CONTACT

中国人富裕層はカンボジアのカジノで遊んでいた!!

 

マカオのVIPカジノ仲介業者、カンボジアへ進出相次ぐ=中国富裕層を送客_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

カジノ仲介業ライセンス数をマカオ政府が発表したとありますが、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

カジノ仲介業は政府下のもとで行われるライセンス業のようですね。

カジノ仲介業者(以下:ジャンケット)に関する報道は悪い報道ばかりが取り上げられていたこととマネーロンダリングの間接的原因であることから、違法業だと勝手に思っていました。

報道の波に見事に騙されていましたね…

そのジャンケットのライセンス数が2011年以来で最小となったようです。2012年にカジノライセンスが対外的に解放され、ジャンケットのライセンス数もカジノの成長と同じように右肩上がりで増えていっていたのでしょう。

マカオ政府博彩監察協調局が公表した2015年のカジノ仲介業ライセンス数は183となり、2011年以来で最少となった。

中国中央政府が対外的に賭博行為に中国人を誘致することを禁止する旨を改めて伝えました。これにより中国中央政府の監視下にあるマカオのカジノを訪れる中国人観光客は実質的に減少。息を潜めていたのかと思いきや、ジャンケットがカンボジアへ中国人客を誘致しているようです。

マカオのVIPカジノ仲介業者、カンボジアへ進出相次ぐ=中国富裕層を送客_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース 2

カンボジアの首都プノンペンでカジノ施設「ナガワールド」を運営するナガコープ社は今後積極的にジャンケットとの契約を結び、一気に中国人富裕層を取り込みたい考えのようです。カンボジアはまだ発展途上国であるため、こういった行為もある程度無視できるのでしょう。しかしながら中国としては人民元流出を防ぐことが命題ですから、いずれカンボジアに対しても中国からちくりとお咎めを受けるのでは?と思います。

【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)※無料

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)※無料

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150210-00010001-macau-cn

真面目にやり始めました。

<<お問い合わせはこちら>>

友だち追加

──────────────────────────────────────

コメントを残す

Translate