2015年クレジットカード市場の未来

応援クリックしていただけると励みになります↓
最近人気のオンラインギャンブルや投資情報もわかります!
オンラインギャンブルブログランキング
→ お金儲けブログランキング

Card_and_Mobile_Payment_Industry_Statistics___The_Nilson_Report_Chart_of_the_Month

※「THE NILSON REPORT(ニルソンレポート)」による2014年の年間カード利用割合です。

クレジットカードに関する記事を書きます。

世界では日本が発行する「JCB」の利用金額の割合って
1%にしか過ぎないって知っていました?

人口ピラミッド世界の人口2015

世界の人口は73億人。
73億人の1%は7300万人。

世界の人口よりもカード保有人口は絶対的に少ないので、
その半分としても3650万人。

この数字って大きくないですか?
人口をそのまま数字にしてしまえばいいわけです。

クレジットで流通する世界のお金の1%をJCBが握っているわけです。

日本の人口は1億人ですので、
使用額としては非常に大きな数字だと思います。

それを考えると、
VISA、
MASTER CARD
が以下に巨大か…

Card_and_Mobile_Payment_Industry_Statistics___The_Nilson_Report_Chart_of_the_Month 2

ちなみにですが、
2014年、2009年、2004年のデータを比較すると、
クレジットカードが世界の決済市場で利用される額は、
5年間で約50%の上昇、
10年間で約100%の上昇となっています。

クレジット>デビッド>プリペイド
となるごとに、
カード会社のリスクは小さくなるわけですが、
デビッドカード、プリペイドカードの利用額も増加しています。

カード会社のリスクが小さくなると共に、
利用者の使えるお金の限界が狭まっていきます。

悪い言い方をすれば、
プリペイドカードは信用がない人間用のカードなわけです。

もちろん、
現金を比較対象に入れずに言っています。

このグラフは単にカードの使用額の増加を示すだけでなく、
世界でお金を流通させることが容易になっていること、
人やモノ、サービスを流通させることが
容易になっていることを示しています。

purchasetransactionsonglobalcards2012

VISA、MSTER CARDの市場支配が
進んでいることを示すデータです。

世界で利用しやすいカードが利用者を増やしていくわけです。
世界で利用しやすい通貨が価値を高めていくことと同じです。

信用が生まれるわけです。

かつては金と交換できる唯一の通貨がドルでした。

アメリカが金を支配し、
ドルが基軸通貨としてIMF(国際通貨基金)を支えていました。

その座を譲ってしまったのがニクソン・ショックと言われるやつです。
ドルが基軸通貨としての絶対的な立場を譲ることになったきっかけです。

VISAカードは今、
カード業界の基軸通貨の座を狙えるわけです。

一気に勝負に出ていることでしょう。

2012年のデータと比較すると、
2014年に市場シェアの拡大に成功しているのが、
Visa、UnionPay、Diners。

UnionPayは
銀聯カード(ギンレンカード、ユニオンペイ)
と呼ばれるやつです。

unionpay_-_Google_検索

中国人が利用しているイメージが強いです。

そしてDiners。

今後の行方としては、
以下の視点で見ていくことができます。

・VISAがどこまで市場シェアを占めるか
・Unionpayの利用金額の推移
・Dinersが縮小していくか?

もう一つ伝えたいことは、
Amexはもう死んでいること。

もはやステータスカード。

金(Gold)>ステータス>クレジット>デビッド>プリペイド

あなたが持っているカードがある意味、
社会的信用度の尺度になります。

利用しやすさと、
社会的信用が比較するか?
というと必ずしもそうではないので、
自分が利用しやすいものを利用するべきです。

あまり社会的信用を求めても意味がない
ことも頭に入れておきましょう。

金持ちからすれば、
金(Gold)持ってればいいんです。

★応援クリックしていただけると励みになります↓
最近人気のオンラインギャンブルや投資情報もわかります!

オンラインギャンブルブログランキング
→ お金儲けブログランキング

☆☆☆カジノで勝つためのお得情報を無料でプレゼントしています☆☆☆
お得情報を無料で受け取りたい方はこちら↓

クリックして、PDFファイルをダウンロードしておけばいつでも読めます!
※無料プレゼント「ルーレットのルールと勝ち方」(PDFファイル)
※無料プレゼント「ブラックジャックのルールと勝ち方」(PDFファイル)

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

★ 管理人のフェイスブックはコチラ↓
→ 管理人のフェイスブック(友達&フォロー大歓迎です!)

FACEBOOK

記事参考元:http://www.nilsonreport.com/(ニクソンレポート)、http://populationpyramid.net/ja/(世界の人口ピラミッド2015)、https://www.google.co.jp/search?q=unionpay(UnionPay、google)、http://ja.wikipedia.org/wiki/(ニクソンショック、wikipedia)

久しぶりに趣向の違う「エンパイアカジノ」が登場!!

エンパイアカジノ_–_ライブカジノ、スロット、テーブルゲーム、ポーカー、オンライン・ベッティングカジノ、668カジノ

これまでですね、ソフトウェアの性質上他のカジノで遊んでいてもあまり変わらないという理由で一つのオンラインカジノだけで遊ぶ人って多かったと思います。

↓↓スマホ・クレカ対応!ライブベットが充実!!最強のオンラインカジノ「エンパイアカジノ」!!↓

ソフトウェアという観点から見ると、ワイルドジャングルカジノとジパングカジノは全く同じソフトウェアを使っています。だから私はジパングカジノも良いと知っているんですが、ワイルドジャングルカジノの方がジャックポットが出るという理由でワイルドジャングルカジノを積極的に推しています。

だからこそ、私のサイトではワイルドジャングルカジノとソフトウェアの異なる、ベラジョンカジノやインターカジノを推してきたわけです。さらに言えばモバイル対応というだけで人気が強いため、ベラジョンカジノ、スピンパレスカジノと言った、モバイル対応のオンラインカジノがランキングに上位してきました。

で、今回紹介できることになったエンパイアカジノというのは、

・様々なソフトウェア(GAMEPLAY、BBIN、Ezugi、AsiaGaming)
・クレジットカード利用可能(VISA、MasterCard)
・モバイル対応
・圧倒的なライブディーラーの充実(1ゲーム1ドルからベット可能!)
・実際にカジノを運営する企業が提供するサービス

です。つまり、これまでのオンラインカジノ業界に全く新しい風が吹くことになります。なぜならこれまで実際にカジノを運営する企業がオンラインカジノに参画することはなかったからですね。

しかし、オンラインカジノの市場の拡大と将来を考えた時にオンラインカジノに参画する方が有利だと判断したのでしょう。

登録も簡単に済むので、非常におすすめです!特にバカラが好きな人や、ライブディーラーが好きな人におすすめです!!

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!ライブベットが充実!!最強のオンラインカジノ「エンパイアカジノ」!!↓


記事参考元:http://race.sanspo.com/ranking/top/news-r.html