ビットコインオンラインカジノ

私は歴史が好きです。中国の歴史に興味がある人はどうぞ。

中国は安定的であり続けるのか?_---_岡本_裕明_(アゴラ)_-_Yahoo_ニュース

私は歴史が好きです。中国の歴史に興味がある人はどうぞ。参考記事から抜粋してお届けします。

参考記事:中国は安定的であり続けるのか? 岡本 裕明

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

清帝国滅亡のあとも全体論より個人名がその国家の動静を左右した歴史を見れば一目瞭然であります。袁世凱、段祺瑞、孫文、蒋介石、毛沢東、四人組、トウ小平…と歴史を紐解けばその時、その時で政策はぐっと変化しています。

つまり今、習近平国家主席が中国国内でとっている反腐敗運動のことを指しています。

中国は安定的であり続けるのか?_---_岡本_裕明_(アゴラ)_-_Yahoo_ニュース 2

日本の電化製品を爆買いする背景には中国ならではお国事情があったようです。転売目的とのこと。知りませんでした。実際に日本に来て日本製の電化製品を買って、富裕層に新しいのを売って、古いのをもらって使うんですかね?

中国は安定的であり続けるのか?_---_岡本_裕明_(アゴラ)_-_Yahoo_ニュース 3

最後にマカオのカジノの売上減少に関して、また、ブランド否定により、中国人を皮肉ってます。こういうニュースが好きな人、嫌いな人がいると思いますが、視野を広めるためにも読んでみると面白いですよ。「こういう視点もあるのか!」ってくらいで捉えてみればいいと思います。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150319-00010003-agora-pol

カジノに関して何も知識がない方は是非ご一読を!私も買って読みたいと思います!

【書評】日本のカジノ解禁を前に新たな観光の可能性探る一冊_(NEWS_ポストセブン)_-_Yahoo_ニュース

日本にカジノができるかもしれないということは流石に全国民が存じていることだと思いますが、

実際にはイメージしかなく、その実態をきちんと把握できている人間は私も含めほとんどがそうでしょう。

近隣諸国ではシンガポールのカジノが成功し、韓国、フィリピンなどといった国もカジノが有力な観光資源となっています。

しかしながらカジノはギャンブル(賭博)であり、メリットだけではなく、世界各国の歴史や現状、デメリットなどをきちんと把握しておく必要があります。

さらに、

カジノが認められていない日本において、宝くじ、競馬、競輪、オートレース、競艇、サッカーくじ等がなぜ認められているかについても、わかりやすく論じられている。

ということで、ギャンブルというもののメリット、デメリット、存在や仕組みを知るのにもいい本だと思います。『カジノミクス』(小学館新書)/778円、徳江順一郎(東洋大学 国際地域学部准教授)

さらに日本でカジノ反対側が主張し続けているギャンブル依存症に対する対策がほとんどなされてこなかったこと、世界のギャンブル依存症者への取り組みに関しても触れられているようです。この本を読むことで、最低限の知識以上のものを得られるのではないでしょうか?

漫画にしてもらえれば個人的にはありがたかったのですが。笑

マカオのカジノライセンスを狙う有力一社。実はパチンコのマルハンの出資先。

香港上場娯楽企業実徳環球G、マカオのカジノ経営権取得に関心=パチンコホール最大手マルハンの出資先_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

まずはマカオのカジノの歴史を引用。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

マカオのカジノ経営は長く一社独占体制が続いてきたが、2002年にライセンスの対外開放が実現し、現在のSJM、ギャラクシー、ウィンマカオ、サンズチャイナ、MGMチャイナ、メルコ・クラウン・エンターテインメントの6社体制となった。いずれも2020-22年にかけてライセンスが満期を迎えることから、マカオ政府が今年中にもカジノ産業に関する中期計画の策定に入る見通しで、ライセンス更新条件や新規ライセンス枠の有無などに注目が集まっている。

マカオのカジノライセンスは長らく一社に独占されてきたようです。2002年にライセンスの対外国に向けての解放が実現したことで、現在はSJMグループ、ギャラクシーエンターテイメント、ウィンマカオ、サンズチャイナ、MGMチャイナ、メルコクラウンエンターテイメントの6社がカジノライセンスを独占する形になっています。

しかしながらいずれのライセンスも2020年から22年にかけて満期を迎えることから、ライセンス更新条件に加え、カジノライセンス枠の見直しおよび新規枠増加の有無を検討しているそうです。

そこに現在、実質マカオでカジノ「ポンテ16」を経営しているものの、ライセンス自体は他社のライセンスを借りているという形でカジノを運営している香港上場娯楽企業実徳環球Gがライセンスを狙っているとの報道が流れました。

実はこの香港上場の企業、実徳環球(サクセス・ユニバース・グループ)には日本のパチンコホール運営会社、マルハンが出資しています。しかも2007年から。ということはマルハングループは多少なりともカジノを運営する力を持っているということも言えます。

マルハングループが日本でカジノ解禁となった時にどれだけ実力を持っているかわかることでしょう。他のライバル企業もうかうかしていられませんね。

【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)※無料

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)※無料

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150204-00010002-macau-cn

マカオの旅行記、実体験記【後編】【Car Watch,笠原一輝】

Yahoo_ニュース_-_【特別企画】IR(統合型リゾート)を合い言葉に大きく変貌を遂げる街「マカオ」に行ってみた(後編)_グランプリ博物館とマカオGPのコースを訪ねて_(Impress_Watch)

昨日紹介した記事の後編、著者Car Watch,笠原一輝さんの記事が非常に面白くて読み応えがあるのでご紹介。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

特にこれからマカオに行こうと思っている方には一読しておくとかなり便利な記事。

マカオの昔から現在までのことも色々と書いてあり、非常に読み応えがあります!!後編は特にF1関連の記事になっており読者層が限られるとは思いますが、マカオの楽しみ方の可能性を広げてくれる記事です。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150109-00000007-impress-ind

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノの誕生は1996年のことです。

その前にオンラインカジノの法整備が1994年に行われています。

1994年にイギリス連邦加盟国のアンティグアが世界で初めてオンラインカジノ運営会社に正式なライセンスを発行する法律を可決しました。

アンティグアは今でも多くのオンラインカジノ運営者がライセンスを取得している信頼できる国です。

1994年の法律の可決に併せ、オンラインカジノのソフトウェア開発会社マイクロゲーミング社が設立されます。
※ソフトウェア開発会社とは、オンラインカジノ運営会社ではなく、ゲームを開発する会社のこと。

つづく1996年にはマイクロゲーミング、クリプトロジック、ボスメディアなどのソフトウェア開発会社がオンラインカジノを展開していきました。

19998年には今では当然のようにあるプログレッシブゲーム(ジャックポット)が誕生し、1999年には他のプレイヤーと一緒にプレイできるマルチプレイヤーゲームなどが誕生しました。

当初は数十個しかなかったオンラインカジノですが、今では数千個のオンラインカジノ、数百社のソフトウェア開発会社が存在する世界的にも非常に大きな一大産業となっています。

今でこそ、 世界中で日常的に娯楽のひとつとして遊ばれているオンラインカジノですが、現在に至るまでに信頼を築きあげた結果がこういった大きな産業につながったのだと思います。


ビットコインオンラインカジノ