ビットコインオンラインカジノ

カジノ解禁。民意は60%以上がノー!!

カジノ解禁民意反対治安悪化ギャンブル依存症増加懸念

カジノ解禁に対して、民意は反対を示しているようです。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

その主たる理由が「治安悪化」、「ギャンブル依存症増加懸念」。

これらの問題は政府がきちんと対応案を示し、国民の納得を得ることが必要だと私は感じています。

「治安悪化」に関しては特別区として、全住民、また特別区に入場する人間の顔認証なり、GPS付きリストバンドの装着を義務付けるべきでしょう。

リストバンドでなくても、肌から外せないものなら何でも良いとは思います。

さらに特別区の周りに特別保護区のような地帯を置き、特別区と一般住民の住む地域の距離を物理的にも心理的にもとることが望ましいと私は考えます。

そして一般住民の住むエリアの賃貸価格を引き上げる。一気に10倍くらいにしてしまえば、直接的な治安悪化は避けることができるでしょう。居住年数などによって適正価格(現在の価格)を適用することも検討して良いと思います。

「ギャンブル依存症増加懸念」に関しては、そもそも日本人の入場を禁止すれば良いだけです。富裕層のエゴの意見に耳を傾けず、日本人の入場を禁止にすれば良いだけ。

カジノを体験したかったら海外に行けばいい。

すぐそばの韓国にもありますし。

※プレゼント【ルーレットのマナーとルール】(PDFファイル)

※プレゼント【ブラックジャックのマナーとルール】(PDFファイル)

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150417-00000079-jij-pol

マカオ政府の将来展望。中国本土客の増加を抑制。

マカオカジノ産業フランスメディア

マカオのカジノが急激に業績を悪化させていることを受けて、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

フランスメディア「日本はカジノを作って大丈夫?」的なタイトルで記事を書いているようです。日本のメディアではなく、中国メディアが訳して報道してくれてます。日本のメディア…

それはさておき、マカオの現在の姿を見てみると、ベストの時には売り上げがラスベガスの6倍にものぼっていたようです。

そこから半減したとしてもラスベガスの3倍の売り上げです。十分でしょう。

カジノ市場の環境悪化による治安悪化はマカオでは見られないとのこと。

これはどこまでが真実なのかは行ってみなければ分かりません。

強盗に関するニュースが昨年は目立っていましたが、今年度は、少なくともニュースでは報じられていません。

さらにマカオ政府は中国本土からの旅行客受け入れ人数を制限したいとの方針を語っています。

そもそもマカオはカジノでなりたっています。

中国本土の人間は国内外を問わず、賭博行為を行うことを禁じられています。

そのため、中国中央政府は反汚職活動、贅沢禁止令などの政策を打ち出しています。

これらの政策に呼応する形でマカオ政府は中国本土からの旅行客を制限するとともに、世界中から観光客を集める方法を模索しようとしているのでしょう。

フランスメディアの日本のカジノに関する記事に戻ると、日本の在り方としては、カジノに依存せず、あくまで一つの夢の国(テーマパーク)として捉えることが良いでしょう。

※プレゼント【ルーレットのマナーとルール】(PDFファイル)

※プレゼント【ブラックジャックのマナーとルール】(PDFファイル)

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150414-00000063-rcdc-cn、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150413-00010001-macau-cn、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150415-00000002-nna_kyodo-cn

マカオ政府、市民への現金配給ストップか?!

マカオ政府、市民への現金配布見直し示唆=カジノ経済低迷で_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

マカオ政府が市民への現金配給をストップする可能性があるようです。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

マカオってカジノで成り立ってるんです。ギャンブルで成り立っている。税収を市民に還元する形を間違えていたのかもしれませんね。日本では「バラマキ」と批判される類の現金支給です。

しかもマカオは現金支給だけでなく、医療クーポンや電気料金の補助なども行ってきています。それを止めようとしています。カジノが儲からなくなったから。政策がギャンブルに振り回され、国民の生活もギャンブルの様な形になってしまっています。

国がカジノからの財源に頼っているため、十分すぎるほどの福利厚生を国民に与え、不満の芽を潰してきた背景があります。またマカオはポルトガルから返還された時には公的年金の制度などが不十分であったため、その代わりとして現金配給を行っていたとの意見もあるようです。

しかしながらマカオは1999年に返還され、2008年から現金支給を行ってきています。ということは国民感情的に「あってあたりまえ」のものとして認知されている可能性が高いわけです。

何が言いたいかというと、現金などの支給がなくなると、民主化を求めるデモなどが起こる可能性が高く、治安が悪化する可能性があるということです。

これまで中国と隣接する国や地域ではこういったことが頻繁に起こっています。中国人が大挙し、規制が入ると一斉に足を運ばなくなり、治安悪化を引き起こす。日本も同じ目にあわないように気をつけなければいけません。民主党政権時代には中国人の選挙権を巡って議論が起こっていましたが、他国の人間に選挙権を与えることの重要さを、1億数千万人しかいない国民はきちんと理解しておく必要があります。

※無料プレゼント【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料プレゼント【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150401-00010003-macau-cn

家に鍵をかけないと聞くほど有名な国カナダのカジノで起きた発砲事件の衝撃

カナダのカジノで男が発砲、警官2人負傷_(AFP=時事)_-_Yahoo_ニュース

カナダと言えば、家に鍵をかけないと聞くほど有名な国です。隣国の

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

アメリカなどはがっちがちに鍵をかけるそうです。言いたいことはカナダは治安が安定している印象が強いということです。

そのカナダのカジノで銃発砲事件が起き、容疑者は死亡、警官のうち一人は軽症、もう一人は重症のようです。

これがカナダ以外の国で起こったことならさほど気にはなりませんが、治安の良いとされているカナダで起きたことでニュースに取り上げられているようです。

【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)※無料

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)※無料

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150118-00000021-jij_afp-int

マカオ返還15周年記念を前にカジノなどで一斉摘発!!

Yahoo_ニュース_-_不法滞在の中国人、韓国系米国人らを検挙=マカオ警察、夜の街で浄化作戦を実施_(マカオ新聞)

マカオ返還15周年を12月に迎えるマカオで一斉摘発が行われたようです。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

マカオの治安悪化ならびに不法滞在者を摘発するのが目的だったようで、実際に4人の不法入境の男、5人の中国籍及び1人のベトナム籍の男がオーバーステイ、1人の韓国系米国人がオーバーステイ及び公務執行妨害で送検予定、3人の非マカオ籍の女が身分証不携帯で身分照会中という状況だそうです。

さらにマカオは禁煙化の流れを進めており、禁煙エリアでの喫煙者に対して違反切符を発行したとのこと。

マカオは返還15周年を機に中国の習近平国家主席がマカオにくるのでは?と予想されています。今回のカジノ、バーカラオケを対象とした一斉摘発も何度か行われ、マカオの治安沈静化と健全な国作りを行っている姿勢をアピールしていくのではないでしょうか。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀で実際に勝ってるやついる?」

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141203-00010001-macau-cn


ビットコインオンラインカジノ