ビットコインオンラインカジノ

オンラインカジノの合法性

オンラインカジノ運営側の合法性
オンラインカジノは、世界各国や地域の政府から発行されたライセンスを取得して合法的に運営されています。

オンラインカジノ運営会社がこのライセンスを取得するためには、厳しい審査、監督を受ける必要があります。

ライセンスを取得した後は、オンラインカジノのゲームがネット上で誰もがプレイできるようになります。

例えば、 ジブラルタル政府のライセンスを得たなら、ジブラルタルのサーバ上でゲームを提供し、
世界中のプレイヤーがそこにアクセスして遊ぶことになります。

>>>運営許可・ライセンスに関する詳しい情報はこちら

オンラインカジノプレイヤー側の合法性
世界では私達個人がオンラインカジノでプレイすることを認めている国が80カ国以上にのぼります。

反対に、「オンラインカジノをプレイしてはいけない」という法律を明確に作っている国は一つもありません。

例外として、クレジットカードなどの決済会社に対して、オンラインカジノへの入金を取り扱ってはいけないという法律がある国もあります。

しかし、これは会社を取り締まる法律であり、個人にあてはまる法律ではありません。

ですので、そういった国でもギャンブルを全面的に非合法としている国でない限り、プレイヤー個人を摘発することはできないと言うのが現状です。

日本では、海外サイトでの決済にクレジットカードは使いにくいというのが実際ですが、法律的に禁止されているわけではありません。

>>>日本では、クレジットカードによるオンラインカジノへの入金は実際には難しいのが現実です。

日本に関してもう少し詳しく紹介すると、日本では他の多くの国同様オンラインカジノに関する具体的な法律がない状態です。

オンラインカジノへの入金を規制する法律もなければプレイしてはいけないという法律もありません。

例えば、日本人が海外旅行に行ったときなどに現地のカジノでプレイするのと同じような扱いと考えてもらえればよいかと思います。

私達プレイヤー側を取り締まる法律がなくても運営側が合法的なライセンスを取得している以上、プレイすることが法的に問題があると言うことはできません。

世界各国政府の動きとしては、 正式にオンラインカジノを認めて、運営会社から税金の徴収を行うという方向に向かっているようです。

日本でもオンラインカジノに関する議論が進み、政界と同じように明確な法律ができると良いですね。

──────────────────────────────────────

管理人よりコメント

  1. Pingback: オンラインカジノドリーマー » Blog Archive » そもそもオンラインカジノってなに??

コメントを残す