CONTACT

マカオ=カジノという図式はもう古い?

 

マカオ、ギャンブル目当ての旅客は全体の4分の1=観光・レジャー要素の拡充進む_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

収入の多角化を進めるマカオですが、
意外な数字が明らかになりました。

マカオを訪れる観光客の内、
カジノ目当ての客は全体の4分の1にすぎないようです。

マカオは経済の多角化を進めていますが、
思ったよりも進んでいる印象を受けました。

マカオ=カジノ
という図式が崩れてきている様子です。

しかしながら、
マカオでは新規IR施設の建設予定、
開業予定が進行中です。

実はカジノ飽和状態にあるのではないか?とも思えるのですが、
マカオは今後もカジノを中心としたIR施設の建設を進めるのでしょうか?

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:マカオ、ギャンブル目当ての旅客は全体の4分の1=観光・レジャー要素の拡充進む(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151222-00010000-macau-cn、マカオ新聞)

真面目にやり始めました。

<<お問い合わせはこちら>>

友だち追加

──────────────────────────────────────

コメントを残す

Translate