s_empirecasino

マカオ政府の将来展望。中国本土客の増加を抑制。

マカオカジノ産業フランスメディア

マカオのカジノが急激に業績を悪化させていることを受けて、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

フランスメディア「日本はカジノを作って大丈夫?」的なタイトルで記事を書いているようです。日本のメディアではなく、中国メディアが訳して報道してくれてます。日本のメディア…

それはさておき、マカオの現在の姿を見てみると、ベストの時には売り上げがラスベガスの6倍にものぼっていたようです。

そこから半減したとしてもラスベガスの3倍の売り上げです。十分でしょう。

カジノ市場の環境悪化による治安悪化はマカオでは見られないとのこと。

これはどこまでが真実なのかは行ってみなければ分かりません。

強盗に関するニュースが昨年は目立っていましたが、今年度は、少なくともニュースでは報じられていません。

さらにマカオ政府は中国本土からの旅行客受け入れ人数を制限したいとの方針を語っています。

そもそもマカオはカジノでなりたっています。

中国本土の人間は国内外を問わず、賭博行為を行うことを禁じられています。

そのため、中国中央政府は反汚職活動、贅沢禁止令などの政策を打ち出しています。

これらの政策に呼応する形でマカオ政府は中国本土からの旅行客を制限するとともに、世界中から観光客を集める方法を模索しようとしているのでしょう。

フランスメディアの日本のカジノに関する記事に戻ると、日本の在り方としては、カジノに依存せず、あくまで一つの夢の国(テーマパーク)として捉えることが良いでしょう。

※プレゼント【ルーレットのマナーとルール】(PDFファイル)

※プレゼント【ブラックジャックのマナーとルール】(PDFファイル)

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150414-00000063-rcdc-cn、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150413-00010001-macau-cn、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150415-00000002-nna_kyodo-cn

──────────────────────────────────────

コメントを残す