ビットコインオンラインカジノ

パチンコを潰す覚悟はあるか。

タイ賭博禁止

最近身の回りで海外移住の話を聞きますか?

私は以前より聞くことが増えました。

海外移住する人間の考えは、
だいたい一つで、
「海外のどこどこ地方が好きだから」
なんて人は滅多にいません。

そんな稀有な人は100人中1人いるかいないかくらいです。

海外移住する理由は、
「日本の税金が高いから」
移住するわけです。

日本という国で住むことのコストとそれに対するパフォーマンス、
コストパフォーマンスが海外の方が高いから移住するわけです。

日本に住むメリット・デメリットよりも、
海外に住むメリット・デメリットの方が大きいと判断するからです。

「日本にお金を払いたくないから」
移住するわけです。

客観的に見れば原発問題をほったらかしで、
太平洋を挟んだアメリカ西海岸にまで放射能の影響を残している。

そんな国です。

で、良く日本人が海外移住先として選ぶのがアジア圏内です。

・永住ビザが取りやすい
・比較的物価が低い
・人種差別が少ない

シンガポールや香港、マレーシアなどが好まれます。

タイに移住する日本人って私の周りには一人しかいません。

私の意見を言うと、
タイはまだ律令国家として成り立っていません。

タイは「ほほえみの国」とか言われていますが、
現地はそんなことはありません。

宗教とマッサージの方がルールより上にあります。

「マイペンライ(気にするな)」と言う言葉を良く使いますが、
これで全てを済ませる国です。

超熱しやすく、超冷めやすいのが国民性です。

「そんな国で賭博を合法化してしまうとどんなことになるのか?」

私は想像に難くないと思います。

多くのタイ人がカンボジアやラオスなど近隣国のカジノに行っている現状を踏まえて、現在、財務相が一定の条件の下にカジノを容認する発言をしている。

カジノ開設の議論は、これまで何度も提案されて来たが、いずれも反対の声が多く、実現していない。すでにバンコクでは、こうした動きを見て学生などの一部がカジノ合法化反対運動を開始している。

どんな時代も国も若者の方が客観的に事実を捉えることができ、
そしてその発言なり行動には正しさがあります。

それでも、
国際的に遅れを取っていることを痛感しているタイの警察庁長官は、
カジノに対して一定の理解を示す発言をしました。

タイは賭博、
特にカジノに限って法整備を進めていくことでしょう。

日本はご存知の様にカジノを作ることができません。

公営ギャンブルしか認められていません。

カジノを日本に作るときは民間企業にさせる流れです。

ですので法整備を進める必要があり、
議論を延々と繰り返しています。

さてさて、
ギャンブルではなく「遊戯・娯楽」に分類され、
北朝鮮の資金源とされ、
経営者は朝鮮人ばかりと言われているパチンコ。

日本の警察はしがらみを断ち切ることができるのでしょうか。

管轄は警察庁。

国会の答弁で換金行為を指摘された時に、

「存じ上げぬ。」

とおっしゃられた団体です。

↓パソコンの人はワイルドジャングルカジノ一択です!↓

↓スマホで無料体験♪クレジットカードも使えます!↓

台湾、タイ。日本に先駆けてカジノ合法化を進める国々。

タイ

タイ国家警察庁のソムヨット長官がカジノ合法化に向けて前向きな発言を行っています。

↓クリックすると最新のオンラインギャンブルや投資情報の動向がわかります!↓
オンラインギャンブルブログランキング
→ お金儲けブログランキング

タイカジノ合法化

タイではカジノは非合法だが、隣接する4カ国では合法化されており、計22カ所のカジノが開設されている。

タイに隣接する4国とは、カンボジア、ラオス、ミャンマー、マレーシアこれらの国々のカジノを中心とした外貨獲得金額ならびに、遅れをとることによるデメリットを把握しているのでしょう。

フィリピンカジノブルームベリー台湾進出

フィリピンのカジノ運営企業
(フィリピンの首都マニラでソレア・リゾート&カジノを運営)
は台湾への進出を狙っているようです。

さらには日本への進出も。

フィリピンのカジノ運営企業の名前は「ブルームベリー」。

響きがいいですね。

★もしよかったらブログランキングのクリックにご協力ください。
★↓クリックすると最近人気のオンラインギャンブルや投資情報がわかります!↓
オンラインギャンブルブログランキング
→ お金儲けブログランキング

☆☆☆無料でお得情報を受け取りたい方はこちら↓☆☆☆

ルーレットやブラックジャックのガイドブックを無料で配布しています。

こちらは気まぐれで期間限定でプレゼントしていますので、
良かったら削除前に受け取っておいてください。

※クリックして、PDFファイルをダウンロードしておけばいつでも読めます。
※「ルーレットのルールと勝ち方」(PDFファイル)
※「ブラックジャックのルールと勝ち方」(PDFファイル)

↓スマホの方はこちらで無料プレイ♪↓

↓「無料モニター体験ができる!!」オンラインカジノ!↓

★ 管理人のフェイスブックはコチラ↓
→ 管理人のフェイスブック(友達&フォロー大歓迎です!)

FACEBOOK

参考記事:【タイ】カジノ合法化、警察長官が積極支持(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150619-00000006-nna_kyodo-asia, NNA);【フィリピン】娯楽ブルームベリー、台湾進出を検討(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150611-00000008-nna_kyodo-asia,NNA)

陸側ASEANの中で抜きん出ているタイ王国の抱える諸刃の剣

成長が進むタイとその経済を支える大手企業_(経営者online)_-_Yahoo_ニュース

タイの成長に着眼した記事が書かれていますが、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

私はタイの近代化は諸刃の剣だと感じています。

日本人や先進諸国の人間がタイを訪れる理由は何でしょう?

私は、歴史的文化遺産や発展途上中の混沌とした街並みにあると思っています。タイの成長とは発展途上中の混沌としたものがなくなっていく成長です。もちろん、資本主義的な成長を目指す上で仕方のない結果であるとは思いますが。

今後もっとも伸びる産業であると期待されているサービス産業では、セブンーイレブンブランドを展開するコンビニエンスストアCPオール(CPALL)や、フランスカジノグループの運営するビッグ・C・スーパーセンター(BIGC)などが大手企業で、タイ国内中間層をターゲットとして店舗数を増加させている。近年話題のLCCのタイ・エアアジア(AAV)やノックエア(NOK)も同カテゴリーで上場している。

私が意外に感じたのが、タイにあるビッグCを運営する企業がフランスカジノグループであったことです。

ビッグCは大型ショッピングセンターという感じのスーパーなんですが、カジノ運営(サービス業)をしている企業が流通業に手を出していることはさすがだなと感じました。リスク分散がきちんと行われていますね。フランスの企業のようですが。

タイは成長を目指すと共に失ってはいけないものをきちんと残していく必要があります。日本で言えばお寺などの寺社仏閣ですね。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150312-00000007-konline-bus_all

韓国人の犯罪行為が海外で増えている理由

韓国人3人組、マカオ拠点に違法スポーツ賭博サイト運営=3ヶ月で1億円超の賭け金集める_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

韓国人の犯罪行為が海外で増えているように感じます。この記事では、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

マカオを拠点として、違法スポーツ賭博サイトを運営していたことから韓国人犯罪グループが検挙されたことが紹介されています。

さらに先日、タイで違法カジノ店を開いていた韓国人犯罪グループが摘発されていました。

参考記事:タイで違法カジノ店を営む韓国人たちが逮捕

韓国人犯罪グループは少なくともアジア圏には広がっているという認識を持っていた方が良いでしょうね。その背景には韓国国内の経済事情があると私は思っています。韓国は財閥企業に頼る経済構造のため、財閥が倒れると国が倒れると言われるほど不安定な経済基盤からなる国です。

韓国にいては共倒れになってしまうという意識もあって、国外で生きる道を手段を選ばず探す韓国人が増えているのではないか?と個人的には考えています。

【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)※無料

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)※無料

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150205-00010002-macau-cn

タイで違法カジノ店を営む韓国人たちが逮捕

【タイ】違法ネットカジノ運営で韓国人13人を逮捕─北部チェンマイ_(Global_News_Asia)_-_Yahoo_ニュース

タイのチェンマイで違法カジノ店を営む韓国人たちが逮捕されたそうです。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

タイはイスラム教徒が多くを占め、カジノだけでなく賭博行為そのものが禁じられています。もちろんカジノもありません。

国境を越えればカジノに行けるにもかかわらず、簡単にできることからつい手を出してしまったのかもしれませんね。でも法律違反はいけないでしょう!

【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)※無料

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)※無料

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150203-00000005-gnasia-asia


ビットコインオンラインカジノ