s_empirecasino

解決策→カジノ法成立で暴力団が狙う“裏口参入”

闇金、イカサマ、ジャンケット、違法カジノ、、、

これら違法行為がなぜなくならないか。それはデメリットを上回る大きなメリットがあるからです。

もちろん反社会的勢力のメリットとは”金”です。

これまで色んな論を聞いてきました。

闇金は歴史も古くビジネスモデルが確立されていることから、新規参入企業も後を絶たない事でしょう。
イカサマに関してはディーラーの買収が最も可能性としても高く被害も大きくなるのではないでしょうか。
ジャンケットに関しては信用上のものですので、資格制を導入し国家資格にでもすれば良いと思います。
違法カジノに関しても闇金同様従来からあるビジネスであり、摘発のニュースを見かけるものの違法カジノの噂は後を断ちません。

これまでは闇金に対しては摘発を厳しくすること。
イカサマに関しては契約でガチガチに固めること。
ジャンケットに関しては資格化すること。
違法カジノに関しても摘発を厳しくすること。
これらを提案してきました。

しかしながらここ数年で世の中のお金のあり方、お金に対する考え方が世界規模で変わってきています。
本当に数年前まではコンビニでクレジットカードを使うと店員さんにもいやそうな目で見られました。
ところがたった数年でコンビニでのクレジットカード利用はもちろんのこと接触型カード、非接触型カードが利用できるまでになっています。
お金が信頼の数の等価であるという段階を経て、お金はただの数字と捉える世代が増えてきているのも生活している中で感じる事が多くなっていることかと思います。

私はこれは非常に大きな変化であり、これまでのマネーロンダリングなどといった問題も解決できる大きなムーブメントだと考えています。

なぜならいわゆる”フィアット”と言われる、手で触れて確かめることだけにメリットがある現金を廃止の流れが進んでいます。
現金を世界的に廃止すればどうでしょう?つまり全世界のお金という数値をネット上で全て管理できるようにするわけです。
これが可能になれば全てのお金の流れは可視化され、マネーロンダリングも困難になります。

これは数年前には想像も提唱もできませんでした。
しかしながらポイント経済圏の拡大ならびにカード派の台頭により、より簡単にお金に対する接し方、あり方を変化させる機会が目の前に広がっていると考えます。

もちろん反対派は裏取引をしているような人間達です。
闇金、イカサマ、ジャンケット、違法カジノこれらを根本的に消滅させることができます。
まず警察官と暴力団の関係が切れます。
例えオフラインで会うにも現金が存在しない世の中では賄賂も全てネット上で監視されます。

割と本気で現金をなくせば世の中の多くの犯罪組織は壊滅すると思っています。
その時代に備え、世界は、日本は何をすべきか。

サイバーセキュリティー、セキュリティー、ハッカーの養成をとっくの昔に始めるべきです。
日本政府は冗談なのかなんなのか分かりませんが国防のセキュリティ代表者を年収数千万円程度で募集しているという記事を見ました。
日本は本当にセキュリティへの意識が低いとつくづく思わされました。

司法取引を行い、ハッカー集団を作るべきだと個人的に思います。
現金がなくなった世界ではデジタルの数字が全てですから。

今の日本政府にそれが期待できますか?
ddos攻撃でお手上げでしょうね。

裏カジノを巡って暴力団員逮捕

違法カジノ店の経営などを巡って暴力団関係者間でトラブルがあったようです。

指定暴力団山口組系「兼一会」幹部、須田真光容疑者(40)に加え兼一会組員計5名が逮捕されたのこと。

違法カジノ店の経営を巡っては暴力団が背景にあると言ってきましたが、店舗摘発時には裏にいる暴力団関係までを捜査すべきとしていました。

それとは違う形で今回違法カジノ店と暴力団の関係が明らかになったことは非常に大きなニュースであると感じます。

なぜなら違法カジノといった裏ビジネスを開業させるためには、金主と運転資金がないと始まりません。
そこにはお金を持ち、かつ裏の社会で力を持つ存在が必ずいます。
もちろん暴力団とは関係のない形で始めたとしても、そこには同業者から話が周り、暴力団と関係を持たざるを得なくなると考えられます。

今回暴力団関係者が違法カジノ店の経営を巡ってトラブルに発展することで違法カジノ店が摘発されるという形になりましたが、この事件により暴力団の違法カジノの経営システムを把握することが可能になり、主にどういった組が違法カジノに積極的に関与しているのか、違法カジノ店を巡る暴力団の力関係図も見えてくることでしょう。

本事件を通して暴力団の収入源となっている裏カジノの一斉摘発および、運転資金の凍結が行われることを望みます。
暴力団は歴史を振り返れば悪い面だけでなく良い面もありましたが、現在の暴力団は時代に置いていかれましたね。

違法カジノ急増中!!オンラインカジノも注意!!

違法カジノが急増中のようです。

パチンコ屋さんのように簡単に儲けることができて、
パソコンさえあれば違法カジノ店は簡単に店を開くことができることが要因だと思います。

問題はオンラインカジノに関して法整備が整っていないことです。
日本では建前上は公営ギャンブルしか認められていないため、
オンラインカジノを客に提供することは賭博開帳図利罪に当たります。
いわゆる違法カジノはオンラインカジノからの収益ではなく、
遊技者からの手数料やカジノで遊ぶための資金からマージンなどを得ています。

オンラインカジノで遊ぶことですら賭博罪に当たり違法であると指摘されたことがありましたが、
自宅での個人的な趣味でオンラインカジノを遊ぶことは2017年1月の判決にて無罪であることが判例として出ています。

簡単にまとめると、
オンラインカジノを提供している店などで遊ぶことは違法、
オンラインカジノを個人的に利用する場合はオッケーということです。

しかしオンラインカジノはオッケーだからという理由で、
良く調べもせずにあるオンラインカジノを選択すると痛い目に会う可能性があります。

例えば過去の例では高額賞金獲得者が出金をしようとすると拒否されるなどのオンラインカジノも実際に存在しました。
そういったオンラインカジノは遅かれ早かれ廃業に向かうのですが、
実際にお金を賭けて遊んでいるプレーヤーにとっては、冗談ではすみません。

そういったことが無いように本サイトでは実際に利用しているオンラインカジノの紹介しかしていません。
「広告料を払うから、うちの000カジノを紹介してください。」と言われても必ず検証してから広告の可否を決めます。
実際に検証によって10社以上のオンラインカジノに広告掲載のお断りをしてきています。
結果を見ると現在はなくなっている、日本からクレームが殺到しているオンラインカジノが多数あります。

参考リンク:2014年「信用できないオンラインカジノ一覧」

信用できないオンラインカジノ一覧

 

日本人は日常的に英語を使うことが多くないと思います。
最近ではほとんどのオンラインカジノが日本語に対応していることを売りにして
日本市場に入ってきますが、実際に検証してみるとクレームなどはほとんど通じません。
普段ゲームを楽しむためだけなら問題はありませんが、
いざ実際に出金をしようとした時にトラブルが発生すると英語でのやりとりは非常に不利です。

私自身も出金時になって急に期限を決められたり、身分証を提示させられたりと、
最悪の場合は泣き寝入りしたこともあります。

そういったケースを防ぐためにも必ず日本人担当者を間に挟み、
各オンラインカジノの日本人担当者とは密に連絡をとるように努めています。
過去に金銭問題を経験しているため私の場合は日本人担当者を間に挟めないオンラインカジノは利用しません。

オンラインカジノを紹介している会社などは数百、数千はあると思いますが、
必ず日本人担当者がいるオンラインカジノを利用すること、
もしくは日本人担当者とアポイントメントを取れるオンラインカジノを利用することをおすすめします。

本サイトで紹介しているオンラインカジノに関しては日本人担当者とつながっていますので、
万が一トラブルになった場合はforyourcasinolife[@]gmail.comに連絡をいただければと思います。

↓スマホやbitcoinにも対応しているオンラインカジノはこちら↓

違法カジノ店の経理担当、稲葉将也容疑者(37)を逮捕

一年間で20億円の売上をあげていた違法カジノ店の経理担当者、稲葉将也容疑者(37)が自首したようです。

大阪ミナミで違法カジノ店が摘発されたこの事件に絡んで51人目の逮捕者ということです。

違法カジノ店の摘発は後を断ちません。

一年間で億を超える金額を稼いで逮捕されても売上金が残るので金銭的メリットの方が大きいと考えてしまうのでしょう。

お金に目がくらみ実際に大金が入り込んでくるとそういった罪悪感も薄れていってしまうのでしょうか。

↓スマホやbitcoinにも対応しているオンラインカジノはこちら↓

「野球賭博問題」さらなる実態解明を!

野球賭博、巨人の笠原・松本竜投手も関与 NPB発表:朝日新聞デジタル

「賭博行為の禁止および暴力団員等との交際禁止」という、野球協約180条というものがあるらしく、今回の賭博行為は違反行為にあたり、1年または無期の失格処分となる。とのこと。

そして福田聡志(ふくださとし)投手だけでなく、笠原将生(かさはらしょうき)投手、松本竜也(まつもとりゅうや)投手も野球賭博に関与していたとして名前があがっています。

福田投手の携帯記録のデータ復元により関連が明かになった模様です。さらに笠原投手は別の胴元とも野球賭博を行っていたようで、さらなる関与の広がりがあるかもしれません。

福田投手と笠原投手に至っては麻雀、バカラでも賭博行為を行っていたようです。麻雀であれば2人だけということはありませんし、バカラも賭博行為を指摘されているのであれば国内の違法カジノにて行われた可能性もあります。

どこまで解明が進むかはわかりませんが、野球賭博だけでなく、マージャン、違法カジノなど関連する人物がまだまだ現れてきそうな気配が漂っていると思いませんか?

巨人投手が関わった?「バカラ賭博」とは 広がる疑惑_(朝日新聞デジタル)_-_Yahoo_ニュース

1969ー1970年に全20選手が絡んだ賭博事件、「黒い霧事件」以来の野球界での賭博行為の露呈。黒い霧事件では20名の選手が永久追放処分となったとのこと。

今回の件は現在のところでは巨人軍の3選手しか明るみに出されていませんが、今後操作の手が広まるにつれて、野球界にとどまらない可能性もあります。

野球賭博、巨人の笠原・松本竜投手も関与 NPB発表:朝日新聞デジタル

どれほど野球界が腐っているのか。一度全てを明るみに出す方が時代に沿っているのではないでしょうか。

↓スマホでRPG型カジノ♪クレジットカードも使えます!↓

参考記事:野球賭博、巨人の笠原・松本竜投手も関与 NPB発表(http://www.asahi.com/articles/ASHBP3SX3HBPUTQP00D.html?ref=yahoo、朝日新聞デジタル)、巨人投手が関わった?「バカラ賭博」とは 広がる疑惑(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151022-00000020-asahi-soci、朝日新聞デジタル)


s_empirecasino