s_empirecasino

フィリピン政府は観光客誘致や外貨獲得を目的に3カ所のカジノ施設増設を計画中

フィリピンに2カ所目のカジノリゾート 総額12億ドル、11月開業_(SankeiBiz)_-_Yahoo_ニュース

フィリピンでは2カ所目となるカジノ付き統合型リゾート「シティオブドリームス」が11月中に開業するとの報道が流れました。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

フィリピンで2カ所目となるカジノ付き統合リゾートが始動する。フィリピンのカジノ運営会社プレミアム・レジャーによると、同社がカジノ営業権を取得したマニラ湾沿岸地帯に建設中の「シティ・オブ・ドリームス」が11月中に開業する見通しだ。現地紙インクワイアラーなどが報じた。

さらにフィリピンは同地区に計4カ所のカジノを最終的には開業することを目指しています。

フィリピンに2カ所目のカジノリゾート 総額12億ドル、11月開業_(SankeiBiz)_-_Yahoo_ニュース 2

昨年3月に開業した「ソレイユ・リゾート・アンド・カジノ」、今年11月に開業予定の「シティ・オブ・ドリームス」、「マニラ・ベイ・リゾーツ」が2015年、「ベイショア・シティ・リゾーツ・ワールド」が18年計4つのカジノ付き統合型リゾートの開発が行われています。

スイス金融大手クレディスイスの試算によると18年には東南アジア内でシンガポールを上回り首位に立つとの見方も示しています。

フィリピン政府は観光客誘致、外貨目的を目的として計画的に観光立国化を目指しています。

カジノ運営の管理などを行うフィリピン・アミューズメント・アンド・ゲーミング公社は、エンターテインメント・シティの集客力が貢献し、同国のカジノ収入は13年の22億ドルから19年には3倍以上となる70億ドルに達すると自信をみせる。

との発言もあり、フィリピンは今後ますます注目を集めていくことでしょう。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141008-00000018-fsi-bus_all

──────────────────────────────────────

コメントを残す