ビットコインオンラインカジノ

日本の野球賭博事件はゴシップで済ましていい問題ではない。

【亜細亜野球事情】カジノで巨額賭けた3選手が代表から外れる…韓国球界大揺れ_(デイリースポーツ)_-_Yahoo_ニュース

韓国での野球選手が賭博行為に関わった事件が
「ここまでくれば単なるゴシップではない。」と記述されていますが、
賭博行為がゴシップ記事で済まされる可能性なんてあるのでしょうか?

記者も責任を負って記事を書くわけですよ。
何も無責任に人気選手や人気球団のバッシングを作り上げるわけなんかありませんよね?

私が最も違和感を感じたのは、
日本球界の賭博行為を日本国内のメディアはゴシップとして
なるべく小さな扱いで終わらせようとしているのでは?と疑念を抱いたからです。

韓国と日本ではそれぞれの賭博行為の規模が違うとされていますが、
重要な点は違法賭博行為があったかなかったのかだと私は思います。

つまり、
違法賭博行為が事実としてあったのであれば厳正に対応していくのが当然だと思いますし、
ゴシップ記事ではなく、一つの事件として徹底的に全容解明を進める事件だと私は考えています。

韓国も日本もプロ野球界は考え方が一般的な考え方と差があるように感じます。
団体に所属する人間が罪を起こしたのですから、
まず謝罪し、事実関係を確認したのち、再度会見を行い、事実を伝える。
これが普通の考えではないでしょうか?

私は日本シリーズが終わった後に、
日本プロ野球界の賭博問題が一掃に向けて捜査されることを願ってますけどね〜。

↓RPG型オンラインカジノができるのはカジ旅だけ↓

参考記事:【亜細亜野球事情】カジノで巨額賭けた3選手が代表から外れる…韓国球界大揺れ(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151027-00000040-dal-base、デイリースポーツ)

韓国で後を絶たない違法オンラインカジノの存在

_朝鮮日報日本語版__【社説】急拡大する韓国のオンラインカジノ市場、対策急げ_(朝鮮日報日本語版)_-_Yahoo_ニュース

韓国では違法オンラインカジノが乱立しているようです。

通常オンラインカジノはオンラインカジノの運営許可を政府から取って、
認可の上で運営することが国際的な流れとなっています。

韓国人はそれすら無視して違法オンラインカジノを作り、
手っ取り早く収益をあげているようです。

日本でいう違法カジノ店のようなものですね。

手っ取り早く収益をあげて、
逮捕されても釈放された時にお金がたんまり残っていればいいと考え
違法行為に手を染めるのでしょう。

問題点はオンラインカジノの認可を取らずに運営を行っていたことです。

私たちもオンラインカジノを利用する時にはライセンス、
認可をはっきりと取得しているオンラインカジノを選ぶように気をつけましょう。

ちなみにオンラインカジノドリーマーで紹介しているオンラインカジノは全て認可取得済みですのでご安心ください。

↓RPG型オンラインカジノができるのはカジ旅だけ↓

参考記事:(朝鮮日報日本語版) 【社説】急拡大する韓国のオンラインカジノ市場、対策急げ(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151026-00001368-chosun-kr、朝鮮日報日本語版)

国が違えば賭博行為の対処も違う。ここまで違ってもいいのか?

韓国プロ野球“サムスン選手の遠征賭博説”_KBO「推移を見守らなければならない」_(WoW_Korea)_-_Yahoo_ニュース

韓国の現役プロ野球選手が賭博行為に関与したとして、
日本のプロ野球連盟機構にあたる、
韓国野球委員会(KBO)が声明を発表するに至っています。

日本のプロ野球選手が賭博行為に関わった件に関しては巨人軍の陳謝のみ、
日本プロ野球連盟(NPB)が正式に今回の件に関して言及する行為は見られていません。

ここからは推測の域ですが、
日本のプロ野球連盟が声明を発表することになれば
国内の全球団、全選手に対して聴取を行うことが必要になるからだと考えられます。

つまり、
事件をあまり公にしすぎず、
巨人軍だけで問題解決にあたるべきだとの判断を下していると見て取れます。

韓国の野球界の方は全容解明に乗り出しているように見えますが、
日本の野球界はうやむやに終わらせようとしている様にも捉えることができます。

日本に住む側としては、
日本球界の将来も含めて考えていった上で、
現在日本のプロ野球界がどういった現状にあるのか、
プロ野球連盟機構が事実解明に乗り出して欲しいものです。

めんどくさいことは人任せ。

それが如実に反映されているのが現在の日本プロ野球界の実態とも言えるでしょう。

↓RPG型オンラインカジノができるのはカジ旅だけ↓

参考記事:韓国プロ野球“サムスン選手の遠征賭博説” KBO「推移を見守らなければならない」(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151016-00000074-wow-spo、WoW!Korea)

韓国野球界も賭博問題でゆれるゆれる

<野球>サムスン「賭博疑惑選手、韓国シリーズから除く」_(中央日報日本語版)_-_Yahoo_ニュース

日本プロ野球界は今、賭博問題でゆれていますが、
韓国の野球界も賭博行為が問題視され、
謝罪に追われています。

問題となっているのは韓国のサムスン・ライオンズの中軸選手3選手。

海外遠征先での賭博行為への参加などが問題視されているようです。

韓国プロ野球界のギャンブル規制についてはこちら

韓国では状況の把握を進めるとともに
選手の名前を明らかにすることを避けているようです。

日本の捜査方法や球団態度と韓国のそれらとの違いが見て取れます。

さらに韓国は事態を複雑にする要因があり、
それは「サムスン」が球団経営に携わっていることです。

サムスンが傾けば韓国という国が傾く
と言われているくらい触れられたくない会社です。

そのサムスンが運営する
サムスン・ライオンズが賭博問題で揺れています。

日本の某件と同じように
暴力団との関係も噂
されているようです。

国が変わっても野球選手がすることは同じなのでしょうか。

良くない内容のニュースなだけにいっそ野球界を丸ごと捜査してもらいたいと思います。

隠したいところは隠す。

そうやって問題を後回しにしてきた結果が謝罪に追われる日々を生んでいるのではないでしょうか。

↓スマホでRPG型カジノ♪クレジットカードも使えます!↓

参考記事:パチンコはただの「ギャンブル」(https://onlinecasinodreamer.com/?p=20772、オンラインカジノドリーマー)、<野球>サムスン「賭博疑惑選手、韓国シリーズから除く」(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151021-00000002-cnippou-kr、中央日報日本語版)、賭博疑惑で一部選手が韓国シリーズ出場停止、揺れる韓国王者サムスン(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151020-00000088-dal-base、デイリースポーツ)

MERSの事例に見る民度の低さ

MERS

↓クリックすると最新のオンラインギャンブルや投資情報の動向がわかります!↓
オンラインギャンブルブログランキング
→ お金儲けブログランキング

現在も感染の手を広めているMERS(Middle East respiratory syndrome、中東呼吸器症候群の病原体)。

現在の状況と、
各国の対応と情報の信憑性を見ていきたいと思います。

MERS東洋経済

そもそも現在のMERSは、
4から5月にサウジアラビアやバーレーンを旅行した、
60代の男性がMERSウイルスを韓国に持ち帰り広めたものです。

おそらくこの男性はMERSの感染に気付いたから
韓国に帰ったのではないか?
と私は感じます。

2015年5月30日現在の合計では、1149人感染(韓国12人を含む)、431人死亡。感染地域は2015年5月に韓国、中国に広がった。

MERSは2012年に初めて確認され、サウジアラビアやアラブ首長国連邦を中心に感染者が発生した。症状としては、38度を超す熱やせきが続く。世界保健機関(WHO)によると、感染者の死亡率は40%。飛沫や人との接触による感染が多いという。

2012年に初めてMERSが確認され、
収束に向かっていたと考えられていたところに
今回のMERSの感染・拡大が起こりました。

2013年5月下旬、WHOのチャン事務局長は、年次総会の締めくくりとなるスピーチで「現在私にとって最大の懸念は新型コロナウイルスである。一つの国だけで対処できるものではなく、全世界への脅威の一つである。」とした。治療方法、感染方法(つまり感染防止方法も)、宿主が全く分かっていないからである。2013年7月17日WHO緊急委員会は評価会合を開き、「感染拡大が懸念される状況ではないが、十分な警戒が必要である」との暫定的な評価をまとめた。

2013年5月下旬にWHOのチャン事務局長は、
MERSに対して懸念を表明していました。

チャン事務局長は香港出身の方です。

2015年に韓国国内でのMERSの発症以降、
香港に広がりを見せています。

チャン事務局長が、
2年前の2013年にMERSに対する懸念を
WHO事務局長という立場にありながら発言していたことから、

今回の件は韓国が一国で責任を負わざるを得ない状況に陥ることでしょう。

さて、
2015年各国のMERSに対する初動並びに対応状況を見ていきましょう。

メディアから対応の不備を突かれた際、朴大統領は「マニュアルどおりに対処したが、結果的には初動対応に弱点があった」と発言し、国民から反発を食らった。その後も「打ち勝つという意志があれば、ひどい病魔も克服できる」と発言。「病は気から」、という非科学的な発言で責任逃れをしていると、国民はあきれ返っている。

私は既に起こってしまったことは仕方がないと考えるタイプです。

そして学び、二度と同じことを起こさないように改善する。

韓国政府はマニュアルのずさんさを認識し、
非科学的に「病は気から」的な発言をしたことから、
韓国政府にはMERSを収束させる能力はないと判断すべきでしょう。

韓国大統領は立場を考えて発言すべきです。

MERS日本の対応

さらに日本にもMERS感染者が6人入国しています。

韓国政府のMERSの流行を念頭においた上での出国検査を行っていたのか?

という疑問と、

日本政府の入国審査のずさんさ

も頭にちらつきます。

今回のケースは、
「思いもよらぬところから発症したケース」
かもしれませんが、
日本国政府は早急に
最善の手を打つべきであったのは間違いありません。

アジア近隣諸国を見ると、

マカオMERSへの対応

マカオはMERSに対する対応レベルを引き上げ、
韓国への不急不要の渡航を自粛するよう呼びかけています。

マカオ政府衛生局は8日午後6時、韓国におけるMERSの感染拡大を受け、MERSに対する警戒レベルを「戒備(=警戒)」から「高度戒備(=高度警戒)」に引き上げたことを発表

さらに、

マカオ韓国MERS

マカオ政府は先手先手で手を打っています。

ただし詳細記事を追っていくと、
韓国からの渡航者は受け入れるようで、

韓国政府側の出国時のMERS感染者への対応に、
判断を委ねざるを得ない面を残している
ように感じます。

米国ビザ発給不可システム障害

そしてアメリカはビザの発給ができない状況にあるようです。

システム上のエラーと言うことですが、
この流れで読むとアメリカが何を嫌がっているのか?
ということが伝わってきます。

★もしよかったらブログランキングのクリックにご協力ください。
★↓クリックすると最近人気のオンラインギャンブルや投資情報がわかります!↓
オンラインギャンブルブログランキング
→ お金儲けブログランキング

☆☆☆カジノで勝つためのお得情報を無料でプレゼントしています☆☆☆
無料でお得情報を受け取りたい方はこちら↓

クリックして、PDFファイルをダウンロードしておけばいつでも読めます!
※無料プレゼント「ルーレットのルールと勝ち方」(PDFファイル)
※無料プレゼント「ブラックジャックのルールと勝ち方」(PDFファイル)

↓スマホの方はこちらで無料プレイ♪↓

↓「無料モニター体験ができる!!」オンラインカジノ!↓

★ 管理人のフェイスブックはコチラ↓
→ 管理人のフェイスブック(友達&フォロー大歓迎です!)

FACEBOOK

参考記事:韓国社会の”病根”がMERS禍の拡大を招いた(http://toyokeizai.net/articles/-/73500?page=2,東洋経済);MERS監視対象者、計6人が日本に入国=官房長官(http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0OY0P320150618#8,REUTERS);MERSコロナウイルス(https://ja.wikipedia.org/,wikipedia);マカオ警察、韓国でのMERS深刻化受け防疫対応力強化図る=感染者搬送演習実施(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150619-00010005-macau-cn,マカオ新聞);マカオ政府観光局、韓国で今夏開催予定の旅客誘致イベント見送りへ=MERS感染拡大で(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150608-00010003-macau-cn,マカオ新聞);米国でビザ発給できず システムに障害(http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150621-00000012-nnn-int,NNN)


ビットコインオンラインカジノ