CONTACT

カジノ解禁。民意は60%以上がノー!!

 

カジノ解禁民意反対治安悪化ギャンブル依存症増加懸念

カジノ解禁に対して、民意は反対を示しているようです。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

その主たる理由が「治安悪化」、「ギャンブル依存症増加懸念」。

これらの問題は政府がきちんと対応案を示し、国民の納得を得ることが必要だと私は感じています。

「治安悪化」に関しては特別区として、全住民、また特別区に入場する人間の顔認証なり、GPS付きリストバンドの装着を義務付けるべきでしょう。

リストバンドでなくても、肌から外せないものなら何でも良いとは思います。

さらに特別区の周りに特別保護区のような地帯を置き、特別区と一般住民の住む地域の距離を物理的にも心理的にもとることが望ましいと私は考えます。

そして一般住民の住むエリアの賃貸価格を引き上げる。一気に10倍くらいにしてしまえば、直接的な治安悪化は避けることができるでしょう。居住年数などによって適正価格(現在の価格)を適用することも検討して良いと思います。

「ギャンブル依存症増加懸念」に関しては、そもそも日本人の入場を禁止すれば良いだけです。富裕層のエゴの意見に耳を傾けず、日本人の入場を禁止にすれば良いだけ。

カジノを体験したかったら海外に行けばいい。

すぐそばの韓国にもありますし。

※プレゼント【ルーレットのマナーとルール】(PDFファイル)

※プレゼント【ブラックジャックのマナーとルール】(PDFファイル)

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150417-00000079-jij-pol

米カジノ業界から日本にオファーが。その真意と心意。

 

米カジノ業界団体から日本に情報共有の申し出。真意。

カジノ業界団体の米国ゲーミング協会(AGA)がカジノの解禁を検討している日本に対して、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

カジノの情報共有を行うとの申し出があったようです。

これにはもちろんAGAが日本のカジノ市場に関与したいと言う思惑が隠されています。

具体的な情報共有内容としては、雇用や税収などの経済効果ということでカジノ業界団体としてのメリットが何も具体的に提示されていません。

そこは日本人の気性を考えた上での行為でしょう。

恩を恩で返す日本人。

どこまでを受け入れ、どこからきちんと断るか。

線引きを決めておかないと後から痛い目にあいます。

※プレゼント【ルーレットのマナーとルール】(PDFファイル)

※プレゼント【ブラックジャックのマナーとルール】(PDFファイル)

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150417-00000015-jij-soci

『「カジノ解禁」の前にギャンブル依存症に理解を』との記事

 

ギャンブル依存症に理解を 「カジノ解禁」の前に_(河北新報)_-_Yahoo_ニュース

『「カジノ解禁」の前にギャンブル依存症に理解を』との記事を見つけました。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

カジノが合法化されるかもしれないとなり、カジノというギャンブルが認知されたことで「ギャンブル依存症問題」が明るみに出るようになりました。さらに言えば酒やタバコといったものに対する依存症問題も同時に語られるようになってきました。

これはいい傾向なんですが、ギャンブル依存症に限らず、依存症に対してどれほど本気で取り組んでいるかは全く報道されません。

パチンコやパチスロを法的にどう整備するかといった点も国民が注目するようになってきていますが、国が対策を取っていく姿勢は報道されません。

国にとって都合のいいことだけを報道されていては、せっかく議論に出てきたギャンブル依存症問題に対する対策も議論されないまま終わってしまう可能性だって十分に考えられます。

しっかりと悪い部分に対しては対策をほどこし、その議論の過程を国民にも理解できる形でメディアには報じてもらいたいと思います。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150226-00000014-khks-soci

カジノ解禁によるビジネスチャンスに日本がどこまで国絡みで取り組むか。

 

日本企業にとってのカジノ解禁によるビジネスチャンス_(ダイヤモンド・オンライン)_-_Yahoo_ニュース

「日本企業にとってのカジノ解禁によるビジネスチャンス」という記事が非常に分かりやすいので一度読んでみてください。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

参考記事:日本企業にとってのカジノ解禁によるビジネスチャンス

簡単にまとめるとカジノ合法化による日本のチャンスは3つあるとのことです。

1:統合型リゾートの開発プロジェクトそのものに関与すること
2:カジノオペレーターとして実際の運営に参画すること
3:統合型リゾートを運営していく上で必要となる、製品やサービスをカジノオペレーターに対して提供していくビジネス

裾野が広いのが3番とされています。これに関しては海外のカジノ見本市に日本の企業は既に出店、出品しており、さらに海外カジノにゲーム機を導入している実績のある会社もあります。

1に関しては国絡みで絡んでいけば問題ないと思いますが、日本にとって逃したくないビジネスチャンスは「2:カジノオペレーターとして実際の運営に参画すること」でしょう。結局労働者は日本人で上に立つ人間が外国人となってしまっては海外に円を持っていかれるだけです。カジノオペレーターとしてセガサミーが韓国の仁川で計画されている大型カジノリゾート案件に絡んで、ノウハウを得ようとしていますが、他の企業も任せっきりにしないで、ビジネスチャンスと思い、積極的にカジノオペレーターのノウハウ取得に動いて欲しいものです。

それかM&Aでカジノオペレーティングが可能な会社を買って、日本にお金を落とさせるかですね。そこまで考えないとカジノ合法化による日本のビジネスチャンスはどんどんと減っていくことでしょう。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150225-00067209-diamond-bus_all&p=1

日本カジノスクールのディーラー養成スクールが再注目!!

 

四谷のカジノディーラー養成スクール、1年で生徒倍増-カジノ解禁機運が後押しか /東京_(みんなの経済新聞ネットワーク)_-_Yahoo_ニュース

ディーラー養成専門機関である「日本カジノスクール」は

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

2004年から大岩根さんが校長を務める、ディーラー養成スクールが再び注目を集めています。

四谷三丁目駅に近い日本初のカジノディーラー養成専門機関「日本カジノスクール」(新宿区舟町)が近年のカジノ解禁の機運を受け、注目を集めている。

校長の大岩根成悦さんが日本でのカジノ解禁に向け、2004年4月に開いた同校

民間レベルでは大阪商業大学がカジノマネジメント面でのコースを設立するなど、カジノの日本解禁を見据えた動きが広まっています。

大岩根校長などのように法整備の方も早く進めて欲しいという思いで待ち続けている人もいるでしょうね。

【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)※無料

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)※無料

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150122-00000045-minkei-l13


CONTACT
Translate