ビットコインオンラインカジノ

認知症予防にギャンブルが脚光を浴びるか?

認知症予防はギャンブルで? 日本で進む取り組み_(CNN_co_jp)_-_Yahoo_ニュース

認知症予防にギャンブルが役立てられるかもしれません。

既に老人ホームやデイケアセンターなどでは
ギャンブルをレクリエーションに取り入れているところがあります。

脳が刺激され、コミュニケーションも取れるため、
高齢者にとっても楽しみの一つとなっているようです。

2015年には兵庫県で高齢者向けに
ギャンブルを提供することを禁じる条例が可決されましたが、
それとは逆を行く形になります。

個人的には高齢者にギャンブルを提供することには大いに賛成です。
その理由は高齢者にとって良いと思うからです。

「ギャンブル」というと頭から否定する人たちがいることもわかりますが、
高齢者の立場にたって考えることも必要なのではないでしょうか?

私は高齢者にギャンブル、ゲームを提供する場所が増えることをねがいます。

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:認知症予防はギャンブルで? 日本で進む取り組み(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151231-35075649-cnn-int、CNN.co.jp)

高齢者にゲームを提供することは一概にダメと言えるか?

遊技提供の介護施設規制 兵庫県、神戸市「税金投入適さぬ」_(神戸新聞NEXT)_-_Yahoo_ニュース

兵庫県と神戸市がアミューズメント型介護施設、
カジノ型介護施設を規制する条例を制定しました。

ゲームをする時間が大半に上ることが問題とのこと。

しかしながら、
これまでカラオケなどが介護サービスとして提供されています。

カラオケは良くて、カジノゲームやパチンコは規制する
という判断基準はどこにあるのでしょうか?

どちらも頭の体操になり、
個人的には規制する対象にならないのではないかと思います。

問題は税金が入っていることという意見もあるようですが、
目的は高齢者のために介護サービスを提供することですので、
多少多めに見てもいいのではないかと思いますが、
兵庫県と神戸市は規制に走ったようです。

アミューズメントサービスを高齢者に提供する時に関して、
もう少し柔軟な考え方を持っていても良いとは思いませんか?

↓RPG型オンラインカジノができるのはカジ旅だけ↓

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:遊技提供の介護施設規制 兵庫県、神戸市「税金投入適さぬ」(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151124-00000001-kobenext-l28、神戸新聞NEXT)

「老人を賭博漬けにする気か!」

認知症予防カジノ介護事業所賛否

「老人を賭博漬けにする気か!」と賛否が起こるわけです。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

それは木を見て森を見ずの典型例です。

カジノサービスを提供する京都の介護事業所「ハートフル京都・羽束師デイサービスセンター」がレクリエーションゲームとしてカジノゲームを取り入れたようです。

手先と頭を使って認知症予防につなげようという考えのようです。

認知症は症状が出はじめると、加速度的に進みます。

本人はもちろん認知症を止めたいんでしょう。認めたくないのでしょう。

しかしながら外部からの刺激がなくなり、話相手がいなくなりといったお年寄りはぼけてしまいます。

大切な身内にもぼけている人がいます。

そんな私からするとカジノゲームをさせてあげたいな〜と思うわけです。

ネット環境ないんで、ゲーム機でも買ってあげようかな。

もちろんソフトも。

※プレゼント【ルーレットのマナーとルール】(PDFファイル)

※プレゼント【ブラックジャックのマナーとルール】(PDFファイル)

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150413-00000024-kyt-l26

高齢者にカジノさせてどーすんねん!笑

西武9・15「健康長寿!シニアデー」開催_(日刊スポーツ)_-_Yahoo_ニュース

アミューズメントカジノを高齢者にさせてどーすんねん!笑

子供に考えながらさせるならわかりますが、高齢者がやったところで、面白かったね〜で終わりでしょうがw

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


ビットコインオンラインカジノ