s_empirecasino

統合型リゾート(カジノ)は日本にとって不必要なのか?

統合型リゾートというビジネスは、どうして成熟国の大都市向けではないのか?_-_冷泉彰彦_プリンストン発_日本/アメリカ_新時代_(ニューズウィーク日本版)_-_Yahoo_ニュース

統合型リゾートは大都市向けではないという記事を見かけました。

↓オンラインカジノはジャックポットがどんどん出てるここから!↓
カジノ初心者には日本語でわかりやすいワイルドジャングルカジノをおすすめしています。

統合型リゾートは何もないところに作るから意味があるということだそうです。

日本はカジノ自体の存在がないため、世界の富裕層がついでに大金を落とせるところがないという弱みを持っています。

確かに伝統技術や日本にしかないものを作ると言う点では世界に誇るものを沢山持っていますが、その技術が金銭的な価値として正しく受け取られているかは別問題です。

ですから、私は中途半端なカジノを作るのではなく、日本の伝統や美意識を活かしたリゾート施設作りをすすめるべきだと考えています。

「カジノ」という外側だけを見て考えると、日本に必要ないものと言う人間も出てきますが、カジノを含め、商業施設には日本の強みを含ませることができるはずです。

例えばですが、壁の中に西陣織を貼ってもいいと思いますし、京友禅を取り入れてもいいと思いませんか?

富裕層向けのビジネスだと考えれば、店内の食器は日本の伝統産業で培われてきた焼き物を取り入れ、それを買う事ができる仕組を作れば日本にしかできない魅力的な場所と変わるのではないでしょうか?

ただ単に「リゾート施設が1つ増える」というこれまでの発想ではなく、リゾート施設に日本の文化をどれだけ仕込めるか、そしてお金を生めるようにできるか?という視点に立って前向きに議論を進めてもらいたいものです。

↓オンラインカジノはジャックポットがどんどん出てるここから!↓
カジノ初心者には日本語でわかりやすいワイルドジャングルカジノをおすすめしています。

──────────────────────────────────────

コメントを残す