ビットコインオンラインカジノ

カジノ債務者リスト公開のサイト運営者をマカオ当局が起訴。情報が流出している事実を隠蔽したいからでは?

マカオ当局、カジノ債務者リスト公開のサイト運営者を起訴=個人情報保護法違反_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

マカオ当局がカジノ債務者リストを公開しているサイト運営者を起訴したそうです。

そもそもの問題は債務者リストの存在。なぜこれが作れてしまったか?

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

というところです。その理由はカジノ側からの情報漏洩でしょう。カジノ側からの情報漏洩を最も嫌うのは誰でしょう?

他でもないマカオ政府です。

カジノの情報機密度が低いとなると、顧客の足がつきます。となると顧客は来なくなります。特にマネーロンダリングを行っている人間や、中国本土から来ている人間は確実に来なくなります。

もちろん個人情報の取り扱いに関しては国々によって異なることでしょう。日本なら犯罪を犯した人間に対して、警察が動きます。もちろんマカオでも同じでしょうが「カジノの顧客リスト」だったため「個人情報」を建前に即起訴に踏み切ったのではないかと思います。

このニュースは中国全土の富裕層がキャッチしていることでしょう。

※無料プレゼント【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料プレゼント【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150401-00010002-macau-cn

──────────────────────────────────────

コメントを残す