維新の党の有志がカジノ議連を新たに発足

維新有志がカジノ議連を発足 「今国会で必ず法案通す」_(産経新聞)_-_Yahoo_ニュース

維新の党の有志がカジノ議連を新たに発足させたようです。その背景にあるのは、 

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

議連幹事長の松野頼久国会議員団会長は「与党の自民党が他党の顔色をうかがっている」と指摘。IR整備推進法案について「今国会で必ず通す。強い覚悟で臨んでいきたい」と語った。

自民党が他党の顔色を伺っていることに苛立ちを感じているからでしょう。もちろんここで指摘しているのは公明党のことです。連立与党でありながら自民党となかなか足並みが揃わず、カジノ法案に関しては当初の予想通りには進んでいないのが実情です。

カジノ法案に関してはカジノの経済への影響力を考えて、また維新の党の共同代表をつとめる橋下大阪市長も積極的にカジノ誘致に関与してきたことからも、党としても秋の臨時国会中に法案を通したいのでしょう。現状大阪がカジノ建設の最有力候補地であることからも早くすすめたいのでしょうね。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141014-00000556-san-pol

カジノ第一号は大阪で決定!?

大阪がカジノ候補地として内定したかのようなニュース。実質他の有力候補地とされてきている沖縄、東京はそれぞれ問題を抱えています。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

大阪の橋下市長、松井府知事がカジノ導入にあたって積極的な姿勢を見せているのに対し、東京の舛添都知事はカジノを重要視しておらず、沖縄は次の県知事選でカジノに関して民意を取る段階です。さらに沖縄に関して言えば、米軍基地問題などが解消に進んでおらず、カジノを受け入れる環境が整っていないとの見方もあるようです。

どこに日本のカジノ第一号が出来るかは蓋を開けてみなければわかりませんが、まずはカジノ法案が秋の臨時国会会期中に可決されることを願っています。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

参考元:https://www.youtube.com/watch?v=Mk0GkKrBpjM

橋下市長沖縄の基地負担に言及し、カジノ撤退に含み

大阪・夢洲、カジノ候補地…橋下氏「鉄道整備」_(読売新聞)_-_Yahoo_ニュース

橋下大阪市長は、カジノを日本に実現させることが第一の目的であるようですね。沖縄に譲る理由として「基地負担」をあげていますが、橋下市長は国政での今後のことも踏まえての発言かと思われます。

大阪市民としては、大阪での維新を成功させ終わってから国政に出て欲しいというところでしょうか。

↓オンラインカジノはジャックポットがどんどん出てるここから!↓
カジノ初心者には日本語でわかりやすいワイルドジャングルカジノをおすすめしています。

楽天の三木谷会長も橋下市長と共にカジノに前向き

日本の娯楽レベルの底上げという観点から、三木谷会長もカジノをはじめとしたアミューズメントや日本のブランド力の向上に前向きです。

先日、橋下大阪市長が安倍首相にカジノ構想実現に向けて提案を行いました。

安倍首相のまんざらでもない反応を見て、三木谷会長も発言を大きくしたと考えられます。

楽天にもビジネスチャンスが広がり、大きな魅力であることは間違いありません。

是非自社のことだけではなく日本ブランドを強くする、魅力的な国にするという観点で大局的に議論を進め、実現に努めてもらいたいものです。

他のカジノニュースはこちら>>>