s_empirecasino

カジノ運営業者メルコクラウンが香港での上場廃止へ。

マカオカジノ大手メルコクラウン、香港上場廃止へ=コスト削減理由_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

メルコクラウンが香港証券取引所メインボードでの上場を廃止するとの話が流れていましたが、遂に決まったようですね。あれ?どっかで聞いた事あるなと思ったら、

参考記事:メルコクラウンエンターテイメントが香港証券取引所での上場廃止を検討。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

以前は検討中だったようですね。まぁ検討の時点で発表しているんですから廃止の方向に進みますよね。マカオでカジノのライセンスを保有する6社で唯一の上場廃止。理由はメリットが少ない割に、上場を維持するコストがかかりすぎるとか。それなら経営陣の判断が非常に優れていると言えるでしょう。裏で何があるのかはさておき。

上場廃止することになってメルコクラウン社の株はどう扱われたんでしょうね。そこの方が気になりますね。紙くずとして消えてたりして。笑

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150305-00010000-macau-cn

メルコクラウンエンターテイメントが香港証券取引所での上場廃止を検討。

Yahoo_ニュース_-_マカオのカジノ付きIR運営、MCEが香港上場廃止を計画=コスト削減理由_(マカオ新聞)

マカオでカジノ付き大型IR(統合型リゾート)施設シティオブドリームズなどを運営するメルコ・クラウン・エンターテイメントが香港証券取引所での上場廃止を検討しているようです。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

マカオのカジノ営業ライセンスを持つ(サブライセンス方式含む)6社は、いずれも香港証券取引所メインボードに上場している。このうち、上場廃止計画を明らかにしたのはMCLが初めて。

他のカジノ営業ライセンスを持つ企業が後追いするか注視する必要があります。NASDAQでの上場は引き続き行うものの、香港証券取引所での増資機会が少ないこと、維持費が高額であることを理由に、コスト削減の一環としての判断のようです。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150103-00010001-macau-cn

福島拠点のパチンコホール経営、ニラクが香港証券取引所に上場申請

Yahoo_ニュース_-_福島拠点のパチンコホール経営、ニラクが香港証取に上場申請=日本国内新店開業資金調達目的_(マカオ新聞)

パチンコ屋は依存症者の受け皿の確保のためにお金を使うべき。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

新規出店目的で香港証券取引所に上場申請し、資金調達を行おうとしているようです。

東北は震災後、ギャンブル依存症者が増えたと聞いています。新規出店ではなく、依存症者の対策にお金をかけることは考えないのでしょうか。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150101-00010003-macau-cn

マカオカジノ最大手SJMホールディングスが5%の賃上げならびに給与の1.5−2ヶ月分を生活支援の目的で支給。

Yahoo_ニュース_-_マカオのカジノ経済成長鈍化の中、最大手SJMが5_賃上げ発表=中長期的には展望明るいとの判断_(マカオ新聞)

マカオのカジノの売り上げは2014年6月から減少傾向が続いている中で、マカオカジノ最大手の

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

SJMホールディングスが5%の賃上げならびに給与の1.5−2ヶ月分を生活支援の目的で支給することを発表しました。

SJMホールディングスはVIP層への依存度が高い中、IR型施設を持たないため、舵取りが注視されています。

マカオはカジノだけでなく、IR型施設の発展を求めています。そんな中でIR型施設を持たないSJMホールディングスの今回の発表は意外なものとなりました。さらに言えば香港証券取引所での株価は2014年年初から50%以上低下しています。

しかしながらSJMホールディングスは、2017年の開業を目指してコタイ地区で大型IR施設「リスボアパレス」の建設を進めています。

中長期的なカジノおよびIR型施設の発展を目指してSJMホールディングスは従業員重視の経営を行っていく姿勢を見せています。

他のマカオで展開するカジノ関連企業がどのような対応を見せるかにも注目が集まります。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150101-00010002-macau-cn


s_empirecasino