CONTACT

マカオの税収に占めるカジノの割合が6割に下落

 

カジノ業が約6割占める=2014年マカオ産業統計公表_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

マカオの税収に占めカジノの割合が減っているようです。

労働人口の8割がカジノ関連業従事者というマカオですが、
マカオのカジノの売り上げはマカオの総売り上げの内、
60%がカジノ関連事業からの売り上げということです。

この数字は前年度から約5%減少した数字であるといい、
マカオのカジノの売り上げが減少していることを顕著に表した数字です。

マカオのカジノに関しては中国本土の影響をもろに受けることが実情にあり、
中国の贅沢禁止令やマカオへの渡航制限が影響をきたしています。

ご存知の通り、マカオの屋台骨はカジノです。
カジノ業をいかにして新しい事業と融合させていくか、
協業させていくかに大きな焦点をあてるべきです。

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:カジノ業が約6割占める=2014年マカオ産業統計公表(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160121-00010001-macau-cn、マカオ新聞)

関西経済同友会が大阪にカジノ要望書を提出

 

「カジノ」「関西ワールドマスターズゲームズ」関西経済同友会が松井知事と吉村新大阪市長に要望書_(産経新聞)_-_Yahoo_ニュース

関西経済同友会が「カジノ」と「関西ワールドマスターズゲームズ」の
要望書を松井大阪府知事と吉村新大阪市長に提出したようです。

カジノは橋本大阪市政時代から掲げられていた目標であり、
カジノ実現化に向けて官民一体となって政策を推し進めて行く狙いがあるようです。

松井府知事が所信表明 「都構想」使わず「副首都」強調_(朝日新聞デジタル)_-_Yahoo_ニュース

また松井大阪府知事は大阪副首都構想はあくまで手段であり、
目指すべき結果ではないと強調しています。

大阪の将来のあり方を考える上で副首都、
都構想というものがあり、そのためにカジノなどを
作っていくという方針のようです。

カジノ合法化の話はストップしているように見えますが、
各地方自治体はカジノ誘致に向けて前向きに取り組んでいるようです。

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:<松井大阪府知事>所信表明「災害に強く」副首都化意義強調(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151214-00000040-mai-pol、毎日新聞);松井府知事が所信表明 「都構想」使わず「副首都」強調(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151214-00000034-asahi-pol、朝日新聞デジタル);「カジノ」「関西ワールドマスターズゲームズ」関西経済同友会が松井知事と吉村新大阪市長に要望書(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151214-00000546-san-pol、産経新聞)

マカオのカジノ税収3割減、財政黒字が半分以下に…

 

カジノ税収3割超ダウン…マカオの財政黒字半分以下に=1~11月期_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

マカオのカジノ税収が減少しているのを受け、
財政黒字が半分以下に落ち込んでいるようです。

中国本土旅客2桁減響く…11月の訪マカオ外客数7_6_減の258_9万人=通年では2年連続3000万人突破見通し_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

中国本土の旅客が2桁減と推移する中、
全体の旅行客のうち、
カジノを目的とする旅行客の割合が減少しているのでしょう。

まだまだ底が見えないマカオ。
個人的にもマカオのカジノの低迷は考えていたより長期化しています。

早く底を打ってなんとかしたいというところでしょう。

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:カジノ税収3割超ダウン…マカオの財政黒字半分以下に=1~11月期(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151228-00010002-macau-cn、マカオ新聞);中国本土旅客2桁減響く…11月の訪マカオ外客数7.6%減の258.9万人=通年では2年連続3000万人突破見通し(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151228-00010001-macau-cn、マカオ新聞)

勤務先のカジノからチップを盗んだ代償

 

マカオ、勤務先カジノのバカラ台からチップ盗んだ女性ディーラーに執行猶予付き判決_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

勤務先のカジノのバカラ台からチップを盗んだ
ディーラーに対して執行猶予付きの判決が出ました。

このような事件は頻発していることでしょう。

幾度か報じたことがあります。

判決に至った例を報じるのは初めてですが。

日本にカジノを作るとなった時に同様のことが
起こる可能性が十分考えられます。

ゲーミングチップの管理は人が絡む分、
難しいのかもしれませんが徹底した管理をすべきでしょう。

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:マカオ、勤務先カジノのバカラ台からチップ盗んだ女性ディーラーに執行猶予付き判決(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151213-00010000-macau-cn、マカオ新聞)

マカオ返還16年、カジノ依存からの脱却目指す。

 

マカオ返還記念日、中国復帰16周年=過度なカジノ依存からの脱却目指す_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

マカオ返還記念日において
「過度なカジノ依存からの脱却を目指す」ということを
マカオ政府は掲げるようですが、
これは昨年度から言い続けていることです。

中国中央政府の意向が大いに反映されています。
確かに長い目で見ればカジノに依存しない
税収体系を整えることは重要です。

マカオでは実際に新規カジノの開業においてテーブル台数を規制する、
禁煙エリアを拡大するなど、長期的展望にたった政策をすすめています。

「過度なカジノ依存からの脱却を目指す」ということは、
マカオ政府が本心から求めていることかもしれませんね。

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:マカオ返還記念日、中国復帰16周年=過度なカジノ依存からの脱却目指す(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151220-00010000-macau-cn、マカオ新聞)


CONTACT
Translate