ビットコインオンラインカジノ

韓国で後を絶たない違法オンラインカジノの存在

_朝鮮日報日本語版__【社説】急拡大する韓国のオンラインカジノ市場、対策急げ_(朝鮮日報日本語版)_-_Yahoo_ニュース

韓国では違法オンラインカジノが乱立しているようです。

通常オンラインカジノはオンラインカジノの運営許可を政府から取って、
認可の上で運営することが国際的な流れとなっています。

韓国人はそれすら無視して違法オンラインカジノを作り、
手っ取り早く収益をあげているようです。

日本でいう違法カジノ店のようなものですね。

手っ取り早く収益をあげて、
逮捕されても釈放された時にお金がたんまり残っていればいいと考え
違法行為に手を染めるのでしょう。

問題点はオンラインカジノの認可を取らずに運営を行っていたことです。

私たちもオンラインカジノを利用する時にはライセンス、
認可をはっきりと取得しているオンラインカジノを選ぶように気をつけましょう。

ちなみにオンラインカジノドリーマーで紹介しているオンラインカジノは全て認可取得済みですのでご安心ください。

↓RPG型オンラインカジノができるのはカジ旅だけ↓

参考記事:(朝鮮日報日本語版) 【社説】急拡大する韓国のオンラインカジノ市場、対策急げ(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151026-00001368-chosun-kr、朝鮮日報日本語版)

ギャラクシーエンターテイメントグループの写真などを利用したオンラインゲーミングサイトに注意!!

マカオカジノ大手ギャラクシー、偽オンラインカジノサイトに注意呼びかけ_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

オンラインカジノはマカオにおいて非合法な存在だそうです。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

マカオでカジノを運営するギャラクシーエンターテイメントグループが、

同社の名称、登録商標、写真などを盗用した偽のオンラインゲーミングサイトに対して法的措置を講じる準備を進めている。オンラインカジノはマカオにおいて非合法の存在であるとの認識で、同社といかなるオンラインカジノ、オンラインベッティングサイトは一切無関係であるとし、消費者に対して誤認しないよう注意を呼びかけた。

と注意喚起を行っているとのことです。オンラインカジノ運営業者がまるでギャラクシーエンターテイメントと関わりを持つかのようにサイトを作り、安心感を持たせ、集客を行っているのでしょう。

オンラインカジノはきちんとライセンスが発行されているものでなければ存在自体が違法です。当サイトでは私が利用しているオンラインカジノしか紹介していません。もちろん海外で非合法なものを利用するような危険をおかしたくないので、ライセンスの発行元を確認した上で利用しています。本サイトでおすすめしていないオンラインカジノを利用する時にはライセンスの発行元をきちんと確かめましょう。ちなみにですが、違法操業を行っているオンラインカジノはライセンス自体も偽造している可能性がありますので、実際には個人で調べ上げるのは困難でしょう。

とりあえず、ギャラクシーエンターテイメントグループを名乗るオンラインカジノは詐欺ですから利用しないようにしましょう。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150319-00010001-macau-cn

カジノ運営業者メルコクラウンが香港での上場廃止へ。

マカオカジノ大手メルコクラウン、香港上場廃止へ=コスト削減理由_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

メルコクラウンが香港証券取引所メインボードでの上場を廃止するとの話が流れていましたが、遂に決まったようですね。あれ?どっかで聞いた事あるなと思ったら、

参考記事:メルコクラウンエンターテイメントが香港証券取引所での上場廃止を検討。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

以前は検討中だったようですね。まぁ検討の時点で発表しているんですから廃止の方向に進みますよね。マカオでカジノのライセンスを保有する6社で唯一の上場廃止。理由はメリットが少ない割に、上場を維持するコストがかかりすぎるとか。それなら経営陣の判断が非常に優れていると言えるでしょう。裏で何があるのかはさておき。

上場廃止することになってメルコクラウン社の株はどう扱われたんでしょうね。そこの方が気になりますね。紙くずとして消えてたりして。笑

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150305-00010000-macau-cn

オンラインカジノの合法性

オンラインカジノ運営側の合法性
オンラインカジノは、世界各国や地域の政府から発行されたライセンスを取得して合法的に運営されています。

オンラインカジノ運営会社がこのライセンスを取得するためには、厳しい審査、監督を受ける必要があります。

ライセンスを取得した後は、オンラインカジノのゲームがネット上で誰もがプレイできるようになります。

例えば、 ジブラルタル政府のライセンスを得たなら、ジブラルタルのサーバ上でゲームを提供し、
世界中のプレイヤーがそこにアクセスして遊ぶことになります。

>>>運営許可・ライセンスに関する詳しい情報はこちら

オンラインカジノプレイヤー側の合法性
世界では私達個人がオンラインカジノでプレイすることを認めている国が80カ国以上にのぼります。

反対に、「オンラインカジノをプレイしてはいけない」という法律を明確に作っている国は一つもありません。

例外として、クレジットカードなどの決済会社に対して、オンラインカジノへの入金を取り扱ってはいけないという法律がある国もあります。

しかし、これは会社を取り締まる法律であり、個人にあてはまる法律ではありません。

ですので、そういった国でもギャンブルを全面的に非合法としている国でない限り、プレイヤー個人を摘発することはできないと言うのが現状です。

日本では、海外サイトでの決済にクレジットカードは使いにくいというのが実際ですが、法律的に禁止されているわけではありません。

>>>日本では、クレジットカードによるオンラインカジノへの入金は実際には難しいのが現実です。

日本に関してもう少し詳しく紹介すると、日本では他の多くの国同様オンラインカジノに関する具体的な法律がない状態です。

オンラインカジノへの入金を規制する法律もなければプレイしてはいけないという法律もありません。

例えば、日本人が海外旅行に行ったときなどに現地のカジノでプレイするのと同じような扱いと考えてもらえればよいかと思います。

私達プレイヤー側を取り締まる法律がなくても運営側が合法的なライセンスを取得している以上、プレイすることが法的に問題があると言うことはできません。

世界各国政府の動きとしては、 正式にオンラインカジノを認めて、運営会社から税金の徴収を行うという方向に向かっているようです。

日本でもオンラインカジノに関する議論が進み、政界と同じように明確な法律ができると良いですね。

オンラインカジノを運営するには

オンラインカジノを運営するには、資金さえあればいいというわけではありません。

運営するには政府が発行する正式なライセンスを取得する必要があります。

>>>ライセンスの詳しい情報についてはこちら

ライセンスを取得したオンラインカジノ運営会社は、ゲームやデータをライセンス発行元の国にあるサーバーへ預ける必要があります。

世界中のプレイヤーはサーバー上のゲームにネット上でアクセスしてプレイすることになります。

また、オンラインカジノは運営会社一社だけで全てを行うことはできません。

オンラインカジノを提供する会社、ゲームを提供する会社、入金・出金を行う決済会社などが協力し合って運営されます。

その他にもオンラインカジノが不正などをせずに、プレイヤーに公平・公正なゲームを提供しているかを監査する監査会社も運営に携わっています。

いくつもの会社が信頼を提供しあうことで私達プレイヤーは安心してプレイすることができるのです。


ビットコインオンラインカジノ