s_empirecasino

沖縄県知事選喜納氏公約発表、米軍基地問題が最重要課題

Yahoo_ニュース_-_県知事選 喜納氏が公約発表 「辺野古承認取り消す」_(琉球新報)

県知事選に立候補するとみられる喜納氏が公約発表を発表しました。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

辺野古承認を取り消す

普天間飛行場の無条件閉鎖・撤去を求める

嘉手納基地への暫定的な移設

など米軍基地問題を最重要視していることを明らかにしました。

また、カジノに関しては富裕層のみに入場を認めるなど条件付きでのカジノ誘致の可能性を探るようです。

さらに私は知らなかったのですが、沖縄も二重行政状態になっているようで、ムダをなくすために沖縄総合事務局にメスを入れる考えも表明しました。

大阪では橋下大阪市長が二重行政の解消に理解を求めていますが、市民にはなかなか理解されていません。

喜納が今後、具体的にどういった形でメスを入れるのか、また県民の民意を得られるかに注目したいと思います。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141029-00000002-ryu-oki

沖縄県知事選を前に。焦点となる辺野古移設問題とカジノ設立は全くの別問題。

社説_カジノ解禁法案_知事選で「賛否」を語れ_(沖縄タイムス)_-_Yahoo_ニュース

沖縄県知事選で辺野古移設だけでなく、カジノも語れということですが、

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

まあ辺野古移設問題とカジノは全く異なる種類の問題であることは間違いありません。

沖縄の米軍基地に絡む問題はおそらくメディアが報じていないだけで様々なメリットとデメリットがあることでしょう。かと言って、米軍基地をまるまる他の県に持っていかれては多くの失業者なりが出てくるのは確実です。

対してカジノは雇用を生む存在ですが、ギャンブル的な要素にばかり焦点をあてられているため、なかなか国民の賛同が得られていない面も否定できません。

カジノを作るのではなく統合型リゾート施設を作って観光客を呼込むことで沖縄の成長戦略を描くというところについて議論すべきではないでしょうか。臨時国会では地方創生という言葉が使われていますが、沖縄も一地方として成長戦略を立てる必要があります。

辺野古の問題にしても基地移転によって多くの失業者が出る事が想像できます。それによる反対もあるのではないか?と内心では思っています。

いずれにせよ沖縄は将来「どういう場所にしたいか」を明確にビジョンを語れる候補者同士で県知事選を戦って欲しいものです。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)


s_empirecasino