ビットコインオンラインカジノ

横浜は一回行けば二度行く必要は別にないところ。

カジノなどIR導入の意義を強調 横浜市長_(カナロコ_by_神奈川新聞)_-_Yahoo_ニュース

横浜に実際に行ったことありますか?

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

横浜って本当に何もありません。夜景が綺麗なだけで。東京から比較的近いこと、中華街があること。それくらいでしょう。「また行きたいね」ってなかなかならない都市です。圧倒的に魅力的なスポットが少ないからです。カップヌードルミュージアムはありますが。笑

横浜市長はその辺を良くわきまえています。

「夜景が綺麗だね」の街ではなく、また訪れてもらえる街作りを考えています。そのための一つの手段としてカジノ、IRなどを挙げているわけです。外国人観光客からすれば横浜ってなんの魅力もないですよね。港なんかどこにでもありますし、赤レンガ倉庫は珍しいのかもしれませんが、チャイナタウンは中国に行けばいいし、夜景なんて東京の方が綺麗だし。

つまり圧倒的な魅力が国内の観光客にとっても、海外からの観光客にとってもひとつもないわけです。

横浜に行ったことある人は東京のドーナツ化現象で生まれた街の一つ程度にしか感じないことでしょう。人が多いだけで何もない。笑

住みやすいのかもしれませんが、決して観光地じゃないんですよね。住んでいる人には悪いですが。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150318-00131798-kana-l14

中国の「棄日投韓」。単なる国策の違いと国力の差。

「棄日投韓」、日本を捨て韓国に投資する中国=14年の対韓投資額は前年の4.7倍、対日は伸び悩み―中国メディア_(Record_China)_-_Yahoo_ニュース

中国の「棄日投韓」が起こっていると中国メディアが報じているようですが、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

尖閣諸島云々、カジノ云々、韓流ブーム云々。結局は国策の違いと国力の差で投資対象が変わっているだけだと個人的に感じています。

単なる国策の違いと国力の差。自分が投資するときもそうですよね。将来的にどちらに伸びしろがあるか、どちらが安く買えるか。その視点でしか投資しないでしょう。

経済制裁などを行っているなら話は別ですが。日本と中国に関しては尖閣諸島問題があるため、確かに影響はあるでしょう。

韓国と中国の関係は、韓国のカジノが中国人富裕層の取り込みに成功しており。さらに韓流ブームを国策で輸出しているという強みがあります。

日本政府には、中国だけを見るのではなく、世界を見て、日本の魅力作りを進めてもらいたいと願います。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150319-00000009-rcdc-cn

マカオのカジノの現状と未来。そして日本の現状と未来。どっちの方が危機的だと思いますか?

マカオのカジノ売上中長期見通し「力強い成長続く」=格付け大手フィッチ_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

「マカオのカジノの現状と未来。そして日本の現状と未来。どっちの方が危機的だと思いますか?」という記事で、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

マカオの現状とメディアの報じる情報を客観的にまとめたいと思います。さらに日本の状況を一例として紹介させていただきます。

まずはマカオのカジノに関して。格付け会社のフィッチによると、中長期的な成長が見込めるとして2015年度のカジノの成長率を上方修正し、マイナス4%としました。

【今日のチャート】カジノ業界への期待、急速にしぼむ-マカオ_(Bloomberg)_-_Yahoo_ニュース

一方カジノ企業の時価総額が、

習主席が共産党総書記に就いた2012年11月115日時点の885億ドル(現行レートで約10兆7300億円)を割り込んだ。ピークは14年1月の1980億ドル。

として1110ドルが吹っ飛んだと悲観的なニュースを流しているのはブルームバーグ。これは情報の捉え方次第でしょう。ドイツ銀行がマカオのカジノ関連企業の株を売るように促していることからも、現在はマカオのカジノ業界の時価総額が周りの情報に左右されている感が否めません。

マカオ、返還後初のマイナス成長=14年、カジノ売上と旅客消費の低迷響く_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

マイナス成長の記事をよくみかけますが、では実際にそこまで悲観すべきことかというと、そうではありません。2014年度はマカオがポルトガルから中国に返還して以降初めてのマイナス成長に陥ったとされていますが、14年間右肩上がりで成長してきているわけです。2014年度の通年で0.4%減少という数字をそこまで深刻に考える必要がないことはわかっていただけることでしょう。

マカオ、返還後初のマイナス成長=14年、カジノ売上と旅客消費の低迷響く_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース 2

2014年のマカオの1人あたりGDPは約8万9,333USドルとのこと。

日本GDP一覧

2013年の日本のGDPは4,9920.7USドル。日本の名目GDPは下がり続けています。1995年の日本の名目GDPは5,348.8USドル

さて「どちらの方が危機的状況にあると思いますか?」

マカオ、15年ぶりマイナス成長=カジノ低迷で―14年_(時事通信)_-_Yahoo_ニュース

時事通信も日本の危機をきちんと報道すべきでしょう。

これにて以上。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150311-00010001-macau-cn、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150312-00000041-bloom_st-bus_all、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150314-00010000-macau-cn、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150313-00000170-jij-cn、http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/menu.html

中国で土地成金の破産が問題に。日本にも米軍基地成金がいますよね。

「立ち退き成金」たちのその後、ギャンブルですっからかんになった者も―中国_(Record_China)_-_Yahoo_ニュース

中国ではかつて、国民に土地をばらまいて国の活性化を図った時期があります。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

そして内外的にも超大国となった中国は今も土地を買収しなおしています。中国政府による強制土地収用によって土地成金が発生しています。これが中国人に富裕層が多い一つの要因ともなっています。

土地成金といえば、言って見れば宝くじにあたるようなもので、お金の使い方を知らない人間がt地成金になると、散財して借金を抱えるはめになるというケースが実際に頻発しているようです。

成金の街にはアウディ、BMW、ランドローバーが。一方で、麻雀やトランプ賭博、カジノなどのギャンブルに散財し、借金を抱えてしまう人間が多くいるようです。

お金には人を狂わせる魔力があると言われていますが、実際にお金で人生が良い方向にも悪い方向にも狂った人間がたくさん、中国にはいるようです。

日本にもいますよね。深くは突っ込みませんが、例えば米軍基地成金が。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150306-00000002-rcdc-cn

中国の隣国で戦火が起こる理由。

ミャンマーにクリミア型侵略? 中国系住民と共産党の「絆」_(ニューズウィーク日本版)_-_Yahoo_ニュース

「ミャンマーにクリミア型侵略?」という記事を見つけました。私はこれまでの中国を見てきて、

↓↓スマホ・クレカ対応!ライブベットが充実!!最強のオンラインカジノ「エンパイアカジノ」!!↓

中国の隣国で中国に汲みしない国には、長期的戦略をもって、中国の領土にしようとしているように見えます。

領土の拡大とは、まさに戦争です。

他国のデモ鎮圧に手を貸し、そのまま中国の領土として取り入れる。デモの発生すらも中国が好んで起こしていると見て良いでしょう。問題は世界がどう捉えるか?です。いかにデモを自然発生的に見せかけ、デモが発生している国の政府や軍部だけでは鎮圧できないほどの規模にデモを拡大させ、隣国の強国である中国に解決を委ねるしかないように仕向けているのです。

「戦争ではなく平和のために手を貸した英雄」として中国が世界に、そして国内に見えるように世論を操作することだけが重要なわけです。

そもそも中国の隣国の国境付近には中国系移民が多く、法律もうまく浸透していない印象が強いと感じています。中国人だから隣国も積極的に干渉することができないのでしょう。

今回のミャンマーのビルマのケースでは、コーカンという地区が問題になっていますが、リトルマカオと中国民に称され、カジノやドラッグが蔓延している状態とのことです。さらにこの地で産出される日本では違法ドラッグに分類されているものも、雲南省を経由して日本に入ってきているとのことです。

中国の隣国でのデモや紛争は全て中国が仕組んでいるものでしょう。あまりに事を増やしすぎると、雑になり、世界の目が厳しくなっていくことは明らかです。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150305-00144960-newsweek-int


ビットコインオンラインカジノ