s_empirecasino

木曽崇国際カジノ研究所・所長「裏で「絵」を描いている人達の思惑も含めて、非常に問題が多いと言えましょう。」

この1年の「カジノ有力地」報道の変遷_木曽崇__-_個人_-_Yahoo_ニュース

政治家の癒着ってアホらしいですね。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

あとですね、カジノ候補地に関する議論ですが、可能性の段階で既成事実を作り上げにかかってはいけません。フジテレビHDは自身でメディア操作をできる立場にあったことからも積極的に既成事実を作り上げにかっかっていたのでしょう。そもそも、きちんと決まったことを報道していけば良いと思います。ジャーナリストはきちんと言質を取った上で記事を書かなければいけません。報道の自由とは報道内容に対して責任を取れということです。候補地が決定したのならきちんと言質をとって、責任ある報道をしなければいけません。憶測や空想で記事を書くのジャーナリストとは言えません。

今回は政府が発表したということで、後は地方自治体の長がどう受け止めるかです。住民感情も十分に議論する必要があるでしょう。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://bylines.news.yahoo.co.jp/takashikiso/20150219-00043160/

木曽崇氏、関西経済同友会の掲げる理想と現実のギャップを指摘

木曽崇の記事一覧_-_個人_-_Yahoo_ニュース

木曽崇さんという方を知っていますか?

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

本サイトでは何度も木曽さんの記事を取り上げていますが、国際カジノ研究所、所長ということもあって、非常に現実的な意見と、素人にも分かりやすい例をあげて日本のカジノ計画に対して指摘を行っています。

関西経済同友会が大阪カジノ提言_木曽崇__-_個人_-_Yahoo_ニュース

今回、木曽氏が指摘しているのは、東京五輪にカジノ建設を間に合わせようとした時の、現実的な工期の短さです。

誰もが知っている国立競技場は建設工事期間に2015年10月から2019年3月までの、3年半をあてています。

それに対して大阪にカジノを作ろうとした時、国立競技場の約20倍の面積に法律、事業者選定やらの絡みで国立競技場の半分以下の工期しかないと指摘しています。

誰が聞いてもおかしい話。

東京五輪に大阪も急ぐ必要はないのでしょうか?むしろ東京五輪では大阪の魅力をアピールする機会と捉え、町おこしに取り組んだ方が後々の効果も大きいのではないかと思います。

【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)※無料

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)※無料

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://bylines.news.yahoo.co.jp/takashikiso/20150129-00042628/、http://bylines.news.yahoo.co.jp/takashikiso/


s_empirecasino