CONTACT

ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター(水舞間)リハーサル中の事故当日も公演

 

ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター(水舞間)

マカオのカジノ、シティーオブドリームズマカオ内で公演されいる、
ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーターで
リハーサル中に事故があったようです。

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

キャストが6mの高さからプールに飛び込む時に負傷したようで、
臀部に麻痺症状などを訴えているとのことです。

日本なら、公演を見合わせるかもしれません。

同じことが本番で起きる可能性があります。

人的ミスなら、
公演内容を省略するなどの対処が必要でしょう。

しかし、
事故当日も公演は行われ、
スケジュール通りに上演されたようです。

マカオカジノザハウスオブダンシングウォーター水舞間事故女性キャスト1名負傷マカオ新聞

写真で見てもアクロバティックなこのショーは、
シルク・ドゥ・ソレイユの「O(オー)」の演出を手がけた、
世界的演出家フランコ・ドラゴーヌ氏の手が入った、
シティー・オブ・ドリームズ・マカオでしか見れない特別なショーです。
※「O(オー)」はラスベガスのベラージオホテルのみで開催。

4年と8ヶ月で320万人を動員しています。

ライオンキング日本公演総入場者数1,000万人達成劇団四季16年4ヶ月9849回公演

個人的に日本で
エンターテインメントショーと言えば、
ライオンキング。

劇団四季の発表によると、
16年4ヶ月、9849回の公演で1,000万人突破。

ライオンキングもなかなかの数字であることがわかります。

ターゲットが全く違うので、
なんとも言えませんが。

劇団四季の「ライオンキング」は
日本語で日本人に向けて行っています。

それに対して、
「ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」は、
言葉を使わず、身体だけで魅せる演技を行います。
大型の舞台装置を利用するという点でも趣を殊にします。

私がかってに比較に持ち出しといてあれですが、
ライオンキングに行ったことがある人間からすると
単価は低く、それでも満足度はそこまで得られません。

ですので、
世代を超えて共有されていくかと言えば、
私は疑問を感じます。

一方のザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーターは、
世代を超えて共有されていくものでしょう。

肉体での表現を武器としているからです。

とても大きく話はずれましたが、
日本は「歌舞伎」や「能」と言った
伝統芸能を広げていくべきでしょう。

※無料プレゼント「ルーレットのルールと勝ち方」(PDFファイル)

※無料プレゼント「ブラックジャックのルールと勝ち方」(PDFファイル)

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150511-00010000-macau-cn(マカオのIR施設で上演の有名ショー、リハーサル中の事故で女性キャスト1名負傷、マカオ新聞)、http://www.shiki.jp/navi/news/renewinfo/026336.html(『ライオンキング』日本公演、総入場者数1,000万人を達成しました!、劇団四季)

真面目にやり始めました。

<<お問い合わせはこちら>>

友だち追加

──────────────────────────────────────

コメントを残す

Translate