ビットコインオンラインカジノ

ビットコインの出金方法は考えていますか?税金は?

「ビットコインの出金はできるのですか?」というお問い合わせを頂きますが、簡単にできます。

買ったビットコインをコインチェックなどのビットコイン取引所で日本円に交換するだけです。

そして、日本円を自分の銀行口座に出金するだけです。

こちらの記事に書いていることと反対の手順を踏むだけです。

 

「あれ?じゃあなんでみんなビットコイン買うの?」と思いませんか?

現在ビットコインを保有している多くの人はビットコインの便利性に注目しています。

便利だからきっと流行する、浸透する、価値が上がると思っているから保有しているわけです。

 

価値が上がると思わなければビットコインの需要は生まれず、ビットコインの価格はここまで上昇することはありません。

 

では、上がった後どうするのか?というと、現在法整備が進められていますので、ビットコインの売買によって得た利益に対しても課税されることが予想されます。

FXや株式投資などと同じ扱いになるのではないかと考えられています。

 

将来的には数10%の税金が課せられることになるでしょう。

 

しかしここで、抜け道が考えられます。

それはビットコインをそのまま使うということです。

 

為替に興味がある方なら分かると思いますが、日本円をドルに替えて、円安に進み、ドルの価値が大きく上がったとします。これを日本円に替えて利益を得ると課税対象になります。

 

しかし、ドルで物を買ったり、サービスを利用したりするとどうなるでしょう?物を安価に手に入れた、サービスを安価に利用できたという結果になり、その行為に対して税金が課せられることはありません。

 

ですので現在ビットコインを保有しているほとんどの人が、ビットコインのデビットカードを保有しようとしています。既にビットコイン対応のデビットカードを所有している人たちは、デビットカードを利用して物の購入をしたり、サービスを利用しています。デビットカードの発行に対してはまだ主流となるデビットカードが決まっていないため、シェアを分け合う形になっているのが実情です。2017年2月現在ではビットコインを店頭で利用できるようにするためのデビットカードの発行は個人間の紹介で行われることが多く、代理店などが募集されています。もちろん私も発行を申請していますし、代理店として人に紹介することができます。

 

そして、デビットカードの発行はなんと世界で最もクレジットカードのシェアを誇るマスターカードが行っています。マスターカードを発行している会社は既にビットコインの流通に将来性を感じ、手数料を取れると計算しているからです。ビットコイン対応のデビットカードの誕生はビットコインの誕生と同じ過程を辿っていることが分かります。個人間で価値のシェアが行われ、口コミや代理店を通じてデビットカードが浸透してきています。

 

ビットコイン保有者がビットコイン対応のデビットカードをなぜ発行するのかというと、通常のクレジットカードと同じように、カード番号さえあればビットコインをそのまま商品の購入やサービスの利用に使えるようになるからです。店頭でももちろん利用することができます。マスターカードのデビットカードですので、少し想像すれば当然といえば当然のことかも知れません。支払い形態が物々交換から貝殻、金などを経て通貨が用いられるようになり、クレジットカード、ネットバンクなどデジタルな処理がされるようにまでなり、通貨そのものがまた物々交換に還ろうとしています。

 

「ビットコイン」という「物」と「他の物やサービス」との交換が成立する時代を迎えようとしています。

 

ビットコインと物やサービスの交換の成立というのは個人にとってメリットしかありません。

 

必要な分だけビットコインを保有し、必要な分だけビットコインを利用する。そこには税金が発生する過程が少なくなります。可能性としてはビットコインの購入に対して課税されることは考えられます。消費税や所得税が課税される時代がやってくるかもしれません。

 

世界中のビットコイン保有者はその前にビットコインを集めようとしています。今でこそビットコインの知名度はテレビにも頻繁に取り上げられるようになり、広く知れ渡ることとなりましたが、そもそもの保有者はその何年も前からビットコインの魅力に可能性を感じ、リスクを取って保有していたわけです。1ビットコインが数セントで取引されていた時代が現実世界であったわけです。しかもここ数年の話です。ビットコインの拡大と成長はまだとどまるところを知りません。

 

そして今後ますますビットコインは浸透し、ビットコインの価値は上がることでしょう。「ビットコインの出金はどうするの?」という疑問などが生まれるということは、それだけビットコインという物の技術や価値が分かっていない人たちでもビットコインに興味を持っているということです。今後ますますビットコイン保有希望者が増え、自ずとビットコインの価値が上昇していくでしょう。

 

自ずと価値があがるというのは世界の株式市場と同じですね。成長すると考える物に投資して発展を期待する。

 

ちなみに2017年2月現在の報酬形態が日本円からビットコインに置き換わるとどうなると思いますか?

 

一切課税されることなくあなたのビットコインアドレスに全額振り込まれることでしょう。そしてデビットカードさえあればクレジットカード感覚で店頭で自由に利用することができるようになります。

 

今後預貯金に対しても課税されることが考えられますが、その前に全てビットコインに替えてしまえばいいだけです。全ての預貯金や資産をビットコインの交換に当てればいいでしょう。現段階ではビットコインという「物」の購入費用です。

 

税金対策として用いられてきたタックスヘイブンや、オフショア、移住などと言った言葉は聞いたことはあっても個人には関係ないと思っていたのではないでしょうか。しかし、これからは通貨のあり方が国のあり方を変える時代がやってくるかもしれませんね。

東京の地下経済…その額なんと4.6兆円!

山口組分裂で「東京の地下経済4_6兆円」を巡る抗争が勃発する___(週刊SPA_)_-_Yahoo_ニュース

東京に潜む違法経済、地下経済の額は
なんと4兆6871億円にも上るそうです。

その半数以上を占めるのが脱税の2兆7280億円ですが、
その下に違法薬物、性風俗、地下カジノなどが続きます。

地下カジノは闇カジノと道義と捉えると、
その市場規模は東京だけで656億円と莫大な数字に上ることがわかります。

ここまで数字が克明に分かっていて摘発はできないのでしょうか?

闇カジノが違法であることは周知の事実であり、
一斉に摘発できると思うのですが。

薬物などは個人の手への侵入経路が複数に渡るケースなどもあり、
一斉摘発は難しいことでしょう。

違法性風俗に関してもエリアごとの一斉摘発はできるでしょうが、
撲滅となると難しいのではないでしょうか。

現実的に潰しやすいのが地下カジノだと思われるのですが、いかがでしょう?

↓RPG型オンラインカジノができるのはカジ旅だけ↓

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:山口組分裂で「東京の地下経済4.6兆円」を巡る抗争が勃発する!?(http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151110-00976989-sspa-soci、週刊SPA!)

HSBCの中にHSBC香港とHSBCJAPANがあるんですよ。

HSBCホールディングス_-_Wikipedia

基本的なことなのに分からない人がいるんです。

日本人ってお金の管理に疎いせいでしょうか。

自分のお金に執着がないといえばそうなのかもしれません。

ですが、実際にお金を守ろうとするからわざわざHSBCで口座を開こうと思うわけです。

自分がお金を預ける先のことは良く分かっておきましょう。

信用できるところに預けるのが基本ですよね?

知らない人にお金を預けますか??

良く勘違いされているのがHSBCグループの実態。

HSBC自体はイギリスのロンドンに拠点を置く、金融会社です。

そのグループ会社としてHSBC香港、HSBCJAPANなどがあるわけです。

一部の人間はHSBC香港=HSBCと勝手に思い込んでいる人がいます。

あくまでHSBC香港は海外口座の一つです。

HSBCは世界最大級の金融グループとされています。

そのため、HSBCを信頼し、日本に近いということでHSBC香港が注目を浴びているわけです。

サンクチュアリを作りたい方の中にもこの辺がごっちゃになっている方が大勢います。

例えばネッテラーやジーバンク、ウェバンクはHSBCに比べると規模は小さいが海外に口座を開くという意味ではネッテラーやジーバンク、ウェバンク、HSBC香港に口座を開設するというのは同義になります。

そういう観点で探すとサンクチュアリの候補を見つけることは容易です。

ただ、
注意点があり、
それはその口座の信頼度です。

そういった点から考察すると、口座の開きやすさも考え、ネッテラーを利用される方が多くなってくるのではないかと私は考えています。

個人的にはネッテラーで口座を開設しておいて、のちのちHSBC香港で口座を開設される、海外銀行で口座を開設され、併用されるというのが現実的かと思います。

ネッテラーの口座開設はこちらをご参照ください↓
「NETeller(ネッテラー)」

↓パソコン利用者はワイルドジャングルカジノ一択です!↓

↓スマホでちょこちょこ♪クレジットカードも使えます!↓

記事参考元:HSBCホールディングス(https://ja.wikipedia.org/wiki/HSBCホールディングス, wikipedia)

景気が良かったら脱税。そんなことしてたら国に文句言う資格ない。

「台所の床下に金庫」「本の形をした木箱に札束」国税庁が発表した「脱税」の手口_(弁護士ドットコム)_-_Yahoo_ニュース

税金はきちんと納めましょう。お金がなくて払えない人もいるんですよ。なのに、

↓カジノの面白さを知るにはまずはスマホで勝ってみて♪↓

儲けた部分をあからさまに脱税する神経っておかしいですよね。利益が出たんならきちんと納税しましょうよ。国民の義務ですからね。税金が高いっていうなら他の国でビジネスをすべき。日本でビジネスを行ってる限り、日本の法律、国民の義務はきちんと守りましょう!

↓カジノの面白さを知るにはまずはスマホで勝ってみて♪↓

カジノの脱税はばれないでしょう。

オンラインカジノの脱税はばれますが、海外カジノでの勝ち分の脱税はばれないでしょう。

しかし、何事にも限度があります。

数十万円程度の儲けなら隠していても目をつけられないでしょうが、数百万円、数千万円、一億円を超えると、どんどん目をつけられます。

カジノなんてマネーロンダリングの温床になる要素ぷんぷんですから、金額が大きくなると必ずばれます。

ギャンブルは基本的に儲けたら税金を支払わないといけません。

この常識を知っておきましょう。

ギャンブルは基本的に儲けたら税金を支払わないといけません。


ビットコインオンラインカジノ