CONTACT

マカオ=カジノという図式はもう古い?

 

マカオ、ギャンブル目当ての旅客は全体の4分の1=観光・レジャー要素の拡充進む_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

収入の多角化を進めるマカオですが、
意外な数字が明らかになりました。

マカオを訪れる観光客の内、
カジノ目当ての客は全体の4分の1にすぎないようです。

マカオは経済の多角化を進めていますが、
思ったよりも進んでいる印象を受けました。

マカオ=カジノ
という図式が崩れてきている様子です。

しかしながら、
マカオでは新規IR施設の建設予定、
開業予定が進行中です。

実はカジノ飽和状態にあるのではないか?とも思えるのですが、
マカオは今後もカジノを中心としたIR施設の建設を進めるのでしょうか?

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:マカオ、ギャンブル目当ての旅客は全体の4分の1=観光・レジャー要素の拡充進む(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151222-00010000-macau-cn、マカオ新聞)


CONTACT

ディーラーロボットが実現する未来の形とは??

 

香港カジノ機器製造大手がディーラーロボット開発=米国市場でデビュー計画_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

香港のカジノ機器製造大手がディーラーロボットの開発を進めているようです。

ディーラーロボットの実現によりメリット、デメリットが考えられます。

人為的なミスや不正を防げることになるというメリットが考えられますが、
無機質なゲームになるという弊害も考えられます。

行き過ぎるとただのパチンコやパチスロと
変わらなくなってしまうのではないでしょうか?

ディーラーロボット…
実際にお客さんの反応を見てみないと
良し悪しを判断するには早すぎるかもしれませんが、
どこまで受け入れられるかが非常に不透明といえるでしょう。

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:香港カジノ機器製造大手がディーラーロボット開発=米国市場でデビュー計画(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151221-00010001-macau-cn、マカオ新聞)


CONTACT

エッフェル塔のレプリカもお目見え!パリジャンマカオの開業が決定

 

マカオの大型IRパリジャン、16年9月開業へ=米LVSアデルソン会長明かす_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

パリをイメージした大型IR施設パリジャンマカオの開業が
2016年9月と決まったようです。

元々は2015年末の開業を予定していましたが、
マカオのカジノ環境の悪化により、
開業予定を延期、そして2016年9月に決定とのこと。

運営元はサンズチャイナ社で、
テーブル認可希望台数を450台としているようです。

大型IR施設パリジャンマカオの開業によって、
3000室の客室数も確保されるようです。

カジノだけに頼らないIR施設の運営によって、
さらなる成長を見込むようです。

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:マカオの大型IRパリジャン、16年9月開業へ=米LVSアデルソン会長明かす(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151219-00010000-macau-cn、マカオ新聞)


CONTACT

マカオの税収に占めるカジノの割合が6割に下落

 

カジノ業が約6割占める=2014年マカオ産業統計公表_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

マカオの税収に占めカジノの割合が減っているようです。

労働人口の8割がカジノ関連業従事者というマカオですが、
マカオのカジノの売り上げはマカオの総売り上げの内、
60%がカジノ関連事業からの売り上げということです。

この数字は前年度から約5%減少した数字であるといい、
マカオのカジノの売り上げが減少していることを顕著に表した数字です。

マカオのカジノに関しては中国本土の影響をもろに受けることが実情にあり、
中国の贅沢禁止令やマカオへの渡航制限が影響をきたしています。

ご存知の通り、マカオの屋台骨はカジノです。
カジノ業をいかにして新しい事業と融合させていくか、
協業させていくかに大きな焦点をあてるべきです。

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:カジノ業が約6割占める=2014年マカオ産業統計公表(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160121-00010001-macau-cn、マカオ新聞)


CONTACT

官民あげてのギャンブル依存症対策

 

マカオ初の賭博依存24時間ホットライン、開設後1年半で3千人が利用_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

マカオでは官民あげてのギャンブル依存症対策が行われているようです。

「賭博依存24時間ホットライン」というものを作り、
賭博依存の受け皿を作っているようです。

開設1年半で3000人もの方々の相談をうけているようで、
今後も利用の輪が広がることを期待します。

日本は作らないんですかね?
それとも存在はするけど周知徹底がなされていないだけなのでしょうか?

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:マカオ初の賭博依存24時間ホットライン、開設後1年半で3千人が利用(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151212-00010000-macau-cn、マカオ新聞)


CONTACT
Translate