ビットコインオンラインカジノ

マカオのカジノ通年でゼロ%成長も達成できない予測

マカオカジノ売上低迷2桁マイナス成長

マカオ政府は2015年度予算を組む時にカジノをゼロ%成長と試算しました。

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

2014年当時、
正直私はゼロ%成長でもかなり固い予算案だと思っていました。

しかし、
ジャンケットが手を引き、
富裕層がカジノでのマネーロンダリングができなくなり、
マカオのカジノから足が引いていきました。

実際、
その流れは止まるところを知らず、
売上の低迷が続いています。

そしてアナリスト達の試算では
2桁台のマイナス成長になるとの試算です。

2014年6月から続く
前年同月比割れの売上が
今年3月まで10ヶ月連続で続いています。

私は2015年6月の数字でマカオの力が見えるようになると考えています。

ジャンケットがマカオから撤退し、
富裕層が手を引いた今、
マカオのカジノは存続できるのか?

非常に興味の沸く話題です。

※無料プレゼント「ルーレットのルールと勝ち方」(PDFファイル)

※無料プレゼント「ブラックジャックのルールと勝ち方」(PDFファイル)

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150424-00010001-macau-cn

マカオが売られています。金融機関の出す数字の無責任さ。

豪マッコーリー、マカオの年間カジノ売上予想を大幅下方修正=24_減の4兆円強_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

オーストラリアの大手金融機関系のマッコーリーリサーチがマカオのカジノ売上高を大幅に下方修正しました。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

当初前年比8%の減少予想から24%減少へと下方修正。マカオが売られているようにしか感じません。

オーストラリアはマカオを訪れていた富裕層を取り込んでいます。オーストラリア政府としてもマカオのネガティブキャンペーンは美味しいのでしょう。

しかし大手金融機関系とされているマッコーリーリサーチが大幅に予想修正するとかほんと無責任ですよね。プライドないんですかね。笑

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150318-00010002-macau-cn

マカオのカジノが崩壊する前兆…富裕層のみならず中流階級の消費者も支出を控える。

マカオのカジノ、春節の客足振るわず-2月の収入さらに減か_(Bloomberg)_-_Yahoo_ニュース

マカオのカジノが崩壊する前兆…

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

中国本土客の富裕層のみならず中流階級の消費者も支出を控えるという現状にあるようです。

マカオのカジノが崩壊する前兆にあることを知るにはこれだけの情報では十分ではありません。

マカオ政府土地工務運輸局は3月1日、昨年第4四半期時点で建設中のホテルが25軒、計画段階のものが28軒あり、これら53軒の合計客室数が2万5900室に上ることを明らかにした。第4四半期時点で営業中のホテル客室数は2万7904室となっており、建設中または計画中の数を加えると、現在のおよそ2倍の5万3804室となる。

マカオは財源をカジノによる税収に頼っています。そこに中国本土客のカジノへの支出の減少。さらにホテル客室数は計画段階のものが全部完成すると現在の2倍の客室数になるそうです。

カジノに財源を頼っているマカオだからこそ、非常に危険な事実です。カジノが潰れることで中国本土客はより足を運ぶことをやめるでしょう。

最近ラオスの街ボーテンをゴーストカウント化さした中国人の記事を取り上げましたが、マカオでも同じことがおこるかもしれません。

参考記事:中国の隣国ラオスのカジノ事情

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150302-00000025-bloom_st-bus_all

ピケティ論争はなぜこうも早く終焉したか?

「投資も恋愛と同じ、単純なことで問題は解決する」“ピケティ論争”を作家・石田衣良が斬る!【後編】_(週プレNEWS)_-_Yahoo_ニュース

資本主義社会はカジノだという作家の石田衣良氏。この話題が出ているのも、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

ピケティ論争が一瞬ブームになったからなんですが、富裕層にとって有利に作られている資本主義国である日本ではさっそうとピケティの話はなかったことにされていますね。

困るのは金持ちですからね。しかも金の儲け方を知らない金持ちが困るわけです。言ってみれば自分の力でお金を作り出す手段を知らない金持ちですね。相続でもらったお金や地位を利用している人間です。そして彼らは一人残らず既得権益者です。

さらに言うと、一部の既得権益者によって成り立っている日本でピケティの話なんて潰した方が都合がいいに決まっています。

話が脱線しましたが、作家の石田衣良氏は資本主義社会をカジノに例えています。石田衣良氏は自身の小説のヒットによって財をなした、稼ぎ方を知っている人間です。ですからピケティの話に対しても正面からインタビューを受けられるわけです。カジノというと実力と運に支配されるイメージが強いですが、確かに資本主義社会はカジノのようなものかもしれません。

資本主義国の象徴であるアメリカでの成功を「アメリカンドリーム」と呼ぶようにカジノと例えるにも納得がいきます。

ピケティ論争の終焉しかり、資本主義国のあり方しかり、貧乏人が何も知らないまま損をするというシステムは終わりそうにありません。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150302-00044239-playboyz-soci

アメリカ、コネティカット州にニューヨーク州のアジア系の客を相手にするカジノがあるそうな。

米コネティカット州、カジノで働くアジア系住民増加 学校で中国語表示も_(FOCUS-ASIA_COM)_-_Yahoo_ニュース

アメリカ、コネティカット州にニューヨーク州のアジア系の客を相手にするカジノがあるそうな。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

アジア系の客と含みをもたせていますが中国人がほとんどでしょう。おそらく富裕層の中国人が資産を海外に移す目的で移住しているケースもあるでしょう。

いずれにせよコネティカット州にある2つのカジノがアジア系の客を取り合っているようです。

「モヒガン・サン」と「クスウッズ・リゾート・カジノ」という2つのカジノがコネティカット州にはあるようです。中国人って自分のためならなんでもしますよね。行動力はすごいと思います。子供も英語ペラペラになるし、悪い事ばっかりではありませんよね。ただ、親が毎日カジノに行っているのなら話は別ですが。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150224-00000010-xinhua-cn


ビットコインオンラインカジノ