s_empirecasino

MGMリゾーツ・インターナショナルが村田諒太選手のスポンサーに

ミドル級初防衛を果たした村田諒太選手のスポンサーとして高級ホテルやカジノを展開する総合エンターテインメント会社「MGMリゾーツ・インターナショナル」が契約を結びました。

日本人選手としては初となるスポンサー契約とのことです。

基本的にガードを固めながら接近し、ワンツーしか出さない村田選手ですが、
パンチの種類を増やしてまだまだ実力をつけていって欲しいものです。

パワーだけが魅力な選手は自分よりパワーに勝る相手と勝負した時に何もできません。

確かに実力は上がっているので、今後より魅力的な試合を見せてくれることを期待します。

↓スマホやbitcoinにも対応しているオンラインカジノはこちら↓

カジノ業界がメディアの実権を握れる程巨大に!!

マカオカジノ王ファミリー香港テレビ局免許入札マカオ新聞

マカオのカジノ王の家族が
香港のテレビ局の免許入札に参加するようです。

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

マカオのカジノ王と言えば、
SJMグループのスタンレー・ホー氏です。
※SJMグループとは中国資本のカジノグループ

今回香港のテレビ局を放映する免許の入札を表明したのは、
スタンレー・ホー氏の娘に当たる、
パンジー・ホー氏。

パンジー・ホー氏は
香港の海運・不動産開発大手シュンタックホールディングス社長、
マカオのカジノIR施設MGMマカオを傘下に持つ
MGMチャイナホールディングス共同会長を務めています。
※MGMチャイナホールディングスの親会社はMGMリゾーツ・インターナショナル(51%の株式保有)
※MGMリゾーツ・インターナショナルとはアメリカ資本の統合型リゾート運営会社

※旧名MGMミラージュがMGMリゾーツ・インターナショナルに社名変更(2010年)
※旧名MGMミラージュはMGMグランデとミラージュ・リゾーツの合併により設立(2000年)

MGMとは「メトロ・ゴールドウィン・メイヤー」のことで
アメリカの巨大マスメディア企業です。

しかしながら現MGMリゾーツ・インターナショナルは
ソニーが主導するコンソーシアム(企業連合)にマスメディア部門を売却しており、
資本上の提携関係はないとされています。

私が怪訝に感じたのが
元を辿ればアメリカ資本である
MGMリゾーツ・インターナショナルのグループ会社の
共同会長を務める人間に

香港政府のメディアを握らせるか?

ということです。

SJMグループ会長の娘にあたるパンジー・ホー氏は
そういった面から見ると、
アメリカと中国に板挟みになっている状態とも言えます。

中国は情報規制・報道規制が行われていることで有名ですが、
放映権を獲得した時には、
香港で24時間のニュース番組を放映したいと明言しています。

このニュースの中身が
中国中央政府からの圧力に屈するようでは意味がありません。

そう考えると、
パンジー・ホー氏の後ろ盾として
アメリカのMGMというマスメディア企業が絡んでくる可能性、
アメリカの意向が強く反映されている可能性もあります。

香港メディアの放送局事業免許を
パンジー・ホー氏が絡んでいる
フォーエバー・トップ・アジア社が狙っているわけですが、
FOREVER TOP (ASIA) LIMITEDは香港企業です。

FOREVER_TOP__ASIA__LIMITED_永升_亞洲_有限公司InformationHongKongCompany香港企業

設立が2015年1月9日と非常に新しいことが気にかかります。

マスメディアを手放した経験のあるMGMグループの意向が
どこまで絡んでいるのかが個人的に興味があります。

まずは入札が公平に行われることを願いたいです。

※無料プレゼント「ルーレットのルールと勝ち方」(PDFファイル)

※無料プレゼント「ブラックジャックのルールと勝ち方」(PDFファイル)

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150422-00000015-cnippou-kr(マカオのカジノ王ファミリー、香港のテレビ局免許に入札へ=ニュース専門局開設目指す、マカオ新聞)、http://jp.wsj.com/layout/set/article/content/view/full/231007(MGMチャイナのIPO、香港証券取引所からいまだに承認得られず、WSJ)、http://www.hkcompany.org/co.php?id=2190128(FOREVER TOP (ASIA) LIMITED、永升(亞洲)有限公司、HONG KONG COMPANY LIST)

カジノ大手、アメリカのMGMリゾーツ・インターナショナルが五輪前にホテル先行開業を検討

五輪前に「ホテル先行開業」 米MGMリゾーツ・インターナショナル_(産経新聞)_-_Yahoo_ニュース

カジノ大手、アメリカのMGMリゾーツ・インターナショナルが五輪前にホテル先行開業を検討との報道が流れました。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

東京には高級ホテルが足りないと指摘されているようで、東京としても高級ホテルの誘致を進めたい模様です。

厚生労働省によると東京都内のホテル客室数は9万7879室(昨年3月末時点)で、五輪までに1割程度増える見通し。だが、政府は五輪イヤーの20年に訪日外国人2千万人の目標を掲げており、最高級ホテルの客室不足が指摘されている。

現東京都知事である舛添都知事はカジノに対して否定的な立場を取っています。舛添都知事は「東京五輪の成功」をカジノなしで成し遂げ、東京五輪後の東京の活性化もカジノなしで行おうと考えています。

MGMのジェームス・ムーレンCEOは東京五輪の成功に対して理解を示しながら、東京五輪後の東京でのカジノ開業に向けて視野を広げているようです。

MGMは横浜、大阪への出資も表明しており、東京も選択肢の一つとして忘れてはいけないのでしょう。お台場カジノ構想についても企業連合で進めるという可能性も持っているようです。やはり可能であればどこの業者も東京でのカジノ開業を求めているはずです。

時の東京都知事がどういった対応を取るかによってカジノを作ることができるかは、簡単に変えることができます。

次期都知事選時に、メディアがどういった報道を行うかで与党の考える東京の未来がわかるでしょう。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150320-00000094-san-bus_all


s_empirecasino