースでは広東省警察当局の数字ですが、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

違法賭博に絡む刑事事件は6300件。この数字って中国全土でも大きい数字だと思うのですが、一つの省、広東省でこれだけの違法賭博が摘発されたというのだから驚きです。

昨年、広東省警察当局が摘発した違法賭博に絡む刑事事件は6300件、拘留者は2万800人、逮捕者は1万2000人に上ったという。

摘発されたのは地下カジノ(闇カジノ)や無許可のロト(宝くじ)などを運営してきた大型組織やマカオ顔負けの本格的なカジノ施設を運営していた組織も摘発にあったようです。

中国は国内外問わず国民に賭博行為を禁止しています。良く今までほったらかしにされていたなぁと逆に驚きます。

2015年も摘発は進められることでしょう。習近平国家主席は内外問わず目立つ手腕を振るう人材ですね。汚職に手を染めればいくらでもお金は手に入れられる国だろうに、素直にすごいと思います。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150223-00010003-macau-cn

中国がカジノを全面的に取り締まる姿勢を発表!

訂正:中国人呼び込み図る外国カジノ、公安局が取り締まり強化へ_(ロイター)_-_Yahoo_ニュース

中国中央政府が大きく舵を取ってきました!

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

中国では国から認可を受けた宝くじ以外の賭博が禁止されており、それは国内外でも同じルールが適用されます。

これまでマカオや韓国、フィリピンで中国人がカジノで遊んでいたのは暗黙の了解という感じだったわけです。

が、ここにきて中国中央政府が中国人をカジノに呼び込むのに対し取り締まりを強化すると発表しました。

主にアジア圏のカジノにターゲットを絞っているようですが、今後どこまで広がりを見せるかは分かりません。

中国人の富裕層目当てにカジノ市場の将来を見据えていたカジノ会社は大打撃を受けること必至です。

オーストラリアやラスベガスなどは中国人富裕層を取り込むためにカジノ専用のプライベートジェットや中国人向け料理を提供しているなど中国人向けサービスの充実のニュースも流れていただけに、今回の報道が与えるカジノ社会への影響は甚大なものでしょう。

【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)※無料

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)※無料

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150206-00000087-reut-kr

「うめきた」、「カジノ」、「なにわ筋線」の計画を大きく進めていく方針

大阪市から府へ宝くじ収益20億円移譲 「うめきた」開発財源に_(産経新聞)_-_Yahoo_ニュース

宝くじによる財源の配分を大阪府が変えるようです。これまで、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

配分率は大阪市50%(143億円)、府43%(125億円)、堺市7%(20億円)。

これは昼間人口を基にした配分率だそうで、夜間人口を基にした配分率に変更するようです。それにより、

配分率は大阪府50%、市43%、堺市7%。

と大阪府と大阪市の配分率がちょうど入れ替わる形になるようです。

大阪府は宝くじによる増収分を「うめきた2期」の開発のほか、カジノを含む統合型リゾートや、なにわ筋線の新駅整備などの財源に充てる方針のようです。

そういえば、大阪で行われるという住民投票は何月何日でしたっけ??

【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)※無料

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)※無料

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150129-00000109-san-l27


ビットコインオンラインカジノ