CONTACT

なぜ?フィリピンのカジノ運営会社、黒字から赤字へ転落

 

【フィリピン】カジノのブルームベリー、赤字15億ペソ_(NNA)_-_Yahoo_ニュース

フィリピンでカジノ業を運営するブルームベリー・リゾーツですが、
営業支出の拡大により赤字に転じたようです。

前年1月から9月の前年決算は約33億ペソ(日本円換算約85億円)。
2015年度は約15億ペソの赤字になっているようです。

その主要因としてあげられているのが営業支出の拡大。
なんと営業支出が43.2%増の約173億ペソ(約400億円)に上るようです。

営業支出の拡大による企業の赤字化。
あまり望ましい結果とは感じられないのは私だけでしょうか?
2014年11月にはカジノ複合型施設が完成し、
収益があがってきているとのこと、
さらに新しい施設を作っているのでしょうか?

↓RPG型オンラインカジノができるのはカジ旅だけ↓

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:【フィリピン】カジノのブルームベリー、赤字15億ペソ(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151104-00000008-nna_kyodo-asia、NNA)

台湾、タイ。日本に先駆けてカジノ合法化を進める国々。

 

タイ

タイ国家警察庁のソムヨット長官がカジノ合法化に向けて前向きな発言を行っています。

↓クリックすると最新のオンラインギャンブルや投資情報の動向がわかります!↓
オンラインギャンブルブログランキング
→ お金儲けブログランキング

タイカジノ合法化

タイではカジノは非合法だが、隣接する4カ国では合法化されており、計22カ所のカジノが開設されている。

タイに隣接する4国とは、カンボジア、ラオス、ミャンマー、マレーシアこれらの国々のカジノを中心とした外貨獲得金額ならびに、遅れをとることによるデメリットを把握しているのでしょう。

フィリピンカジノブルームベリー台湾進出

フィリピンのカジノ運営企業
(フィリピンの首都マニラでソレア・リゾート&カジノを運営)
は台湾への進出を狙っているようです。

さらには日本への進出も。

フィリピンのカジノ運営企業の名前は「ブルームベリー」。

響きがいいですね。

★もしよかったらブログランキングのクリックにご協力ください。
★↓クリックすると最近人気のオンラインギャンブルや投資情報がわかります!↓
オンラインギャンブルブログランキング
→ お金儲けブログランキング

☆☆☆無料でお得情報を受け取りたい方はこちら↓☆☆☆

ルーレットやブラックジャックのガイドブックを無料で配布しています。

こちらは気まぐれで期間限定でプレゼントしていますので、
良かったら削除前に受け取っておいてください。

※クリックして、PDFファイルをダウンロードしておけばいつでも読めます。
※「ルーレットのルールと勝ち方」(PDFファイル)
※「ブラックジャックのルールと勝ち方」(PDFファイル)

↓スマホの方はこちらで無料プレイ♪↓

↓「無料モニター体験ができる!!」オンラインカジノ!↓

★ 管理人のフェイスブックはコチラ↓
→ 管理人のフェイスブック(友達&フォロー大歓迎です!)

FACEBOOK

参考記事:【タイ】カジノ合法化、警察長官が積極支持(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150619-00000006-nna_kyodo-asia, NNA);【フィリピン】娯楽ブルームベリー、台湾進出を検討(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150611-00000008-nna_kyodo-asia,NNA)

フィリピンのカジノで中国人のトラブル増加。中国人は賭博したら違法です。

 

フィリピンカジノで多額の債務中国人在フィリピン中国大使館注意呼びかけマカオ新聞

フィリピンのカジノで中国人が借金を抱え、
拘束、殴打などの脅迫被害を受ける事案があるようです。

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

そもそもフィリピンと中国は関係が良くありません。

そしてフィリピンはカジノによる取り立て行為を合法としています。

海外旅行に行くときは、
行く国の宗教や歴史的背景、崇拝対象、
民族に関しては最低限しっておくべきです。

中国人がカジノにより債務を作り、
被害を受けたという事実があります。

おそらく被害者は、
フィリピンのカジノのルールを
きちんと把握していなかったのでしょう。

しかも現在両国は領土問題を抱えています。

南シナ海で中国に対抗するベトナム・フィリピンの協力関係WEDGEInfinity_ウェッジ_

中国の侵略行為に対抗するために、
ベトナムとフィリピンが戦略的パートナーシップを築きつつあると、
2015年3月12日にWedgeオンライン版にて報じられています。
※アメリカン・エンタープライズ研究所(AEI)の意見が引用元です。

しかもフィリピン人は自分の感情を
上手にコントロールすることに長けています。

表向きの顔と裏向きの顔を
うまく使い分けることができると言えます。

中国人は美味しいお客さんでしょう。

しかし、
借金を抱えさせ、
お金を巻き上げるところまで
セットで考えている人間も中にはいるかもしれません。

そもそも論として、
中国籍の人間は国内外を問わず
賭博行為は違法行為とされています。

駐フィリピン中国大使館では、中国国民に対して「潔身自愛」を心がけ、ギャンブル行為に参加しないようあらてめて呼びかけた。

フィリピンは米国軍撤退時にミスチーフ礁と言う
フィリピンの領土であった島を中国に奪われたことがあります。
1995年のこと。
家を建て、中国人を住ませ、既成事実化に走ったわけです。

第二次世界対戦終戦直後ならともかく、
フィリピンにとっての中国とは、
1990年代に侵略戦争をやるような国です。

日本も尖閣諸島が中国の脅威にさらされ、
竹島でも同じように韓国による既成事実化に走られ、
北方領土でもロシアに既成事実化に走られている
というのが現状です。

日本は勝手に「問題」にされている状態です。
それでも感情的に受け入れたくないという感情があります。

フィリピンは領土を奪われた国です。
中国に対してどんな感情を抱いているかを
想像することは難しくないでしょう。

全ては自己判断、自己責任です。

海外に旅行に行くときは、
日本人がどう思われているかを
肌で体感できるでしょう。

そして事前に日本国民に対する
感情、歴史背景を調べておくべきです。

※無料プレゼント「ルーレットのルールと勝ち方」(PDFファイル)

※無料プレゼント「ブラックジャックのルールと勝ち方」(PDFファイル)

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150508-00010000-macau-cn(フィリピンのカジノで多額の債務抱える中国人多数=現地中国大使館が注意呼びかけ、マカオ新聞)、http://wedge.ismedia.jp/articles/-/4774(南シナ海で中国に対抗するベトナム・フィリピンの協力関係、岡崎研究所、wedge)

フィリピン、カジノ施設の増設が進むか?

 

フィリピンSMグループ系ベル・コープ傘下シノフィルカジノ

フィリピンで娯楽、不動産開発を行うSMグループ系ベル・コープが、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

フィリピンのカジノ地区(シティーオブドリームズマカオ、CDM)付近に土地を購入しました。

カジノ開業の可能性については公営賭博会社フィリピンアミューズメントアンドゲーミング(PAGCOR)のライセンスを取得し、カジノ建設を進めたい思惑のようです。

しかしながらPAGCORは「エンターテイメントシティ」の開発が終了するまでカジノ運営ライセンスの発行を行わないと明言しているようです。

それに対してCDM付近ではなく、郊外でのカジノ運営も検討していると圧力をかけています。

ちなみにベル・コープの傘下企業であるシノフィルはすでにCDMでカジノ事業を行っているようです。

つまりベル・コープ社からすればなんとでもできる話というわけです。

※プレゼント【ルーレットのマナーとルール】(PDFファイル)

※プレゼント【ブラックジャックのマナーとルール】(PDFファイル)

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150416-00000008-nna_kyodo-asia

フィリピンと韓国に習う、日本のカジノ像の在り方。

 

フィリピンソレアリゾーオアンドカジノブルームベリーリゾーツ国産カジノ

フィリピンの地場カジノが好調のようです。地場カジノとは、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

国産カジノに近いものと考えてください。国産カジノとは、日本で言えば、日経企業。フィリピンにとっての国産カジノとは、フィリピン系企業によるカジノです。

つまり、フィリピンが、フィリピン人が潤う企業です。

カジノを例えば、アメリカ企業などに作ってもらったカジノだと、利益はアメリカ、アメリカ人のものとなるわけです。

ですから、日本にカジノを作るときに必ず意識して欲しいのが、地場カジノ(国産カジノ)という在り方です。

カジノの在り方を間違えると、日本円流出、円安、株価安を引き起こします。

フィリピンのカジノは「ソレアリゾートアンドカジノ」が最大手のようで、フィリピン企業であるブルームベリーリゾーツが運営しているようです。

さらにブルームベリーリゾーツは韓国のカジノ企業「ゴールドアンドラグジュアリー」を買収しています。

さらにさらに、韓国政府がカジノ開発拠点として整備を進めているに仁川エリアの実尾島を購入しています。隣接する舞衣島の一部の土地も購入しているようです。

フィリピンと韓国のカジノの違いは何か?

それは国産企業を作っているか?

です。

つまり国産企業でカジノを作らないと政府も企業も国民も潤わないということです。

日本にカジノを作ることは大いに結構ですが「国産企業のカジノを作ること」を絶対に守って頂きたいと思います。

逆説的に言うと、セガサミーとコナミは高くても買っておくべきなのです。

なぜなら国の望む姿は国産カジノの建設ですから。

※プレゼント【ルーレットのマナーとルール】(PDFファイル)

※プレゼント【ブラックジャックのマナーとルール】(PDFファイル)

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


CONTACT
Translate