s_empirecasino

洋上カジノが香港と福岡を結ぶ!?

一晩2億円の売上誇る香港の洋上カジノが日本進出を計画=母港は福岡が有力_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

香港にはカジノがないと思いきや、
洋上カジノが存在するようです。

洋上カジノというのはクルーズ船などで提供するカジノのことで、
自国海域外で提供される形態のカジノです。

現在香港発着で一晩2億ドルの売り上げを誇るとのこと。
年間およそ700億ドルの売り上げを誇ることになります。

その香港で展開されているクルーズ船が
日本にも寄港するようになるかもしれないそうです。

ターゲット層を広げたいことと、
外貨を獲得したいからでしょう。

実際にはまだ構想段階にあるようですが、
カジノがまだ存在しない日本に洋上カジノを提供する
クルーズ船が来るとなったら日本国民は
どういった反応を示すかも楽しみです。

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:一晩2億円の売上誇る香港の洋上カジノが日本進出を計画=母港は福岡が有力(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151224-00010000-macau-cn&p=1、マカオ新聞)

中韓関係に変化。MERSで弱みを握られた韓国。

中国での韓国人の摘発あいつぐ

↓クリックすると最新のオンラインギャンブルや投資情報の動向がわかります!↓
オンラインギャンブルブログランキング
→ お金儲けブログランキング

中韓関係に軋轢が。

中国特に、
マカオにおいて韓国人が摘発されるニュースが相次いでいます。

MERSの対応に追われている韓国政府を見て、
この機を逃さなかった中国政府。

中国企業も含め、
中国国民に対してカジノを斡旋している企業の摘発が行われました。

また、
マカオのカジノにおいて、
他国のカジノを斡旋するために営業をしている企業や個人も摘発されました。

中国公安韓国カジノ営業職員10人余り逮捕

中国企業はビザ発行を代理申請していた企業も摘発されたようです。

もちろんビザ発行代理申請業者は顧客リストを持っています。

当然です。

で、今更になってリストからの個人の特定を恐れた中国人、
韓国への渡航をやめる富裕層が増加しているのだとか。

なんか中国人も韓国人も危機管理能力が低すぎます。

香港秘密結社14K暴力団撲滅中国人ロシア人

香港でも同様に操作の手がぐっさぐさ入っているようです。

習近平国家主席が求めるものははっきりとしており、
確実に進められているのが日本に住んでいても伝わってきます。

これほどのリーダーシップが発揮できるのは皮肉にも。
「中国中央政府が人の顔を伺うというところから脱却できていない」
ことが理由の一因にあるはずですが。

★もしよかったらブログランキングのクリックにご協力ください。
★↓クリックすると最近人気のオンラインギャンブルや投資情報がわかります!↓
オンラインギャンブルブログランキング
→ お金儲けブログランキング

☆☆☆無料でお得情報を受け取りたい方はこちら↓☆☆☆

ルーレットやブラックジャックのガイドブックを無料で配布しています。

こちらは気まぐれで期間限定でプレゼントしていますので、
良かったら削除前に受け取っておいてください。

※クリックして、PDFファイルをダウンロードしておけばいつでも読めます。
※「ルーレットのルールと勝ち方」(PDFファイル)
※「ブラックジャックのルールと勝ち方」(PDFファイル)

↓スマホの方はこちらで無料プレイ♪↓

↓「無料モニター体験ができる!!」オンラインカジノ!↓

★ 管理人のフェイスブックはコチラ↓
→ 管理人のフェイスブック(友達&フォロー大歓迎です!)

FACEBOOK

参考記事:韓国のカジノ業者、中国北京での客引きで10人以上逮捕(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150619-00000046-xinhua-cn,FOCUS-ASIA.COM);中国当局、韓国人14人を逮捕=中国人ギャンブラーを韓国カジノに勧誘した疑い(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150619-00010002-macau-cn,マカオ新聞);中国公安、韓国カジノ営業職員10人余り逮捕(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150619-00000011-cnippou-kr,中央日報日本語版);密輸?!改造トラックが中国から香港へ運んだのは、売春目的の女性たちだった―本日の中国TOPニュース(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150608-00000055-rcdc-cn,Record China)

MERSの事例に見る民度の低さ

MERS

↓クリックすると最新のオンラインギャンブルや投資情報の動向がわかります!↓
オンラインギャンブルブログランキング
→ お金儲けブログランキング

現在も感染の手を広めているMERS(Middle East respiratory syndrome、中東呼吸器症候群の病原体)。

現在の状況と、
各国の対応と情報の信憑性を見ていきたいと思います。

MERS東洋経済

そもそも現在のMERSは、
4から5月にサウジアラビアやバーレーンを旅行した、
60代の男性がMERSウイルスを韓国に持ち帰り広めたものです。

おそらくこの男性はMERSの感染に気付いたから
韓国に帰ったのではないか?
と私は感じます。

2015年5月30日現在の合計では、1149人感染(韓国12人を含む)、431人死亡。感染地域は2015年5月に韓国、中国に広がった。

MERSは2012年に初めて確認され、サウジアラビアやアラブ首長国連邦を中心に感染者が発生した。症状としては、38度を超す熱やせきが続く。世界保健機関(WHO)によると、感染者の死亡率は40%。飛沫や人との接触による感染が多いという。

2012年に初めてMERSが確認され、
収束に向かっていたと考えられていたところに
今回のMERSの感染・拡大が起こりました。

2013年5月下旬、WHOのチャン事務局長は、年次総会の締めくくりとなるスピーチで「現在私にとって最大の懸念は新型コロナウイルスである。一つの国だけで対処できるものではなく、全世界への脅威の一つである。」とした。治療方法、感染方法(つまり感染防止方法も)、宿主が全く分かっていないからである。2013年7月17日WHO緊急委員会は評価会合を開き、「感染拡大が懸念される状況ではないが、十分な警戒が必要である」との暫定的な評価をまとめた。

2013年5月下旬にWHOのチャン事務局長は、
MERSに対して懸念を表明していました。

チャン事務局長は香港出身の方です。

2015年に韓国国内でのMERSの発症以降、
香港に広がりを見せています。

チャン事務局長が、
2年前の2013年にMERSに対する懸念を
WHO事務局長という立場にありながら発言していたことから、

今回の件は韓国が一国で責任を負わざるを得ない状況に陥ることでしょう。

さて、
2015年各国のMERSに対する初動並びに対応状況を見ていきましょう。

メディアから対応の不備を突かれた際、朴大統領は「マニュアルどおりに対処したが、結果的には初動対応に弱点があった」と発言し、国民から反発を食らった。その後も「打ち勝つという意志があれば、ひどい病魔も克服できる」と発言。「病は気から」、という非科学的な発言で責任逃れをしていると、国民はあきれ返っている。

私は既に起こってしまったことは仕方がないと考えるタイプです。

そして学び、二度と同じことを起こさないように改善する。

韓国政府はマニュアルのずさんさを認識し、
非科学的に「病は気から」的な発言をしたことから、
韓国政府にはMERSを収束させる能力はないと判断すべきでしょう。

韓国大統領は立場を考えて発言すべきです。

MERS日本の対応

さらに日本にもMERS感染者が6人入国しています。

韓国政府のMERSの流行を念頭においた上での出国検査を行っていたのか?

という疑問と、

日本政府の入国審査のずさんさ

も頭にちらつきます。

今回のケースは、
「思いもよらぬところから発症したケース」
かもしれませんが、
日本国政府は早急に
最善の手を打つべきであったのは間違いありません。

アジア近隣諸国を見ると、

マカオMERSへの対応

マカオはMERSに対する対応レベルを引き上げ、
韓国への不急不要の渡航を自粛するよう呼びかけています。

マカオ政府衛生局は8日午後6時、韓国におけるMERSの感染拡大を受け、MERSに対する警戒レベルを「戒備(=警戒)」から「高度戒備(=高度警戒)」に引き上げたことを発表

さらに、

マカオ韓国MERS

マカオ政府は先手先手で手を打っています。

ただし詳細記事を追っていくと、
韓国からの渡航者は受け入れるようで、

韓国政府側の出国時のMERS感染者への対応に、
判断を委ねざるを得ない面を残している
ように感じます。

米国ビザ発給不可システム障害

そしてアメリカはビザの発給ができない状況にあるようです。

システム上のエラーと言うことですが、
この流れで読むとアメリカが何を嫌がっているのか?
ということが伝わってきます。

★もしよかったらブログランキングのクリックにご協力ください。
★↓クリックすると最近人気のオンラインギャンブルや投資情報がわかります!↓
オンラインギャンブルブログランキング
→ お金儲けブログランキング

☆☆☆カジノで勝つためのお得情報を無料でプレゼントしています☆☆☆
無料でお得情報を受け取りたい方はこちら↓

クリックして、PDFファイルをダウンロードしておけばいつでも読めます!
※無料プレゼント「ルーレットのルールと勝ち方」(PDFファイル)
※無料プレゼント「ブラックジャックのルールと勝ち方」(PDFファイル)

↓スマホの方はこちらで無料プレイ♪↓

↓「無料モニター体験ができる!!」オンラインカジノ!↓

★ 管理人のフェイスブックはコチラ↓
→ 管理人のフェイスブック(友達&フォロー大歓迎です!)

FACEBOOK

参考記事:韓国社会の”病根”がMERS禍の拡大を招いた(http://toyokeizai.net/articles/-/73500?page=2,東洋経済);MERS監視対象者、計6人が日本に入国=官房長官(http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0OY0P320150618#8,REUTERS);MERSコロナウイルス(https://ja.wikipedia.org/,wikipedia);マカオ警察、韓国でのMERS深刻化受け防疫対応力強化図る=感染者搬送演習実施(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150619-00010005-macau-cn,マカオ新聞);マカオ政府観光局、韓国で今夏開催予定の旅客誘致イベント見送りへ=MERS感染拡大で(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150608-00010003-macau-cn,マカオ新聞);米国でビザ発給できず システムに障害(http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150621-00000012-nnn-int,NNN)

カジノ業界がメディアの実権を握れる程巨大に!!

マカオカジノ王ファミリー香港テレビ局免許入札マカオ新聞

マカオのカジノ王の家族が
香港のテレビ局の免許入札に参加するようです。

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

マカオのカジノ王と言えば、
SJMグループのスタンレー・ホー氏です。
※SJMグループとは中国資本のカジノグループ

今回香港のテレビ局を放映する免許の入札を表明したのは、
スタンレー・ホー氏の娘に当たる、
パンジー・ホー氏。

パンジー・ホー氏は
香港の海運・不動産開発大手シュンタックホールディングス社長、
マカオのカジノIR施設MGMマカオを傘下に持つ
MGMチャイナホールディングス共同会長を務めています。
※MGMチャイナホールディングスの親会社はMGMリゾーツ・インターナショナル(51%の株式保有)
※MGMリゾーツ・インターナショナルとはアメリカ資本の統合型リゾート運営会社

※旧名MGMミラージュがMGMリゾーツ・インターナショナルに社名変更(2010年)
※旧名MGMミラージュはMGMグランデとミラージュ・リゾーツの合併により設立(2000年)

MGMとは「メトロ・ゴールドウィン・メイヤー」のことで
アメリカの巨大マスメディア企業です。

しかしながら現MGMリゾーツ・インターナショナルは
ソニーが主導するコンソーシアム(企業連合)にマスメディア部門を売却しており、
資本上の提携関係はないとされています。

私が怪訝に感じたのが
元を辿ればアメリカ資本である
MGMリゾーツ・インターナショナルのグループ会社の
共同会長を務める人間に

香港政府のメディアを握らせるか?

ということです。

SJMグループ会長の娘にあたるパンジー・ホー氏は
そういった面から見ると、
アメリカと中国に板挟みになっている状態とも言えます。

中国は情報規制・報道規制が行われていることで有名ですが、
放映権を獲得した時には、
香港で24時間のニュース番組を放映したいと明言しています。

このニュースの中身が
中国中央政府からの圧力に屈するようでは意味がありません。

そう考えると、
パンジー・ホー氏の後ろ盾として
アメリカのMGMというマスメディア企業が絡んでくる可能性、
アメリカの意向が強く反映されている可能性もあります。

香港メディアの放送局事業免許を
パンジー・ホー氏が絡んでいる
フォーエバー・トップ・アジア社が狙っているわけですが、
FOREVER TOP (ASIA) LIMITEDは香港企業です。

FOREVER_TOP__ASIA__LIMITED_永升_亞洲_有限公司InformationHongKongCompany香港企業

設立が2015年1月9日と非常に新しいことが気にかかります。

マスメディアを手放した経験のあるMGMグループの意向が
どこまで絡んでいるのかが個人的に興味があります。

まずは入札が公平に行われることを願いたいです。

※無料プレゼント「ルーレットのルールと勝ち方」(PDFファイル)

※無料プレゼント「ブラックジャックのルールと勝ち方」(PDFファイル)

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150422-00000015-cnippou-kr(マカオのカジノ王ファミリー、香港のテレビ局免許に入札へ=ニュース専門局開設目指す、マカオ新聞)、http://jp.wsj.com/layout/set/article/content/view/full/231007(MGMチャイナのIPO、香港証券取引所からいまだに承認得られず、WSJ)、http://www.hkcompany.org/co.php?id=2190128(FOREVER TOP (ASIA) LIMITED、永升(亞洲)有限公司、HONG KONG COMPANY LIST)

消費者信頼感指数香港マカオで下落、中国本土台湾で上昇の真意。

消費者信頼感指数香港マカオ下落中国本土台湾上昇

消費者信頼感指数が香港とマカオで下落しています。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

一方、中国本土と台湾で上昇しています。

消費者信頼感指数とは言ってみればその地域毎の人間が経済に対して良いイメージを持っているかどうかを判断する数字です。

日本に伝わってくるニュースのイメージと比べるとどうでしょう?

中国本土と台湾の消費者信頼感指数が上昇するってイメージがつかなくないですか?

中国本土は反汚職活動まっしぐら、台湾は中国よりの政党ではなく、民意で自国の権利を守る政党を選びました。

一方民主化を求めるデモを行っている香港と、中国中央政府下におとなしくあるマカオ両者とも消費者信頼感指数が下落しています。

現在中国本土が潤い、中国中央政府下にある地域は辛酸をなめています。

そして中国中央政府が介入することで、地域を潤わせるという絵を描いているのだと思います。

中国が今、最もコントロールしなければいけないのは、マカオの民主化を求めるデモの目を摘むことでしょう。

※プレゼント【ルーレットのマナーとルール】(PDFファイル)

※プレゼント【ブラックジャックのマナーとルール】(PDFファイル)

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150409-00010000-macau-cn


s_empirecasino