ビットコインオンラインカジノ

カジノ運営業者メルコクラウンが香港での上場廃止へ。

マカオカジノ大手メルコクラウン、香港上場廃止へ=コスト削減理由_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

メルコクラウンが香港証券取引所メインボードでの上場を廃止するとの話が流れていましたが、遂に決まったようですね。あれ?どっかで聞いた事あるなと思ったら、

参考記事:メルコクラウンエンターテイメントが香港証券取引所での上場廃止を検討。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

以前は検討中だったようですね。まぁ検討の時点で発表しているんですから廃止の方向に進みますよね。マカオでカジノのライセンスを保有する6社で唯一の上場廃止。理由はメリットが少ない割に、上場を維持するコストがかかりすぎるとか。それなら経営陣の判断が非常に優れていると言えるでしょう。裏で何があるのかはさておき。

上場廃止することになってメルコクラウン社の株はどう扱われたんでしょうね。そこの方が気になりますね。紙くずとして消えてたりして。笑

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150305-00010000-macau-cn

マカオのカジノライセンスを狙う有力一社。実はパチンコのマルハンの出資先。

香港上場娯楽企業実徳環球G、マカオのカジノ経営権取得に関心=パチンコホール最大手マルハンの出資先_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

まずはマカオのカジノの歴史を引用。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

マカオのカジノ経営は長く一社独占体制が続いてきたが、2002年にライセンスの対外開放が実現し、現在のSJM、ギャラクシー、ウィンマカオ、サンズチャイナ、MGMチャイナ、メルコ・クラウン・エンターテインメントの6社体制となった。いずれも2020-22年にかけてライセンスが満期を迎えることから、マカオ政府が今年中にもカジノ産業に関する中期計画の策定に入る見通しで、ライセンス更新条件や新規ライセンス枠の有無などに注目が集まっている。

マカオのカジノライセンスは長らく一社に独占されてきたようです。2002年にライセンスの対外国に向けての解放が実現したことで、現在はSJMグループ、ギャラクシーエンターテイメント、ウィンマカオ、サンズチャイナ、MGMチャイナ、メルコクラウンエンターテイメントの6社がカジノライセンスを独占する形になっています。

しかしながらいずれのライセンスも2020年から22年にかけて満期を迎えることから、ライセンス更新条件に加え、カジノライセンス枠の見直しおよび新規枠増加の有無を検討しているそうです。

そこに現在、実質マカオでカジノ「ポンテ16」を経営しているものの、ライセンス自体は他社のライセンスを借りているという形でカジノを運営している香港上場娯楽企業実徳環球Gがライセンスを狙っているとの報道が流れました。

実はこの香港上場の企業、実徳環球(サクセス・ユニバース・グループ)には日本のパチンコホール運営会社、マルハンが出資しています。しかも2007年から。ということはマルハングループは多少なりともカジノを運営する力を持っているということも言えます。

マルハングループが日本でカジノ解禁となった時にどれだけ実力を持っているかわかることでしょう。他のライバル企業もうかうかしていられませんね。

【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)※無料

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)※無料

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150204-00010002-macau-cn

マカオのカジノライセンス中華系資本向けに一枠増!!

マカオのカジノライセンス、中華系資本向けに1枠増?_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

マカオのカジノライセンス中華系資本向けに一枠増「?」→「!!」でしょ。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

しかもカジノとVIP客や中国人富裕層を仲介するジャンケットと呼ばれるブローカー組織に対して付与するとみられています。

ライセンス枠の追加は中国中央政府の意向もあってのことだと思います。中国の賭博に対する法制度が変わるのかもしれませんね。

【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)※無料

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)※無料

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150123-00010003-macau-cn

マカオ政府、なんと中国にもカジノライセンスの供給を行うのか!

【香港】地場・中国系にも発給か、マカオカジノ免許_(NNA)_-_Yahoo_ニュース

中国本土系資本に対しても新しくカジノ運営のライセンスを発行する可能性があると、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

企業リスクのマネジメントやコンサルティングを手がける香港企業SVAはこのほどまとめたリポートの中で、マカオ政府は地場資本や中国本土系資本に対して新たにライセンスを発給する可能性があると指摘。同社のスティーブ・ビッカーズ最高経営責任者(CEO)は、ナショナリズムを背景に、これらをカジノ市場で中心的存在にしたいと考える中国中央政府(国務院)の意向にマカオ政府は配慮するのではないかとみている。具体的社名は挙がっていないが、規模を拡大してきたジャンケット(有力カジノ客の仲介業者)グループに発給する可能性があるという。

ニュースで報じられています。中国は国民に対して賭博を国内外問わず禁じている国なんですけどね。しかもカジノライセンスの発行対象はジャンケット(カジノ仲介業者)などが候補に挙がっているようです。おそらくマカオのこの声明は中国の意向を反映してのことだと考えられますが、中国中央政府の線引きがよくわからないですね…

【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)※無料

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)※無料

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150123-00000002-nna_kyodo-cn

マカオのカジノ売り上げ前年比2.5%減少するものの、訪問客数は増加傾向に。

Yahoo_ニュース_-_マカオの14年カジノ売上2_6_減の5兆2500億円=02年のライセンス対外開放後初の前年割れ_(マカオ新聞)

マカオの通年カジノ売り上げが前年比2.6%減となる約5兆2500億円となることを明らかにしました。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

カジノの売り上げが2002年にマカオのカジノライセンスが対外解放されて以来初めてということですが、10年以上右肩上がりでマカオのカジノは成長を続けてきたことを同時に明らかにしています。

Yahoo_ニュース_-_マカオの14年カジノ売上2_6_減の5兆2500億円=02年のライセンス対外開放後初の前年割れ_(マカオ新聞) 2

また、カジノの売り上げが前年割れとなった一方でマカオを訪れる外国人観光客数は好調を維持しており、年間旅客数は3000万人の大台を突破する見通しとのこと。

カジノの売り上げが前年比2.6%減。その一方で外国人観光客の数は増加。

これこそマカオの目指す経済多角化に呼応する動きと言えるでしょう。そこまで深刻に捉える必要はない問題のはずですが、これを問題にしてややこしくするのが経済ジャーナリストや為替ディーラー達のお仕事です。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150102-00010002-macau-cn


ビットコインオンラインカジノ