s_empirecasino

解決策→カジノ法成立で暴力団が狙う“裏口参入”

闇金、イカサマ、ジャンケット、違法カジノ、、、

これら違法行為がなぜなくならないか。それはデメリットを上回る大きなメリットがあるからです。

もちろん反社会的勢力のメリットとは”金”です。

これまで色んな論を聞いてきました。

闇金は歴史も古くビジネスモデルが確立されていることから、新規参入企業も後を絶たない事でしょう。
イカサマに関してはディーラーの買収が最も可能性としても高く被害も大きくなるのではないでしょうか。
ジャンケットに関しては信用上のものですので、資格制を導入し国家資格にでもすれば良いと思います。
違法カジノに関しても闇金同様従来からあるビジネスであり、摘発のニュースを見かけるものの違法カジノの噂は後を断ちません。

これまでは闇金に対しては摘発を厳しくすること。
イカサマに関しては契約でガチガチに固めること。
ジャンケットに関しては資格化すること。
違法カジノに関しても摘発を厳しくすること。
これらを提案してきました。

しかしながらここ数年で世の中のお金のあり方、お金に対する考え方が世界規模で変わってきています。
本当に数年前まではコンビニでクレジットカードを使うと店員さんにもいやそうな目で見られました。
ところがたった数年でコンビニでのクレジットカード利用はもちろんのこと接触型カード、非接触型カードが利用できるまでになっています。
お金が信頼の数の等価であるという段階を経て、お金はただの数字と捉える世代が増えてきているのも生活している中で感じる事が多くなっていることかと思います。

私はこれは非常に大きな変化であり、これまでのマネーロンダリングなどといった問題も解決できる大きなムーブメントだと考えています。

なぜならいわゆる”フィアット”と言われる、手で触れて確かめることだけにメリットがある現金を廃止の流れが進んでいます。
現金を世界的に廃止すればどうでしょう?つまり全世界のお金という数値をネット上で全て管理できるようにするわけです。
これが可能になれば全てのお金の流れは可視化され、マネーロンダリングも困難になります。

これは数年前には想像も提唱もできませんでした。
しかしながらポイント経済圏の拡大ならびにカード派の台頭により、より簡単にお金に対する接し方、あり方を変化させる機会が目の前に広がっていると考えます。

もちろん反対派は裏取引をしているような人間達です。
闇金、イカサマ、ジャンケット、違法カジノこれらを根本的に消滅させることができます。
まず警察官と暴力団の関係が切れます。
例えオフラインで会うにも現金が存在しない世の中では賄賂も全てネット上で監視されます。

割と本気で現金をなくせば世の中の多くの犯罪組織は壊滅すると思っています。
その時代に備え、世界は、日本は何をすべきか。

サイバーセキュリティー、セキュリティー、ハッカーの養成をとっくの昔に始めるべきです。
日本政府は冗談なのかなんなのか分かりませんが国防のセキュリティ代表者を年収数千万円程度で募集しているという記事を見ました。
日本は本当にセキュリティへの意識が低いとつくづく思わされました。

司法取引を行い、ハッカー集団を作るべきだと個人的に思います。
現金がなくなった世界ではデジタルの数字が全てですから。

今の日本政府にそれが期待できますか?
ddos攻撃でお手上げでしょうね。

カジノ債務者リスト公開のサイト運営者をマカオ当局が起訴。情報が流出している事実を隠蔽したいからでは?

マカオ当局、カジノ債務者リスト公開のサイト運営者を起訴=個人情報保護法違反_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

マカオ当局がカジノ債務者リストを公開しているサイト運営者を起訴したそうです。

そもそもの問題は債務者リストの存在。なぜこれが作れてしまったか?

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

というところです。その理由はカジノ側からの情報漏洩でしょう。カジノ側からの情報漏洩を最も嫌うのは誰でしょう?

他でもないマカオ政府です。

カジノの情報機密度が低いとなると、顧客の足がつきます。となると顧客は来なくなります。特にマネーロンダリングを行っている人間や、中国本土から来ている人間は確実に来なくなります。

もちろん個人情報の取り扱いに関しては国々によって異なることでしょう。日本なら犯罪を犯した人間に対して、警察が動きます。もちろんマカオでも同じでしょうが「カジノの顧客リスト」だったため「個人情報」を建前に即起訴に踏み切ったのではないかと思います。

このニュースは中国全土の富裕層がキャッチしていることでしょう。

※無料プレゼント【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料プレゼント【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150401-00010002-macau-cn

カジノでのマネーロンダリングに2200枚のキャッシュカード。中国本土客のさらなる摘発につながるか。

マカオ警察、マネロン容疑で中国人6人逮捕=他人名義のキャッシュカード2千枚押収_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

マカオのカジノ口座にマネーロンダリングとして2200枚のキャッシュカードを持ち込んでいた5人の中国本土の人間が身柄を拘束されました。簡単に説明すると、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

中国本土の金持ちのパシリがマネーロンダリングをしていて捕まったというイメージです。パシリが使っていたキャッシュカードが盗品や偽造品ではないことから、口座保有者、最大2200人名義の容疑者が事実関係を確認されることになります。

このニュースが中国本土に与える影響は大きいことでしょう。今だにマネーロンダリングをマカオでやっているグループがいるんですね。日本にカジノができるときにマネーロンダリングだけは絶対にさせて欲しくないですね。日本の銀行は信用のない人間に、簡単に口座を開設しないように気をつけてもらいたいものです。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150321-00010002-macau-cn

そりゃービットコインがなくならないわけだ。

ビットコイン取引の8割が人民元、中国当局の悩みの種=マカオの質店にATM類似機設置で支持集まる?_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

ビットコインですが、マネーロンダリングの温床になっているようです。ビットコインの両替に用いられる通貨のうち、なんと8割が人民元とのこと。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

そらなくならないわけですねー。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150313-00010001-macau-cn

マカオ当局ジャンケットに対する規制を厳格化

Yahoo_ニュース_-_マカオ当局、VIPカジノ規制を厳格化=ギャンブラー世話役に無犯罪証明書提出義務付け_(マカオ新聞)

ジャンケットとはVIPカジノ層の仲介業者のことですが、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

ジャンケットに対して規制を厳格化するようです。仲介パートナーを登録する時に犯罪記録証明書を義務付けることを発表しました。

ジャンケットは中国本土の人間が多いらしく、中国本土では犯罪記録証明書の発行に時間がかかるそうです。

これによって一時的にVIPカジノ層が中国本土から訪問する機会が減ることに繋がります。

さらに言えば、その間に他国にカジノを求めた場合、マカオに顧客が戻って来るかどうかが不透明となります。

マカオにとっても諸刃の剣ですが、不正資金やマネーロンダリングを規制するために必要な処置と言えます。健全な国づくりに邁進するマカオ。私は長期的に見るとマカオにとって非常に良い政策だと思います。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141231-00010000-macau-cn


s_empirecasino