s_empirecasino

※緊急事態(一旦解除)※

緊急事態宣言

ご不便をおかけし、申し訳ありません。

役に立つレポートを無料で配布しますので、今は許してください。

※クリックして、PDFファイルをダウンロードしておけばいつでも読めます。
※「ルーレットのルールと勝ち方」(PDFファイル)
※「ブラックジャックのルールと勝ち方」(PDFファイル)

詳細は記事の続きの内容にてご確認ください。

※2015年6月5日(金曜日)の時点では正常に機能していますが、再発防止策を含めたシステム改善中のため、こちらの記事はシステム改善が完了するまで残させていただきます。 (さらに…)

日本カジノ法案は白紙か?

Yahoo_ニュース_-_カジノ推進法案の審議は11月に先送りへ、五輪に間に合わず_(ロイター)

10月を目処にカジノ法案の成立が見込まれていましたが、

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

先の大臣の辞任などで審議時間が少なくなり、カジノ法案の審議が11月にずれ込むこととなりました。

これによって東京オリンピックとの同時開業は難しいのでは?という意見が持ち上がっています。

安倍首相がカジノ法案をアベノミクス第4の矢として掲げているため、現在の政権が続けばいずれカジノ法案は成立することでしょう。

しかしながら、これを機にカジノ法案が成立しないとなると一旦、白紙にされる恐れもあります。諸問題を優先事案に持ってこられる可能性があるからですね。このタイミングで女性2閣僚の辞任にも検察側もしくは警察側からの圧力がかかっている可能性があります。

カジノ推進法案は今臨時国会での継続審議とされていた。しかし、内閣委員会では女性の活用など優先順位の高い閣法が複数提出されており、カジノ推進法案よりそれらの審議が先になる見通し。複数の国会筋やカジノ関係者はロイターに対し、「11月初頭あたりを目指している」と述べた。

首相が変われば方針も当然変わることですから、カジノ法案は最悪白紙となることでしょう。

カジノがない形でも統合型リゾートについては外国人観光客、海外政治家などの訪問の受け皿にもなるので検討を進めて欲しいものですね。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141022-00000108-reut-bus_all

静岡県熱海市10年以上に渡るカジノ誘致計画を白紙に。

カジノ誘致論争は敬遠? 熱海市長選31日告示_(@S[アットエス]_by_静岡新聞)_-_Yahoo_ニュース

静岡の熱海には10年以上前からカジノ誘致計画があったようです。

↓圧倒的歴史を有する「WilliamHILL CASINO CLUB」はこちら↓

静岡県内では熱海市が10年以上、誘致実現の可能性を探ってきた。

ということで、さらに記事を読み進めると市内では2002年、カジノの法制化と熱海誘致を目指す官民一体の団体「熱海・カジノ誘致協議会」が発足し、協議会に対して市は毎年度、100万円前後の運営費補助を続けてきたとのことです。

2014年度までで約1200万円以上の運営補助費を使い続けてきた上でのカジノ誘致計画は一旦白紙とするようです。10年以上誘致を模索してきた中で、このタイミングでカジノ誘致から手をひくというのはお金と時間のムダ感が半端ないですが、それでも他の自治体には勝てないという目算を立てざるを得なかったのでしょう。

↓圧倒的歴史を有する「WilliamHILL CASINO CLUB」はこちら↓


s_empirecasino