CONTACT

Re:Made in Japan

 

応援クリックしていただけると励みになります↓
最近人気のオンラインギャンブルや投資情報もわかります!
オンラインギャンブルブログランキング
→ お金儲けブログランキング

STDM社マカオ総合娯楽企業傘下ポルトガルカジノ子会社売上低迷高税率赤字マカオ新聞

STDM社が運営するポルトガルの会社estorilsol
(Estoril Sol P、EU;ESO;PTESO0AE0000)
エストリルソルグループが運営する
ポルトガルのカジノの業績が芳しくないようです。

Informações_úteis___Casino

STDM社と言えば、SJMホールディングスの親会社で、
そもそもはマカオのカジノ王、
スタンレー・ホー氏の会社です。

2015年5月現在は、
ホー一族が株式を保有しているようです。

STDM社の規模ってどれくらいなのでしょう。
私はこれまでSJMグループがスタンレー・ホー氏の
主な財産かと思っていました。

STDMをかつて保有していたこと、
一族が他のカジノグループの経営に
参画していることを考えると、
スタンレー・ホー氏の経営者としての手腕に
驚嘆の念を感じずにはいられません。

マカオ新聞事実誤認

STDMグループの実態を知りたくて、
色々と調べたのですが、
ヤフーニュースにも取り上げられている「マカオ新聞」は事実誤認しています。

STDM社の株式はホー氏ではなく、
彼の3番目の妻および2番目の妻の孫5人が保有しています。
(確認元:ダウ・ジョーンズ)

今後はマカオ新聞の情報を
疑うようにしないといけないなと反省しております。

マカオ新聞はマカオの情報誌である
マカオビジネスの英語版を日本語に翻訳して配信しています。
ですので、数字に関してはこれまで通り引用しますが、
記事内の記述に関しては引用を避けます。

2015年5月20日以降、
マカオ新聞の記事に関しては裏をきちんと取ることにします。
裏を取らない場合は引用元をヤフーニュースとします。

スタンレー・ホー氏が主戦場とする
マカオのカジノですが、
相変わらずよくないニュースばかりが目立ちます。

マカオ年間カジノ売上予測28_5_減3_75兆円下方修正マカオ新聞

日本円換算で3兆8802億円から3兆7488億円に下方修正しただけなんですが、
大々的に報じられています。

引用元が相変わらずマカオビジネスなんで、
マカオのことしか報じない新聞なので仕方がないのかもしれません。

マカオ中国本土旅客平均消費額15_減2015年第1四半期マカオ新聞Yahoo_ニュース

マカオを訪れる訪マカオ旅客の消費総額(ギャンブルを除く)は前年同期比16.2%減104.0億パタカ(日本円換算:約1564億円)、1人あたり平均では13.1%減となる1802パタカ(約2万7092円)となった

とのことですが、
この数字は意味を持ちません。

金持ちの使う金額が大幅に減少したという捉え方をすべきです。
もしくは金持ちの訪マカオ客数が減少した。

さらに触れると、訪マカオ客数が減少に転じているようです。

2015年度第一四半期では3.6%減少とのこと。

消費総額よりも、非常に深刻な意味を持ちます。

マカオとラスベガスの比較2014年

マカオとラスベガスの数字を比較しているものを見つけました。

私が気になったのはマカオの客室の少なさです。

そもそもマカオを訪問する人間は、
3000万人以上なのにも関わらず
ホテルの部屋数が3万にも達しません。

一年は365日あるので、300で割ったとすると、
1日10万人以上が来るわけです。
ホテルの供給が不足している可能性が高いわけです。

2020年には計画中のホテル客室数も含めると、
おおよそ倍にあたる5万室になるようです。

しかしながら、
マカオのホテルは価格が高いホテルばかりです。

当然のことながら、
バックパッカーが泊まれるような宿や、
ファミリー層が気軽に泊まれるホテルが求められます。

それはマカオが観光立国として成立するために
回避不能な問題でもあります。

マカオ政府がカジノを完全禁煙化するとの報道も
冷水を浴びせているように見えます。

しかし、
それは木を見て森を水の発想かもしれません。

マカオ政府カジノ完全禁煙化喫煙ルーム廃止マカオ新聞

カジノの従業員が
受動喫煙による健康の悪化を訴えているという現状があります。

客としてカジノに行っても煙たいところで
ずーっと働いている従業員の立場を考えると
カジノの全面禁煙化は良いことだと私は思います。

マカオカジノ宿泊料割引集客化NNA

国民に向けては職場環境を改善し、
訪マカオ客に向けては、
高すぎるホテル料金をなんとかする方向に走ることが
今は正しいことかもしれません。

ギャラクシーグループが今年オープンする、
ブロードウェー・マカオでは宿泊料金を半額にする
などのキャンペーンを行っているようです。

割り引いても赤字にならない

「割り引いても赤字にならない」

サービス業なんてそんなものと言ってしまえばそんなものですが、
聞きたくなかったセリフです。

サービスの質が低下しないことだけを願います。

G2Eアジア2015セガサミーマカオでのカジノ機器設置認可取得済

3年前のG2Eアジアには国内企業は1~2社程度しか出展していなかった。

3年前には1から2社しか出展していなかったというG2Eアジアで、
日本企業が多数進出しています。

参考記事:アジア最大のカジノ展がマカオにて開幕!!

名前が挙がっているだけでも10社。

海外でのカジノ市場の拡大だけでなく、
日本国内でのカジノ解禁への期待の高さを伺わせます。

日本国内からするとカジノ産業はまだまだこれからの分野ですが、
世界的には成熟した分野とされています。

世界の潮流としては、
カジノ化ではなくIR化(総合エンターテイメント化)が当然とされており、
カジノ化の中の事業へ日本企業はまだまだ割って入るチャンスも時間的余裕もあります。

パチンコ業界、ゲームセンターで培ってきた技術が生きるわけです。

日本国内から新しいカジノ文化を作ることが可能です。

それは日本だからできることです。

私はカジノを事業として見たときに、
まだまだ日本企業が生きる余地が残されているようにしか見えません。

日本企業のイノベーション力を見せつける格好の舞台となるでしょう。

世界のカジノに日本企業のゲーム機やセキュリティシステム、
既にあるものも含め紙幣鑑別機などが浸透していき、
グローバルスタンダードになること、
「Made in Japan」が再度輝く日が来ることを楽しみにしています。

本音を言うと楽しみで仕方ありません。

★応援クリックしていただけると励みになります↓
最近人気のオンラインギャンブルや投資情報もわかります!

オンラインギャンブルブログランキング
→ お金儲けブログランキング

☆☆☆カジノで勝つためのお得情報を無料でプレゼントしています☆☆☆
お得情報を無料で受け取りたい方はこちら↓

クリックして、PDFファイルをダウンロードしておけばいつでも読めます!
※無料プレゼント「ルーレットのルールと勝ち方」(PDFファイル)
※無料プレゼント「ブラックジャックのルールと勝ち方」(PDFファイル)

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

★ 管理人のフェイスブックはコチラ↓
→ 管理人のフェイスブック(友達&フォロー大歓迎です!)

FACEBOOK

記事参考元:http://jp.wsj.com/layout/set/article/content/view/full/176215(SJMのスタンレー・ホー会長、一族への株式譲渡に異議、ダウ・ジョーンズ、WSJ)、http://www.casino-estoril.pt/(casinoestoril)、http://www.macaushimbun.com/news?id=10297(マカオ総合娯楽企業傘下のポルトガルカジノ子会社、売上低迷と高税率で赤字に=14年、マカオ新聞)、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150515-00010000-macau-cn(マカオの年間カジノ売上予測を28.5%減の3.75兆円に下方修正=大手投資銀行、ヤフーニュース)、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150519-00010001-macau-cn(マカオを訪れる中国本土旅客、財布の紐堅く=平均消費額15%減、15年第1四半期、ヤフーニュース)、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150517-00010002-macau-cn(マカオのホテル客室数、現状2倍の5.4万室へ=大型IRなど建設ラッシュ、それでもラスべガスの3分の1、ヤフーニュース)、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150517-00010000-macau-cn(マカオ政府、カジノ完全禁煙化を検討=喫煙ルームも廃止の公算、ヤフーニュース)、http://news.nna.jp.edgesuite.net/(NNA.ASIA)、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150519-00000567-san-bus_all(アジア最大のカジノ展示会が開幕 解禁にらみ、日本企業が殺到、産経新聞)

市川染五郎ラスベガスのベラージオにて歌舞伎を無料公演!

 

市川染五郎歌舞伎ラスベガスベラージオ初上陸スポーツ報知

市川染五郎がラスベガスのベラージオにて
歌舞伎を無料公演するとの報道が流れています。

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

公演予定は、
8月14日から16日の夜間に5公演。
いずれも無料で公演されるようです。

舞台はベラージオの巨大噴水で、
「鯉つかみ」をテーマにした作品を
公演するとのことです。

ラスベガスホテルベラージオ

画像を見てピンときた方もいると思いますが、
ベラージオ(BELLAGIO)と言えば、
オーシャンズ11の舞台ともなったカジノ。

ぜひ一度ホームページをご覧ください。
BELLAGIOHP:BELLAGIOのHPはこちら

行きたくなりませんか?
私はラスベガスのカジノに行ったことがありません。
しかし、いずれ行くことは決めています。
その時はHPで紹介されているシルクドゥソレイユも見ます。
楽しみで仕方ありません。

市川染五郎さんはベラージオの代名詞とも言える、
巨大噴水を舞台に歌舞伎を行うなんて、
ほんとうに素晴らしく、理解がある人だと思います。

現代歌舞伎の最先端を目指して技を磨き、
魅せ続けて欲しいものですね!

そして日本にカジノが出来た時には、
常設公演スペースができることを願っています。

※無料プレゼント「ルーレットのルールと勝ち方」(PDFファイル)

※無料プレゼント「ブラックジャックのルールと勝ち方」(PDFファイル)

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150505-00000261-sph-ent(染五郎「興奮しています」歌舞伎、ラスベガス初上陸、スポーツ報知)、https://www.bellagio.com/ja/(ベラージオ)

マカオ政府の将来展望。中国本土客の増加を抑制。

 

マカオカジノ産業フランスメディア

マカオのカジノが急激に業績を悪化させていることを受けて、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

フランスメディア「日本はカジノを作って大丈夫?」的なタイトルで記事を書いているようです。日本のメディアではなく、中国メディアが訳して報道してくれてます。日本のメディア…

それはさておき、マカオの現在の姿を見てみると、ベストの時には売り上げがラスベガスの6倍にものぼっていたようです。

そこから半減したとしてもラスベガスの3倍の売り上げです。十分でしょう。

カジノ市場の環境悪化による治安悪化はマカオでは見られないとのこと。

これはどこまでが真実なのかは行ってみなければ分かりません。

強盗に関するニュースが昨年は目立っていましたが、今年度は、少なくともニュースでは報じられていません。

さらにマカオ政府は中国本土からの旅行客受け入れ人数を制限したいとの方針を語っています。

そもそもマカオはカジノでなりたっています。

中国本土の人間は国内外を問わず、賭博行為を行うことを禁じられています。

そのため、中国中央政府は反汚職活動、贅沢禁止令などの政策を打ち出しています。

これらの政策に呼応する形でマカオ政府は中国本土からの旅行客を制限するとともに、世界中から観光客を集める方法を模索しようとしているのでしょう。

フランスメディアの日本のカジノに関する記事に戻ると、日本の在り方としては、カジノに依存せず、あくまで一つの夢の国(テーマパーク)として捉えることが良いでしょう。

※プレゼント【ルーレットのマナーとルール】(PDFファイル)

※プレゼント【ブラックジャックのマナーとルール】(PDFファイル)

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150414-00000063-rcdc-cn、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150413-00010001-macau-cn、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150415-00000002-nna_kyodo-cn

フィリピンで2月2日に開業したシティオブドリームズマニラの位置付け。

 

シティオブドリームズマニラ位置付け

フィリピンに2015年2月2日開業したシティ・オブ・ドリームズ・マニラ(CDM)。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

フィリピンでは「エンターテイメント・シティ・マニラ」とプロジェクト名を名付け、2013年3月からフィリピンのマニラを盛り上げる計画を進行させています。

2013年3月には第一弾として「ソレア・リゾート&カジノ」がオープン。

2015年2月に第二弾としてオープンしたのが「シティ・オブ・ドリームズ・マニラ」です。

2018年頃に第三弾として「Bayshore City Resorts World(ベイショア・シティ・リゾーツ・ワールド)」の開業が予定されています。

このプロジェクトはフィリピンの首都であるマニラのウォーターフロント地区の開発プロジェクトです。

10年後にはアメリカ、ラスベガスを凌ぐ規模に発展させる計画のようです。

その計画はホテル業界の出店計画からも伺い知ることができます。

ロバート・デ・ニーロ氏が手がける「ノブ・ホテル」を始め、「クラウン」、「ハイアット」、「ホテルオークラ」、「コンラッド・ホテル」などが揃うようです。

日本がカジノを作るときにはどれほどまで未来を描けているでしょうか?

フィリピン政府は2013年の時点で第三弾まで計画をしていたことでしょう。

日本政府が長期的展望をどこまで描けるかによって、日本のカジノ市場の見る未来が大きく異なってくることでしょう。

※プレゼント【ルーレットのマナーとルール】(PDFファイル)

※プレゼント【ブラックジャックのマナーとルール】(PDFファイル)

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150410-00000025-economic-bus_all

ラスベガスのカジノホテル、メトロポリタンが粟生隆寛の3階級制覇の舞台!!

 

粟生 引退懸け3階級制覇挑戦、2年半待った「最後のつもり」_(スポニチアネックス)_-_Yahoo_ニュース

カジノホテル、メトロポリタンが粟生隆寛選手の3階級制覇の舞台となるようです!!

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

ボクシング好きの方ならお馴染みのように日本人で3階級制覇を成し遂げたのは亀田興毅選手のみです。

しかしながら亀田ジムは日本のボクシング協会から良く扱われておらず、思い通りに試合を組めない状態です。

そんな中、粟生隆寛選手が3階級制覇に挑むようです。WBOですが。

WBO世界ライト級王者王座決定戦で同級2位の粟生隆寛選手(日本、帝拳)は同級5位のレイムンド・ベルトラン(メキシコ)と世界王者の座をかけて臨むようです。

順位的には優位な立場にありますが、粟生隆寛選手は今年31歳になります。

体力的にも脂がのってうまいボクシングができる最後の年齢と本人は捉えているようで、本気でぶつかっていくことでしょう。しかも舞台はボクシングの本場アメリカ。しかもカジノホテルであるメトロポリタン。アドレナリンも出るでしょう!試合日は5月1日です。

※無料プレゼント【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料プレゼント【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150403-00000038-spnannex-fight


CONTACT
Translate