ビットコインオンラインカジノ

安倍首相の観光立国政策がきちんと結果を出していました笑

観光韓日戦、苦い逆転負け(2)_(中央日報日本語版)_-_Yahoo_ニュース

韓国は中国人観光客で賑わっているのかと思いきや、
日本の方が観光客で賑わっているようです。

日本が何をしたか?

それは安倍首相の功績によるところが大きいようです。

「ショッピングツーリズム」というものを掲げ、
日本でお金を使ってもらいやすくするための
仕組みづくりを行ってきたということです。

現実的な数字の変化として、
免税店の数が3年ほどで4.5倍に膨れ上がり、
2013年に初めて1000万人を突破した観光客数が、
2015年には2000万人を突破する勢いだそうです。

確かに安倍首相は日本国内だけでなく、
世界から日本にお金を集めることを
国際舞台でも明言してきているように感じます。

それがこういった数字として結果となって
残ってきているのではないでしょうか?

日本は観光立国化に向けて、
東南アジア諸国と比べまだまだ遅れていると私は感じています。

具体的な数値目標、具体案を持って、
観光客の増加を見据えた
日本の成長案を描いていってもらいたいと思います。

↓RPG型オンラインカジノができるのはカジ旅だけ↓

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:観光韓日戦、苦い逆転負け(2)(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151105-00000007-cnippou-kr、中央日報日本語版)

少しマカオの歴史的価値が認識されてきた様子

旧正月連休7日間、中国本土旅客のマカオ出入境126万人_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

旧正月にマカオを訪れた訪問客の数はマカオの出入境者数の半分以上を中国本土からの人間が占めることになったようです。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

観光名所として知られるマカオ半島の旧市街地中心のセナド広場周辺に大勢の旅客が集中したため、2月21日から4日間連続で歩行者通行規制が敷かれた。また、イミグレーションとカジノ・IR施設の間を往来するシャトルバスやタクシー乗り場でも長蛇の列となる混雑状態が続いた。

マカオ半島の旧市街地中心のセナド広場周辺に大勢の旅客が集中するなど、マカオのカジノ目当ての観光客の割合は減ってきているのかもしれません。元々はポルトガル領であり、貿易で栄えていたマカオですが、その歴史的背景や歴史的景観を知りたいと思う観光者の割合が増えているのでしょう。

またスタープラネットにもマカオは取り上げられていますので、中国本土からの観光客に限らず世界中から観光客が来ていたのかもしれません。旧正月にかぶせて海外に行くのは気をつけないといけないですね。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150225-00010002-macau-cn

マカオの不法滞在者の9割超が中国本土出身者。カジノが人を集めるだけが理由か?

Yahoo_ニュース_-_【マカオ】上期の不法滞在者3_7万人_9割超が中国本土出身_(マカオ新聞)

上期の不法滞在者3.7万人 9割超が中国本土出身

と言う記事が流れましたが、

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

その背景は中国本土よりもマカオの方が金になるからでしょう。何もカジノに入り浸っている内に不法滞在になっているなんてことは起きないでしょう。

マカオの人口63万人の国に中国本土からの旅行客が1600万人にも上る事から、人が集まり、売り上げを上げやすいであろうことが想像つきます。中国本土からの観光客の主目的はカジノでしょうから、カジノの前でモノ売ってりゃ買ってくれる人に当ることも多いはずです。

裏を返せば中国ではあまりモノが売れていないのかもしれません。貧困の差が激しいと言われる中国国内の状況は私達が想像しているよりもはるかにひどいものかもしれませんね。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141111-00010003-macau-cn

タバコより中毒性が低いと言われる大麻がアメリカの2州で合法化。観光産業特需に沸く。

Yahoo_ニュース_-_米国、大麻で盛り上がる観光産業_(ナショナルジオグラフィック_公式日本語サイト)

タバコよりも中毒性が低いと言われる大麻。

コロラド州ともう一つの大麻合法州であるワシントン州へ押し寄せる観光客の数が急増しており、新たな観光産業を盛り上げている。旅行者も楽しめて、州政府にも豊かな税収入をもたらす大麻観光だ。コロラド州では、大麻使用を許可している施設を検索できる「TravelTHC」なるサイトまで存在する。

日本では大麻草の栽培すら禁じられていますが、アメリカでは大麻合法化の流れが起きているようです。アメリカで大麻が合法化されているのはコロラド州とワシントン州の2州。周辺の州では大麻が禁じられているため、近隣州の住民などはコロラド州やワシントン州につめかけたり、大麻体験ツアーが組まれたりと観光産業が特需に沸いているようです。

日本では大阪にカジノを作ると言った時にお隣の兵庫県知事が文句を言ってきましたね。大阪でお金を落とさせるのがいやなんでしょう。アメリカでは他州もこの流れに乗り、大麻合法化の流れに乗ると見られています。これはアメリカでカジノが広がっていった時と同じで、これにより同業者同士の食いつぶしになるのではと問題視されています。しかしながら大麻による税収はアメリカで2015~2017年の間に5120万ドルの税収が見込まれるということで大きな財源となることは間違いないでしょう。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141022-00000004-natiogeog-int

自然との調和を図った『北海道型カジノ』をアピール

<外国人観光客>昨年度過去最多 北海道、受け入れ態勢整備_(毎日新聞)_-_Yahoo_ニュース

昨年度、北海道を訪れた外国人観光客の数が過去最多となったそうです。これを受け北海道は通訳者の育成をはじめ、

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

海外旅行者を受け入れる準備をはかりたい見通しのようです。北海道は人口が減少傾向にある中で海外からすると魅力がある土地なのでしょう。

北海道は観光誘致の手を緩める事はなく、北海道内へのカジノ誘致も積極的に行っています。北海道のアピールポイントは自然との調和を図った北海道型カジノ。

構想としては素晴らしいですが、いざ実現するとなると中々壁が多そうです。道内の人口減少はそのまま人材の減少につながりますから、人材確保だけでも四苦八苦することになるかもしれません。

しかし、個人的には北海道は非常に魅力があると思っています。自然の幸に恵まれ、料理も美味しく、本州とは異なる文化が残っています。北海道が若い者から見ても魅力的な土地として映り、住んでる人間が誇りを持てるような環境整備が進めば、北海道は国外からの外国人観光客のみならず、国内からの観光客の集客も成功すると考えています。がんばれ北海道!!

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141015-00000056-mai-soci


ビットコインオンラインカジノ