東京オリンピック2020賭けスポーツで稼げるカジノアプリを紹介!!

東京オリンピックが始まりますね!

応援しながら試合に賭けることができればより熱狂できると思いませんか?

そこで今回はカジノアプリを使って安全、合法にスポーツベッティングを行えるアプリを紹介します。

William Hillという老舗賭けスポーツサイト(ブックメーカーと一般には言われます)を利用します。

既にオリンピックの賭けは始まっており、例を出すとサッカーの試合にも賭けることができます。

例えば日本とメキシコの試合を見てみると、日本2.80対メキシコ2.37となっており、オッズ上はメキシコ有利と見られていることがわかります。

もちろんサッカーだけでなくオリンピックの各種目が賭けスポーツの対象となっているので見てみると面白いです。

登録方法や入出金方法、さらにはボーナスのこともこちらから詳細を確認できますので、興味のある方は見てみてください!

賭けスポーツで稼げるカジノアプリWilliam Hillはこちら

JRAが競馬に限定したブックメーカーに!?

海外の馬券が日本でも買えるようになる?_その真意とは……_(All_About)_-_Yahoo_ニュース

日本馬の世界ランキングの高まりにつれ、日本馬が世界で活躍する機会が増えています。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

しかしながらJRAではこれまで海外レースの馬券を扱ってきませんでした。

がここにきて急にJRAが競馬に特化したブックメーカーになるかも!?というニュースが流れています。

イギリスを代表として欧州には政府公認のブックメーカーが数多く存在する。日本の大相撲も賭けの対象となっているし、2020年の夏季五輪「招致レース」もギャンブルの対象となっていた。当然のことながら競馬も対象だ。

カジノよりも先にブックメーカーか??と正直びっくりしてますが、世界基準にあわせてブックメーカーに関しても法制度をしていかないと、ブックメーカー業界に関しては日本円の流出を許している現状が変わりません。ブックメーカー、オンラインカジノいずれも法整備を急ぎ、日本円の流出を防ぎたいと言うのが本音でしょう。

【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)※無料

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)※無料

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150121-00000015-nallabout-life

みんなで錦織圭のグランドスラム達成に向けて応援しよう!!

錦織圭

4大大会の一つ全豪オープンテニスが、1月19日から始まりますが、「錦織圭選手が4大大会のうち、一つでも優勝することができるか?」というベッティングオプションが開催されています!!

↓まだアカウント持ってない人は開設こちらからどうぞ↓

TennisSpecialsWilliamHill

みんなで錦織圭選手を応援しましょう!

4大大会のうち1つでも勝てば賭け金は4倍になります!!

にわかテニスファンの方もこれを機にテニス観戦を始めましょう♪

↓アカウント開設はこちらからどうぞ↓

シンガポールのスポーツ賭博へのハードル(日本・シンガポールサッカーメディア座談会の一部抜粋)

日本・シンガポールサッカーメディア座談会【後半】_四方_健太郎__-_個人_-_Yahoo_ニュース

スポーツ賭博(スポーツベッティング)はシンガポールでは一般的に認知されているようです。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

私もワールドカップやオリンピックなど、世界規模の大会が行われる時にはスポーツベッティングを利用しますが、日本ではまだまだなじみがうすいという印象があります。totoなどはありますが、極めて当りにくい方式になっているので一般人が参加するとなるとよほどのサッカー好きでないとやらないだろうな〜と漠然と想像できます。

スポーツベッティングはスポーツ観戦を盛り上げる役割も果たします。そういう意味ではスポーツにとってもメリットのあるもので、実際にスポーツベッティング会社大手やカジノ業者の大手はサッカークラブのスポンサーを務めているほどです。

日本はまだまだですがスポーツベッティングが広く認知されスポーツ観戦に熱が入るようになるとまたプロ野球の人気が戻るかもしれませんね。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀で実際に勝ってるやついる?」

記事参考元:http://bylines.news.yahoo.co.jp/yomokentaro/20141117-00040769/

カジノ発祥の欧州のカジノ市場の現状から日本が学ぶべきこと

オンラインカジノ

元々カジノの発祥地は欧州だと言われています。しかし、

↓カジノの面白さを知るにはまずはスマホで無料プレイ♪↓

アメリカのラスベガスや中国のマカオなどに台頭され、欧州のカジノ市場は縮小傾向にあるようです。

貴族の遊びとして欧州でカジノが生まれました。そのため、当時のカジノは限られた場所だけで行える特別な遊戯であったわけです。

貴族の集う場所、富裕層の集う場所に点々とできていった欧州のカジノは、ラスベガスやマカオなどのカジノがクラスター型カジノと呼ばれるのに対して地域型カジノと言われます。

それぞれの地域で貴族や富裕層が集って遊ぶ場所として作られてきたため、結果として地域型カジノという形態でカジノが広まりました。

それに対して、後発組のアメリカのラスベガスや中国のマカオでは戦略的にカジノ建設を進めました。シムシティで言えば、あいてる土地に計画的にカジノ密集地域を作ることができたということです。

地域型カジノと分類される欧州のカジノ市場は今、縮小傾向にあり、カジノに足を運ぶ人間が減少傾向にあるようです。その一因であるのがオンラインカジノの存在。また、欧州ではオンラインカジノだけでなくオンラインギャンブルが盛んで、スポーツベッティング(スポーツ賭博)にも客足が逃げているようです。

日本がカジノを建設するにあたって地域型カジノもしくはクラスター型カジノどちらで進めていくかは十分に議論されるべき事項です。外国人だけをターゲットにするのか、日本国民もターゲットにするかでもまた戦略は変わってくることでしょう。先例に学び是非日本にあい、かつ海外にもあうモデルを模索してもらいたいものです。

↓カジノの面白さを知るにはまずはスマホで無料プレイ♪↓