s_empirecasino

犯罪の増加は国家崩壊への第一歩

マカオのカジノで4800万円分のチップ盗難=精算作業中のテーブル急襲_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

最近マカオでの犯罪のニュースが目立ちます。強盗であったり、盗みであったり。しかも、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

客や従業員が絡む犯罪もあり、問題の根が深くなってきています。犯罪を正当化するわけではありませんが、犯罪は貧富の差の拡大によって起きる可能性が高くなると私は思っています。

マカオのニュースって暗いニュースばかり日本では報じられていると感じませんか?それでは実際にマカオに住んでいる人間にはどういったニュースが伝えられているでしょう?それはやはり暗いニュースばかりでしょうね。

日本人はアベノミクスのバブルにまだ踊らされていますが、マカオに住んでいる住民たちはカジノのバブルに踊らされている余裕などありません。なぜならマカオ政府は税収の約9割をカジノによる税収に頼っているからですね。

そんな中でカジノの不振、先行きの不透明感ばかりが報じられ、国民たちは肉体労働をするしか選択肢がなく、いつクビにされるかわからないという状況下にあると言えます。数字は忘れましたが、マカオの国民の職業はいわゆる役人とカジノ関連に従事する人間がほとんどを占めます。カジノが潰れたら国もろとも崩壊するわけです。

犯罪の増加は、犯罪に走らなければ生きていけない人間の増加を反映しているとも見ることができ、国としても放ってはいられない問題です。

マカオはカジノの2015年度の成長率を0%として予算を組んでいます。予算を組んだ当初、私はニュースを見て、懸命な予算編成だと感じていましたが、春節を終え、ボーダーラインとしている0%成長すら危うくなってきているマカオに余裕はまったくないことでしょう。税収がどこまで落ち込むかによって国民への福祉制度や現物支給制度に影響を与える可能性もあるわけです。カジノに頼りすぎている税収体系を見直す必要があるのは分かっていても、すぐには形にできないというところにもどかしさはあるでしょうね。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150303-00010001-macau-cn

カジノ賭博店「YOKOHAMA」摘発自称店長の男岩本憲洋容疑者ら4人現行犯逮捕

カジノ賭博店摘発 自称・店長の男ら4人現行犯逮捕 横浜市中区_フジテレビ系(FNN)__-_Yahoo_ニュース

岩本憲洋店長ら従業員含む4名が違法カジノ店「YOKOHAMA」の摘発によって容疑者として身柄を拘束されました。

また、客として賭博に参加していた3人も現行犯逮捕されました。売り上げは明確にはされていないようですが、摘発当時店内には1500万円の現金があったことからかなり大きな金額で賭博が行われていたことが伺えます。

賭博場開帳図利の疑い、自称店長の男ら4人逮捕_TBS系(JNN)__-_Yahoo_ニュース

今回の違法カジノ店ではバカラ台に加えスロット台も押収されたようです。

違法カジノ店で客側も現行犯で捕まるケースが増えてきています。決して違法行為に加担しないようにしてください。

↓カジノきちんと知るためには、ルールを守ってまずはオンラインカジノから!↓
カジノ初心者には日本語でわかりやすいワイルドジャングルカジノをおすすめしています。


s_empirecasino