CONTACT

台湾、タイ。日本に先駆けてカジノ合法化を進める国々。

 

タイ

タイ国家警察庁のソムヨット長官がカジノ合法化に向けて前向きな発言を行っています。

↓クリックすると最新のオンラインギャンブルや投資情報の動向がわかります!↓
オンラインギャンブルブログランキング
→ お金儲けブログランキング

タイカジノ合法化

タイではカジノは非合法だが、隣接する4カ国では合法化されており、計22カ所のカジノが開設されている。

タイに隣接する4国とは、カンボジア、ラオス、ミャンマー、マレーシアこれらの国々のカジノを中心とした外貨獲得金額ならびに、遅れをとることによるデメリットを把握しているのでしょう。

フィリピンカジノブルームベリー台湾進出

フィリピンのカジノ運営企業
(フィリピンの首都マニラでソレア・リゾート&カジノを運営)
は台湾への進出を狙っているようです。

さらには日本への進出も。

フィリピンのカジノ運営企業の名前は「ブルームベリー」。

響きがいいですね。

★もしよかったらブログランキングのクリックにご協力ください。
★↓クリックすると最近人気のオンラインギャンブルや投資情報がわかります!↓
オンラインギャンブルブログランキング
→ お金儲けブログランキング

☆☆☆無料でお得情報を受け取りたい方はこちら↓☆☆☆

ルーレットやブラックジャックのガイドブックを無料で配布しています。

こちらは気まぐれで期間限定でプレゼントしていますので、
良かったら削除前に受け取っておいてください。

※クリックして、PDFファイルをダウンロードしておけばいつでも読めます。
※「ルーレットのルールと勝ち方」(PDFファイル)
※「ブラックジャックのルールと勝ち方」(PDFファイル)

↓スマホの方はこちらで無料プレイ♪↓

↓「無料モニター体験ができる!!」オンラインカジノ!↓

★ 管理人のフェイスブックはコチラ↓
→ 管理人のフェイスブック(友達&フォロー大歓迎です!)

FACEBOOK

参考記事:【タイ】カジノ合法化、警察長官が積極支持(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150619-00000006-nna_kyodo-asia, NNA);【フィリピン】娯楽ブルームベリー、台湾進出を検討(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150611-00000008-nna_kyodo-asia,NNA)

マカオのカジノが崩壊する前兆…富裕層のみならず中流階級の消費者も支出を控える。

 

マカオのカジノ、春節の客足振るわず-2月の収入さらに減か_(Bloomberg)_-_Yahoo_ニュース

マカオのカジノが崩壊する前兆…

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

中国本土客の富裕層のみならず中流階級の消費者も支出を控えるという現状にあるようです。

マカオのカジノが崩壊する前兆にあることを知るにはこれだけの情報では十分ではありません。

マカオ政府土地工務運輸局は3月1日、昨年第4四半期時点で建設中のホテルが25軒、計画段階のものが28軒あり、これら53軒の合計客室数が2万5900室に上ることを明らかにした。第4四半期時点で営業中のホテル客室数は2万7904室となっており、建設中または計画中の数を加えると、現在のおよそ2倍の5万3804室となる。

マカオは財源をカジノによる税収に頼っています。そこに中国本土客のカジノへの支出の減少。さらにホテル客室数は計画段階のものが全部完成すると現在の2倍の客室数になるそうです。

カジノに財源を頼っているマカオだからこそ、非常に危険な事実です。カジノが潰れることで中国本土客はより足を運ぶことをやめるでしょう。

最近ラオスの街ボーテンをゴーストカウント化さした中国人の記事を取り上げましたが、マカオでも同じことがおこるかもしれません。

参考記事:中国の隣国ラオスのカジノ事情

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150302-00000025-bloom_st-bus_all

中国の隣国ラオスのカジノ事情

 

ラオス人 中国人は乱開発し都合悪くなるとすぐ逃げると批判_(NEWS_ポストセブン)_-_Yahoo_ニュース

中国の隣国の一つラオスには今はゴーストタウンと化したカジノの街があったようです。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

中国との国境にあるボーテンというところに中国企業が大挙し、カジノを中心として街がさかえていたようです。しかし、中国本土から移住する、観光にやってくる中国人が増えるにつれ治安が悪化し、殺人事件が多発し、2010年にはカジノが閉鎖することとなったそうです。

カジノの閉鎖を機に、当時1万人いた中国人は本土へと去っていき、ボーテンは今、廃墟と化しているそうです。そんな歴史背景があるラオスですが、中国に経済を完全に操られているから仕方がないと愚痴をこぼすラオス人もいるようです。

2010年と言えば5年前。カジノが主たる原因となってラオスのボーテンがゴーストタウンと化したと言うことは全く知りませんでした。日本でも報道されていたのでしょうか?

当時、中国側からも報道はなかったのではないでしょうか?国力に嘆くしかないラオス国民に国力をつけるために頑張って欲しいと期待することが、日本人にできる最良の行動でしょう。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150218-00000009-pseven-int


CONTACT
Translate