ビットコインオンラインカジノ

仮想通貨の種類

仮想通貨の種類は700種類を超えています。

この700という数は下記のURLリンク先にて認知されている数です。

http://coinmarketcap.com/

仮想通貨は未公開の種類もありますから、
その種類は増えていきます。

未公開株のように、
存在はするが上場していない会社があるイメージです。

ちなみに仮想通貨の中で最もシェアがあるのはbitcoin(ビットコイン)です。

仮想通貨の種類

画像内を見ていただくと、
総流通量に対して、
約8割のシェアをbitcoinのみで占めていることがわかります。

為替の世界に例えると基軸通貨のドルのような役割を占めています。

しかし、為替の世界と決定的に異なる点があります。

それは仮想通貨は流通量の絶対数が決まっているということです。

この点は金(ゴールド)のようなイメージを持っていただくといいと思います。

絶対数が決まっているため、
需要と供給で価値が決まります。

つまり、
所有者が増えれば増えるほど価値が上昇し、
所有者が減れば減るど価値は下落します。

これは仮想通貨全種類それぞれに対して言えることです。

所有者が増えない、
すなわちニーズのない仮想通貨の価値は下落していき、
市場に流通しなくなり、
最終的には無価値に等しくなります。

競争力のない通貨は淘汰されていくということです。

だから手に入れるのであればbitcoinを選択することが賢い選択でしょう。

ではなぜ、
bitcoin以外の仮想通貨が存在するのか?
ということになりますが、
それぞれの仮想通貨開発者が儲けたいということと、
bitcoinにはない特徴を持った仮想通貨があるからです。

特徴に優位性があれば市場シェアを取ることができるでしょうし、
需要が生まれ、価値が上昇していきます。

ですが、
現状の仮想通貨のシェアの8割を単一の通貨が占めている市場で言えば、
bitcoinを上回るニーズのある通貨がないと言えます。

bitcoinを上回る価値のある通貨に関しては、
今後の新しい仮想通貨の登場を待つしかないことが分かります。

始めに会社に例えましたが、
既存のbitcoinという会社を上回る、
価値ある会社が生まれればいいわけです。

無数に存在する仮想通貨の中から、
どれを選択するかは、
それぞれの仮想通貨の特徴を把握し、
bitcoinと比較して客観的に判断すれば良いでしょう。

仮想通貨で稼ぐ方法の一つとして、
bitcoinを保有して値上がりを待つ、
もしくは、
bitcoinよりも客観的に優れている仮想通貨を保有し
値上がりを待つことがあげられます。

また、
値上がりをより求めるためには、
株式と同じように上場前の株を購入する
すなわち、
市場に流通する前の段階の仮想通貨を手に入れることが重要となります。

仮想通貨を所有する目的は稼ぐことですから、
流通前の仮想通貨の情報をいかに手に入れるかが重要となります。

私が仮想通貨を購入する時は種類も含めお知らせします。

ブラックジャック


ビットコインオンラインカジノ