CONTACT

マカオへの密航者を現役警察官らが幇助

 

カジノのあるマカオには違法渡航者が後をたちません。

マカオは出入国規制などを行い、違法滞在者などを防ぐ取り組みを行っています。

そんな中でマカオの現役警察官が中国本土からの密航を仲介していたそうです。

密航に協力する組織にマカオ現地の警察官たちが含まれていたようです。

マカオへの密航者の情報はよくありますが、現役の警察官がその幇助をしていたというのですから驚きです。

どこの国もこういった腐敗した面は出てきてしまうのが残念です。
↓スマホやbitcoinにも対応しているオンラインカジノはこちら↓

カジノで認可するゲームを決める前にすべきこと。

 

日本にカジノを作る際に、既存のカジノの枠組みを超える所をどこまで許容していくか?という議論は大いに価値があると思います。

ですが、日本でカジノを創設するにあたって既に他国で人気を博しているゲームを認可するかどうかという議論が起こっているようです。

例えばポーカーやスポーツベッティングですが、これらは日本のカジノでは認められない可能性があるとのことです。

ポーカーに関しては麻雀や将棋、囲碁などと同じくくりとされているようです。「顧客同士の勝負は公平性を担保できない(※ポーカーは集客の観点から議論の余地あり)」ということが理由だそうです。

しかしながら、ポーカーは世界的な大会が行われているなど世界中で人気があるためポーカーの可否に関しては今後議論を行っていくようです。

スポーツ競技への賭けや競馬、競輪に関してはスポーツベッティングという枠組みに当てはめてしまえば良いと個人的に思います。日本で言えばサッカーのTOTOを始め、競馬、競輪、ボートなどは場外券売所もあるわけですので、足並みを揃えてルールを明確に定めなおせば良いと思います。

もちろんパチンコの議論についても忘れてはいけません。

むしろグレーゾーンで既に荒稼ぎし続けているパチンコに関する議論をやり尽くさなければ他のギャンブルの法的ルールを定めることは困難でしょう。

正直な所、カジノの議論を進めながら、より突っ込んだ議論をパチンコに関して行ってもらいたいと思います。
↓スマホやbitcoinにも対応しているオンラインカジノはこちら↓

カジノが日本にできるのはいつになるのか?

 

カジノ法、通常国会での成立見送りへ 政府・自民、公明に配慮_(北海道新聞)_-_Yahoo_ニュース

東京オリンピックにあわせた開業が期待されていたカジノですが、
カジノ法案の成立を今国会でも見送る方針となったようです。

これにより期限目標がなくなり、
また安倍内閣の下でのカジノ推進が難しくなったということが言えます。

カジノ法案に関しては国会での審議が進まず、
このまま先送りにされていく可能性があります。

日本の将来にとってカジノが必要であるのならば、
継続的に審議を重ねていく必要があると思うのですが。

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:カジノ法、通常国会での成立見送りへ 政府・自民、公明に配慮(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151230-00010002-doshin-pol、北海道新聞)

マカオのカジノ業従事者減少の裏は?

 

マカオ_経済低迷続くも失業率1_台を維持、カジノ業従事者数は減少=15年9~11月期雇用統計_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

マカオの失業率が1%台を維持しているようです。

それよりも気になったのがカジノ業従事者数が減少していることです。

マカオはご存知の通り、
カジノの税収で成り立っています。

また経済の多角化に向けて
カジノだけに依存しない税収形態を模索しています。

経済の多角化による結果がカジノ業従事者数の減少に
つながっているのなら良い結果をえられていると捉えることが出来ます。

その一方でカジノ業の不振によりカジノ業以外の職業に
つかなければならないのであれば事態は深刻です。

他国の内情は外からはわかりませんが、
カジノ業の不振が少なからず、
カジノ業従事者数の減少に
影響を与えているのではないかと
予想できるのではないでしょうか?

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:マカオ 経済低迷続くも失業率1%台を維持、カジノ業従事者数は減少=15年9~11月期雇用統計(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160101-00010000-macau-cn、マカオ新聞)

マカオ=カジノという図式はもう古い?

 

マカオ、ギャンブル目当ての旅客は全体の4分の1=観光・レジャー要素の拡充進む_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

収入の多角化を進めるマカオですが、
意外な数字が明らかになりました。

マカオを訪れる観光客の内、
カジノ目当ての客は全体の4分の1にすぎないようです。

マカオは経済の多角化を進めていますが、
思ったよりも進んでいる印象を受けました。

マカオ=カジノ
という図式が崩れてきている様子です。

しかしながら、
マカオでは新規IR施設の建設予定、
開業予定が進行中です。

実はカジノ飽和状態にあるのではないか?とも思えるのですが、
マカオは今後もカジノを中心としたIR施設の建設を進めるのでしょうか?

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:マカオ、ギャンブル目当ての旅客は全体の4分の1=観光・レジャー要素の拡充進む(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151222-00010000-macau-cn、マカオ新聞)


CONTACT
Translate