ビットコインオンラインカジノ

Uber、Airbnbが叩く資本主義社会という橋の限界

反ウーバーデモが暴徒化タクシー運転手が道路封鎖仏

このニュースを聞いてどう思いますか?

Uber(ウーバー)という配車アプリのせいで、
タクシー運転手たちが収入を減らし、
抗議し、
デモが暴徒化してしまったというセンセーショナルな事件です。

Uber

私は悪いのは暴徒化した側だと考えます。

資本主義経済の中で「お金」が上位にいる限り、
雇用が守られる保証なんてありません。

日本にいると分かりにくいかもしれませんが、
雇用なんてものは会社を潰した瞬間に株主に対する責任しか負う必要がありません。

それが日本人の多くが働いている「株式会社」です。

Airbnbエアビーアンドビーエアビーエヌビー

「ウーバー」と良く並列して語られるのが「エアービーアンドビー」です。

「エアービーアンドビー(エアービーエヌビー)」は宿提供アプリです。

どちらもただのマッチングサイトです。

何もしなくても世界中の人間からお金を取ってきた人間たちの業務を潰すとして、
マッチングサイトに潰されるタクシー会社なり、宿泊業が抵抗しているわけです。

しかしながら、
消費者が求めているのは選択肢です。

無駄に高いサービスを必要としない時の方が圧倒的に多いわけです。

しかも。

「ウーバー」などのマッチングサイトは手数料が明快であり、
評価が明快であることからサービスの質が自然と向上していく傾向にあります。

今後、
詐欺まがいのアプリがこれまで以上に増える可能性は十分ありますが、
ウーバー、エアービーエヌビーは間違いなく消費者に求められています。

さてどちらが自由な資本主義社会の姿を反映しているか。

自明ですね。

記事参考元:反「ウーバー」デモが暴徒化、タクシー運転手が道路封鎖 仏(http://www.afpbb.com/articles/-/3052775?pid=16074204,AFP通信社)

「儲かるからやった」

応援クリックしていただけると励みになります↓
最近人気のオンラインギャンブルや投資情報もわかります!
オンラインギャンブルブログランキング
→ お金儲けブログランキング

SPICE横浜バカラ賭博店摘発詳細

「儲かるからやった」

横浜のバカラ賭博店「SPICE(スパイス)」が摘発されました。

情報の詳細が分かったので紹介します。

2015年5月4日(木)の産経新聞によると、
横浜市中区伊勢佐木町の違法カジノ店「SPICE(スパイス)」。

逮捕されたのは経営者、
横浜市旭区に籍を置く、
中村崇嗣容疑者(35)
従業員の男、
33から37歳の4人。

さらに摘発時に店にいた
20代から50代の男女9人を
賭博容疑で任意同行したようです。

3月下旬に開業し、
24時間営業鉄の扉やシャッターで店を閉ざし、
防犯カメラで客を確認していたとのこと。

売り上げは1日300万円以上。

1億7000万円ほど、お金が動いたと警察は見ているようです。

「儲かるからやった」

まさにその通りでしょう。

バカラ台を購入して、
従業員を一人雇えばできるわけです。
1日300万円売り上げをあげられるなら、
一ヶ月で9000万円。
もし1年持たせることができれば、
10億8000万円。

賭博開帳図利罪で捕まった時の法令は、以下の通り。

賭博開帳図利(とり)罪

刑法186条は、賭博場を開き、人を集めて賭博による利益を図った者は、3カ月以上5年以下の懲役に処すると定めている。主に胴元の取り締まりに適用される。同条は、繰り返し賭けをしたと認められる者を対象にした常習賭博罪も規定し、罰則は3年以下の懲役。賭博をした者には刑法185条の賭博罪が適用され、50万円以下の罰金または科料に処される。
(2011-01-26 朝日新聞 夕刊 1総合)

5年以下の懲役。

仮に10億まるまるプライベートバンクに流せれば、
5年でも準備していていた期間を含めても、
年収1億円以上

「儲かるからやった」

資本主義社会と日本の社会の歪みを示す恒例でしょう。

法律が古すぎるんです。

そもそも外国人が作った日本国憲法です。

★応援クリックしていただけると励みになります↓
最近人気のオンラインギャンブルや投資情報もわかります!

オンラインギャンブルブログランキング
→ お金儲けブログランキング

☆☆☆カジノで勝つためのお得情報を無料でプレゼントしています☆☆☆
お得情報を無料で受け取りたい方はこちら↓

クリックして、PDFファイルをダウンロードしておけばいつでも読めます!
※無料プレゼント「ルーレットのルールと勝ち方」(PDFファイル)
※無料プレゼント「ブラックジャックのルールと勝ち方」(PDFファイル)

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

★ 管理人のフェイスブックはコチラ↓
→ 管理人のフェイスブック(友達&フォロー大歓迎です!)

FACEBOOK

記事参考元:https://kotobank.jp/word/(賭博開帳図利(とり)罪、朝日新聞掲載「キーワード」の解説)、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150514-00000051-san-l14(バカラ賭博容疑で経営者ら5人逮捕 横浜・伊勢佐木町、産経新聞)、http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150514-00000018-jnn-soci(横浜でバカラ賭博店摘発、経営者ら5人逮捕、TBS系JNN)、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150514-00001008-kana-l14(カジノ店摘発 5容疑者逮捕、カナロコby神奈川新聞)

資本主義社会の中で、いくら赤字を出してもマカオのカジノは潰れない。

ギャラクシーマカオ、シティオブドリームズを運営する友権グループホールディングス売り上げ71パーセント大幅減少

ギャラクシーマカオやシティオブドリームズで
VIPゲーミングプロモーター(VIP専門ジャンケット)業を営む
友権(ヤオクン)グループホールディングス。

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

2015年度4月の売り上げが
前年同月比71パーセントの大幅減少となったようです。

ACDLホーチャム・ストリップ・プロジェクトニューシティーキャピタル

「BUSINESS WIRE」と言う経済情報メディアでも
ヤオクングループホールディングスは過去に好意的に報じられています。

カジノ仲介業者であるジャンケットに対して、
私は否定的な意見を持っていました。

ジャンケットとはプロモーターと同義語と考えると、
ジャンケットも悪くない存在です。
考えを改めます。

「カジノの売り上げが大幅に減少となっている」

とのことですが、
世界に視野を広げると、
決して市場が小さくなっていることではない
という事実が分かります。

中国富裕層豪州VIPカジノ市場を席巻マカオ新聞澳門新聞

その原因は明らかで、
中国の領土であるマカオから
外国へ行く人間が増えているからです。
中国中央政府の監視の厳しくないところへ、
きちんとビザを取って行っているのでしょう。

オーストラリアとマカオの両方でカジノを運営している
カジノ運営会社クラウンリゾーツ社の数字によると、

オーストラリア(クラウン・メルボルン)での
VIPカジノ売り上げは86%の上昇

マカオ(メルコ・クラウン・エンターテインメント、
傘下にシティ・オブ・ドリームズなどを有する。)での
VIPカジノの売り上げは42%の減少

となっているようです。

明らかにマカオのVIP層が
オーストラリアに流れています。

メルコ・クラウン・エンターテインメントは
ローレンス・ホー氏
(スタンレー・ホー氏、「マカオのカジノ王」の息子)
とオーストラリアのカジノ王、
ジェームズ・パッカー氏と共に作られた会社です。

ホー一族は中国資本と分類されるSJMグループ、
そしてメルコクラウン・エンターテインメント、
MGMチャイナなどに関与するなど、
マカオのカジノ事業の発展に多大なる恩恵をもたらしています。

ちなみに日本のプロボクサー井岡一翔と一時期話題になった、
カジノオーナーの娘と言っていたソンミさんは、
SJMグループの傘下のカジノの一つ、
カムペックカジノのオーナーという立ち位置です。

日本でもソンミさんの社長令嬢ぶりが取り上げられ、
話題になっていました。

それを考えると、
カジノ王一族は想像を絶する富を
持て余しているのでしょう。

結局カジノに限らず、
運営する側に富が集中するように
資本主義社会はできているわけです。

カジノを潰すことはマカオ政府が許しません。

カジノが潰れでもしたら中国が揺らぎ、
人民元の海外流出につながるのが容易に想像できるからです。

皮肉にもマカオのカジノは安泰です。

※無料プレゼント「ルーレットのルールと勝ち方」(PDFファイル)

※無料プレゼント「ブラックジャックのルールと勝ち方」(PDFファイル)

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150510-00010000-macau-cn(マカオVIPカジノ大手の友権G、4月ローリングチップ売上71%減、マカオ新聞)、http://www.macaushimbun.com/news?id=9279(中国富裕層、豪州VIPカジノ市場を席巻=マカオから転戦、、マカオ新聞)、http://blog.livedoor.jp/macaucasinonews/archives/42450450.html(ローレンス・ホー氏、マカオの長期的見通しに自信―フィリピンやロシアのカジノプロジェクトはマカオと競合しない、ライブドアブログ)、http://www.businesswire.com/news/home/20140717005741/en/ADDING-REPLACING-ACDL-Adds-Investor-Ho-Tram#.VVCca9Ptmko(ADDING and REPLACING ACDL Adds New Investor to Ho Tram Strip Project、BUSINESS WIRE)

ピケティ論争はなぜこうも早く終焉したか?

「投資も恋愛と同じ、単純なことで問題は解決する」“ピケティ論争”を作家・石田衣良が斬る!【後編】_(週プレNEWS)_-_Yahoo_ニュース

資本主義社会はカジノだという作家の石田衣良氏。この話題が出ているのも、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

ピケティ論争が一瞬ブームになったからなんですが、富裕層にとって有利に作られている資本主義国である日本ではさっそうとピケティの話はなかったことにされていますね。

困るのは金持ちですからね。しかも金の儲け方を知らない金持ちが困るわけです。言ってみれば自分の力でお金を作り出す手段を知らない金持ちですね。相続でもらったお金や地位を利用している人間です。そして彼らは一人残らず既得権益者です。

さらに言うと、一部の既得権益者によって成り立っている日本でピケティの話なんて潰した方が都合がいいに決まっています。

話が脱線しましたが、作家の石田衣良氏は資本主義社会をカジノに例えています。石田衣良氏は自身の小説のヒットによって財をなした、稼ぎ方を知っている人間です。ですからピケティの話に対しても正面からインタビューを受けられるわけです。カジノというと実力と運に支配されるイメージが強いですが、確かに資本主義社会はカジノのようなものかもしれません。

資本主義国の象徴であるアメリカでの成功を「アメリカンドリーム」と呼ぶようにカジノと例えるにも納得がいきます。

ピケティ論争の終焉しかり、資本主義国のあり方しかり、貧乏人が何も知らないまま損をするというシステムは終わりそうにありません。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150302-00044239-playboyz-soci

パチンコに見る資本主義社会の恐ろしさ

Yahoo_ニュース_-_日本のパチンコ業界、海外に熱い視線-香港IPOや業務提携狙う_(ウォール・ストリート・ジャーナル)

パチンコ業界が海外市場に活路を見いだそうとしているようです。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

パチンコと言えば日本ではギャンブルとして認めておらず、グレーゾーンのもと存在し続けているものです。

日本のどこに行ってもパチンコがある。そしてその客層を見ると失礼ですが、あまり良いとは言えません。

パチンコ業界が海外で同じ様な光景を生み出そうとしているのかと思うと残念に思います。

日本でさえ煙たがられているものを日本発信で海外に市場を見いだそうとしているわけです。まずは日本での法整備をきちんと行ってからでしょう。

資本主義社会の中で生きていくためとは言え、あまり良いニュースではないですね。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀で実際に勝ってるやついる?」

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141203-00008023-wsj-bus_all


ビットコインオンラインカジノ