s_empirecasino

ぬるくて、甘っちょろくて不真面目な公明党。

教員の政治活動への罰則めぐり「公務員の服務規程で十分」 公明・井上氏_(産経新聞)_-_Yahoo_ニュース

「教育分野に踏み込んでほしくない」が公明党の本音です。

公明党

党代表プロフィール___公明党について___公明党

※公明党代表山口 那津男(やまぐち なつお)氏の愛称は「なっちゃん」だそうです。

現在の高校生はtwitterでの政治的な発言などまで規制されている人もいます。

学校側から。

一方的に政治に対する概念を刷り込まれ、
議論する場を持たせないというわけです。

公明党はなぜ政教分離原則の例外とされてきたのか___Credo

グレーな存在。

火のないところに煙は立たない。

井上義久

公明党 衆議院議員 井上義久 ホームページ

私は見た目からして気持ち悪いと感じます。

人を見る目がないんでしょうか。

いや、
一番見た目が良い人が彼らなんでしょうね。

記者会見での井上義久氏の発言は以下の通りです。

これは刑法(賭博罪)の例外を作るわけですから。刑法の例外を作るのは極めて重い話。やっぱり刑法の例外をつくるに足るにふさわしい、立法根拠というものがなければいけないし、立法によって起こる様々な影響について、明確な方針を示すことが大事と思う。

言っていることが本気なら、
まずパチンコの法整備に取り掛かるでしょうよ。

公明党_-_Google_検索

結局綺麗事を言っているだけで、
ぬるくて、甘っちょろくて、不真面目な党に映るわけです。

↓パソコンの人はワイルドジャングルカジノ一択です!↓

↓スマホで無料体験♪クレジットカードも使えます!↓

FC2でブログ運営している時点で私はありえないと思いますが。

公明党 衆議院議員 井上義久 活動ブログ

記事参考元:公明党はなぜ政教分離原則の例外とされてきたのか(http://credo.asia/2014/06/14/komei-religion/,Credo);KOMEITO(https://www.komei.or.jp/,公明党);井上 義久(いのうえ よしひさ)(http://seiji.yahoo.co.jp/giin/koumei/000285/,Yahoo!みんなの政治);公明党 衆議院議員 井上義久 活動ブログ(http://inoue.blog44.fc2.com/,FC2ブログ);公明党幹事長衆議院議員井上義久(http://www.yoshihisa.gr.jp/index.htm,井上義久ホームページ);「カジノ法案、賭博罪の例外作る重い話」 公明・井上氏(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150626-00000044-asahi-pol,朝日新聞デジタル);教員の政治活動への罰則めぐり「公務員の服務規程で十分」 公明・井上氏(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150626-00000529-san-pol,産経新聞);カジノ法案審議入りけん制=公明幹事長(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150626-00000072-jij-pol,時事通信)

公明党・井上義久氏「刑法の賭博罪の対象としての例外を作るべきではない」www

Yahoo_ニュース_-_公明・井上氏「カジノに頼らない活性化策を」_(産経新聞)

ちょっと突っ込みたいところだらけなので、ちゃんと書きますね。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

「ギャンブル依存症や反社会的勢力をどう排除するかといった課題を議論し、国民の理解を得られなければ、刑法の賭博罪の対象としての例外を作るべきではない」

最大の突っ込みどころが、上記の発言。既存ギャンブルの現状を全く把握してないかのような発言。パチンコ屋はどうなんですか?てことで、公明党代表の井上義久氏はギャンブル大国日本で政治家をしておきながら現状のギャンブルの状況を全く認知していない。

さらに続けますね。

カジノを中心とした統合型リゾート施設(IR)の整備を推進する法案について「ギャンブルに頼らない活性化策が、日本のあるべき方向ではないか」と述べ、慎重な姿勢を示した。

カジノに頼らない活性化策をこれまで公明党は提案してきたのでしょうか?

日本活性化のための提言をすると言うなら堂々と代替案をあげるべきでしょう。

公明党はそもそも政教分離のルールすら知らない団体です。公明党代表の井上義久氏は政教分離というルールが存在することを知らない人です。

さらに続きがあります。

ギャンブル依存症対策などを政府に義務づける条件付きで日本人も解禁対象としている点について、井上氏は「議員立法を出す皆さんは、政府に(対策を)考えろと言うだけでなく、懸念について十分に説明責任を果たすべきだ」と語った。

前提条件としてカジノには我関せずの発言です。これが連立与党である公明党代表の発言。

宗教団体をバックに持つ党に足を引っ張られるなんてなんとも情けない国ですね。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141017-00000525-san-pol


s_empirecasino