CONTACT

カジノが日本にできるのはいつになるのか?

 

カジノ法、通常国会での成立見送りへ 政府・自民、公明に配慮_(北海道新聞)_-_Yahoo_ニュース

東京オリンピックにあわせた開業が期待されていたカジノですが、
カジノ法案の成立を今国会でも見送る方針となったようです。

これにより期限目標がなくなり、
また安倍内閣の下でのカジノ推進が難しくなったということが言えます。

カジノ法案に関しては国会での審議が進まず、
このまま先送りにされていく可能性があります。

日本の将来にとってカジノが必要であるのならば、
継続的に審議を重ねていく必要があると思うのですが。

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:カジノ法、通常国会での成立見送りへ 政府・自民、公明に配慮(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151230-00010002-doshin-pol、北海道新聞)

観光立国マカオに学ぶおもてなし術

 

訪マカオ外客数、2年連続3千万人上回る見通し=過去最高記録の前年からは微減_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

人口64万人、面積は東京の山手線の内側のさらに半分ほどとされるマカオ。
非常に面積の小さいマカオには年間3千万人以上の観光客が訪れます。

対して日本は人口1億3千万人、年間訪日客は1341万人とされています。

日本ですらどこに行っても外国人観光客の姿が目立ちますが、
マカオの観光客数の多さがずば抜けていることが分かります。

マカオは訪マカオ観光客に向けたサービスの拡充も進めています。
山手線の内側半分ほどの面積に、フリーワイファイスポットを183箇所に設置。
24時間利用可能とのことです。

マカオの官営無料Wi-Fi、24時間サービス開始=ホットスポット183ヶ所に_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

さらにマカオの主要空港にあたるマカオ国際空港の利用者が
550万人を超える見通しと言うことです。

開港20周年のマカオ国際空港、旅客数550万人突破=過去最高_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

マカオはカジノだけを見ると客数の減少、
売上の減少などのニュースしか報じられませんが、
マカオ全体を見ると着実に観光客を増やし、
観光客の受け皿を整えていっていることが分かります。

日本は2020年に東京オリンピックを開催しますが、
無料WiFiなどを始めとする各種サービスの充実化は
進められているのでしょうか?

観光立国であるマカオから学べるところは学び、
おもてなしの充実化を図ってもらいたいものです。

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:訪マカオ外客数、2年連続3千万人上回る見通し=過去最高記録の前年からは微減(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151214-00010000-macau-cn、マカオ新聞);マカオの官営無料Wi-Fi、24時間サービス開始=ホットスポット183ヶ所に(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151215-00010001-macau-cn、マカオ新聞);開港20周年のマカオ国際空港、旅客数550万人突破=過去最高(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151216-00010000-macau-cn、マカオ新聞)

洋上カジノが香港と福岡を結ぶ!?

 

一晩2億円の売上誇る香港の洋上カジノが日本進出を計画=母港は福岡が有力_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

香港にはカジノがないと思いきや、
洋上カジノが存在するようです。

洋上カジノというのはクルーズ船などで提供するカジノのことで、
自国海域外で提供される形態のカジノです。

現在香港発着で一晩2億ドルの売り上げを誇るとのこと。
年間およそ700億ドルの売り上げを誇ることになります。

その香港で展開されているクルーズ船が
日本にも寄港するようになるかもしれないそうです。

ターゲット層を広げたいことと、
外貨を獲得したいからでしょう。

実際にはまだ構想段階にあるようですが、
カジノがまだ存在しない日本に洋上カジノを提供する
クルーズ船が来るとなったら日本国民は
どういった反応を示すかも楽しみです。

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:一晩2億円の売上誇る香港の洋上カジノが日本進出を計画=母港は福岡が有力(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151224-00010000-macau-cn&p=1、マカオ新聞)

カジノは日本国民に受け入れられるか?

 

カジノを導入に反対する層は44_6%も 賛成を上回る_(エコノミックニュース)_-_Yahoo_ニュース

カジノ導入に対して首都圏でアンケートを取ったようです。

その結果反対44.6%、賛成29.3%と反対票が賛成票を上回る結果となったようです。

アンケート内容に関しては、IRの認知、イメージ、賛否が問われたようです。

アンケートの結果からIRの認知が広まることで
女性層の票が賛成票に流れるのではないか?と楽観的な意見も述べられています。

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:カジノを導入に反対する層は44.6%も 賛成を上回る(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151211-00000010-economic-bus_all、エコノミックニュース)

安倍首相の観光立国政策がきちんと結果を出していました笑

 

観光韓日戦、苦い逆転負け(2)_(中央日報日本語版)_-_Yahoo_ニュース

韓国は中国人観光客で賑わっているのかと思いきや、
日本の方が観光客で賑わっているようです。

日本が何をしたか?

それは安倍首相の功績によるところが大きいようです。

「ショッピングツーリズム」というものを掲げ、
日本でお金を使ってもらいやすくするための
仕組みづくりを行ってきたということです。

現実的な数字の変化として、
免税店の数が3年ほどで4.5倍に膨れ上がり、
2013年に初めて1000万人を突破した観光客数が、
2015年には2000万人を突破する勢いだそうです。

確かに安倍首相は日本国内だけでなく、
世界から日本にお金を集めることを
国際舞台でも明言してきているように感じます。

それがこういった数字として結果となって
残ってきているのではないでしょうか?

日本は観光立国化に向けて、
東南アジア諸国と比べまだまだ遅れていると私は感じています。

具体的な数値目標、具体案を持って、
観光客の増加を見据えた
日本の成長案を描いていってもらいたいと思います。

↓RPG型オンラインカジノができるのはカジ旅だけ↓

↓ベラジョンカジノの人気が急上昇!↓

参考記事:観光韓日戦、苦い逆転負け(2)(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151105-00000007-cnippou-kr、中央日報日本語版)


CONTACT
Translate