s_empirecasino

安倍内閣中にパチンコ業界の規制が進むか?

パチンコ業界に冬の時代がやってきつつある~強まる規制に生き残れるのか?_児玉克哉__-_個人_-_Yahoo_ニュース

パチンコの規制が厳しくなってきているようです。

具体的な内容は参考記事を読んでいただければ分かりますが、
ギャンブル性が低くなる方向へと規制が進んでいるようです。

パチンコは民営の娯楽・遊戯とされています。
ギャンブル性の排除は必然と言えるでしょう。

パチンコの歴史は戦前へと遡るらしく、
これまで暗黙の了解とされてきた面が多々あるようです。
それが規制が進まない一因とも言えるでしょう。

しかしながら、
カジノ合法化に向けて、
ギャンブル依存症問題が取り沙汰される中で、
パチンコが無視されるまま問題解決が進むとは考えられません。

このような観点からもパチンコ業界への圧力は強まることでしょう。
パチンコが民営でありながら
換金行為が可能な「ギャンブル」であることは以前から指摘されていることです。

時代と共にどう変わっていくことでしょう。
パチンコ業界は時代に逆らうことができなくなることでしょう。

↓RPG型オンラインカジノができるのはカジ旅だけ↓

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:パチンコ業界に冬の時代がやってきつつある~強まる規制に生き残れるのか?(http://bylines.news.yahoo.co.jp/kodamakatsuya/20151113-00051404/、児玉克哉)

カジノを風営法の中でどう位置づけるか。候補地の選定には熟慮を。

Yahoo_ニュース_-_(深層カジノ:下)韓国、炭鉱の町一変 税収増、一方「ホームレス」も_(朝日新聞デジタル)

韓国の話ですが、カジノを作るにあたって、再開発地区として指定された地域では小学校の移転などが余儀なくされているようです。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

カジノ好きな方にはおなじみの江原ランド。ここも再開発地区としてカジノが作られた地域だそうです。治安悪化により、小学校周辺にはモーテルが立ち並び、違法風俗行為や質屋なども存在するようです。

日本にカジノができるとなった時に候補地としてあげられているのが大阪、沖縄、横浜。大阪に関しては余っている土地夢洲(ゆめしま)を利用するということで位置から都市計画をすすめることができます。ですが、沖縄、横浜に関しては海外観光客の利便性を第一に考えた場合、既にある程度環境が整ったところ、例えば観光地周辺にカジノを含む統合型リゾート施設を作る公算が大きいと言えます。

沖縄は元から違法風俗店の存在が黙認されている状態にあり、横浜に関しても規制が行き届いていない所があるでしょう。

統合型リゾート施設を外国人観光客に向けてアピールしていく姿勢は大切ですが既にあるものや人に配慮する形で候補地を絞り込んでいく必要がありそうですね。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141018-00000015-asahik-soci

カジノの規制厳重化と共に既存ギャンブルへの規制厳重化も必要

シンガポールが実行する自国民へのカジノ制限とは_(エコノミックニュース)_-_Yahoo_ニュース

安倍首相がシンガポールでカジノを視察したことで日本のカジノ推進論が大きく前進しましたが、日本がお手本としたいのはシンガポールのカジノだそうです。

↓カジノの面白さを知るにはまずはスマホで無料プレイ♪↓

シンガポールが実行する自国民へのカジノ制限とは_(エコノミックニュース)_-_Yahoo_ニュース 2

シンガポールでは記事中にもある通り、自国民に対して非常に厳しい制限を定めています。
・自国民のカジノ入場については厳しく制限している。
・生活保護の受給者や破産申告者は入場ができない。
・ギャンブル依存による相談にも応じていて、本人や家族の申請を受けて入場禁止という措置をとっている。
・公的援助を受けている低所得者や失業者、公営住宅に住む者のうち賃貸料を半年以上滞納している者などにも、カジノの禁止を申し渡している。
・外国人は無料で利用できるのに対し、シンガポール人であれば毎回100シンガポールドルを支払わねばならない。
・開業当初には住宅街とカジノ施設を無料シャトルバスが走行していたが、これもしばらくの後、廃止されている。

などの措置を取っているようです。私はカジノが日本にできることは大歓迎ですが、ギャンブル依存症対策などに関しては慎重派です。そのため日本がシンガポールのカジノに対する政策を見習うのであれば非常にいい方向に進むと思っています。

当然それと同時にこれまでのギャンブルの在り方も問われることになるでしょう。生活保護受給者のパチンコでの遊行などは時々記事にされますが、これまで以上に厳しく取り締まる法案が必要なのではないでしょうか?

↓カジノの面白さを知るにはまずはスマホで無料プレイ♪↓

カジノ事業者を国が規制・監視…議連が要綱案

カジノ法案の要綱案がまとまったようです。

従来から国営ギャンブルは黒字化できていないとの理由から、やはり民営によるカジノ運営を基本とするようです。

またカジノ管理委員会による免許制にするそうです。

さらに第三者機関を設置して欲しいところではありますが、実際にはどうなるのでしょう。

違法行為があれば、免許取り消しプラス罰金なりを課すべきだと思います。

カジノは民間事業者による建設・運営を基本とし、内閣府に新設する「カジノ管理委員会」が運営を許可する「免許制」を採用する。違法行為があれば免許を取り消す権限も持つ。

元の記事はこちら>>>カジノ事業者を国が規制・監視…議連が要綱案

確認ですが、家でインターネットカジノをするのはいいですが、店舗でやる場合は違法となりますのでご注意ください。

インターネットカジノをするなら、一攫千金を狙えるオンラインカジノ!!


s_empirecasino