ビットコインオンラインカジノ

Re:Made in Japan

応援クリックしていただけると励みになります↓
最近人気のオンラインギャンブルや投資情報もわかります!
オンラインギャンブルブログランキング
→ お金儲けブログランキング

STDM社マカオ総合娯楽企業傘下ポルトガルカジノ子会社売上低迷高税率赤字マカオ新聞

STDM社が運営するポルトガルの会社estorilsol
(Estoril Sol P、EU;ESO;PTESO0AE0000)
エストリルソルグループが運営する
ポルトガルのカジノの業績が芳しくないようです。

Informações_úteis___Casino

STDM社と言えば、SJMホールディングスの親会社で、
そもそもはマカオのカジノ王、
スタンレー・ホー氏の会社です。

2015年5月現在は、
ホー一族が株式を保有しているようです。

STDM社の規模ってどれくらいなのでしょう。
私はこれまでSJMグループがスタンレー・ホー氏の
主な財産かと思っていました。

STDMをかつて保有していたこと、
一族が他のカジノグループの経営に
参画していることを考えると、
スタンレー・ホー氏の経営者としての手腕に
驚嘆の念を感じずにはいられません。

マカオ新聞事実誤認

STDMグループの実態を知りたくて、
色々と調べたのですが、
ヤフーニュースにも取り上げられている「マカオ新聞」は事実誤認しています。

STDM社の株式はホー氏ではなく、
彼の3番目の妻および2番目の妻の孫5人が保有しています。
(確認元:ダウ・ジョーンズ)

今後はマカオ新聞の情報を
疑うようにしないといけないなと反省しております。

マカオ新聞はマカオの情報誌である
マカオビジネスの英語版を日本語に翻訳して配信しています。
ですので、数字に関してはこれまで通り引用しますが、
記事内の記述に関しては引用を避けます。

2015年5月20日以降、
マカオ新聞の記事に関しては裏をきちんと取ることにします。
裏を取らない場合は引用元をヤフーニュースとします。

スタンレー・ホー氏が主戦場とする
マカオのカジノですが、
相変わらずよくないニュースばかりが目立ちます。

マカオ年間カジノ売上予測28_5_減3_75兆円下方修正マカオ新聞

日本円換算で3兆8802億円から3兆7488億円に下方修正しただけなんですが、
大々的に報じられています。

引用元が相変わらずマカオビジネスなんで、
マカオのことしか報じない新聞なので仕方がないのかもしれません。

マカオ中国本土旅客平均消費額15_減2015年第1四半期マカオ新聞Yahoo_ニュース

マカオを訪れる訪マカオ旅客の消費総額(ギャンブルを除く)は前年同期比16.2%減104.0億パタカ(日本円換算:約1564億円)、1人あたり平均では13.1%減となる1802パタカ(約2万7092円)となった

とのことですが、
この数字は意味を持ちません。

金持ちの使う金額が大幅に減少したという捉え方をすべきです。
もしくは金持ちの訪マカオ客数が減少した。

さらに触れると、訪マカオ客数が減少に転じているようです。

2015年度第一四半期では3.6%減少とのこと。

消費総額よりも、非常に深刻な意味を持ちます。

マカオとラスベガスの比較2014年

マカオとラスベガスの数字を比較しているものを見つけました。

私が気になったのはマカオの客室の少なさです。

そもそもマカオを訪問する人間は、
3000万人以上なのにも関わらず
ホテルの部屋数が3万にも達しません。

一年は365日あるので、300で割ったとすると、
1日10万人以上が来るわけです。
ホテルの供給が不足している可能性が高いわけです。

2020年には計画中のホテル客室数も含めると、
おおよそ倍にあたる5万室になるようです。

しかしながら、
マカオのホテルは価格が高いホテルばかりです。

当然のことながら、
バックパッカーが泊まれるような宿や、
ファミリー層が気軽に泊まれるホテルが求められます。

それはマカオが観光立国として成立するために
回避不能な問題でもあります。

マカオ政府がカジノを完全禁煙化するとの報道も
冷水を浴びせているように見えます。

しかし、
それは木を見て森を水の発想かもしれません。

マカオ政府カジノ完全禁煙化喫煙ルーム廃止マカオ新聞

カジノの従業員が
受動喫煙による健康の悪化を訴えているという現状があります。

客としてカジノに行っても煙たいところで
ずーっと働いている従業員の立場を考えると
カジノの全面禁煙化は良いことだと私は思います。

マカオカジノ宿泊料割引集客化NNA

国民に向けては職場環境を改善し、
訪マカオ客に向けては、
高すぎるホテル料金をなんとかする方向に走ることが
今は正しいことかもしれません。

ギャラクシーグループが今年オープンする、
ブロードウェー・マカオでは宿泊料金を半額にする
などのキャンペーンを行っているようです。

割り引いても赤字にならない

「割り引いても赤字にならない」

サービス業なんてそんなものと言ってしまえばそんなものですが、
聞きたくなかったセリフです。

サービスの質が低下しないことだけを願います。

G2Eアジア2015セガサミーマカオでのカジノ機器設置認可取得済

3年前のG2Eアジアには国内企業は1~2社程度しか出展していなかった。

3年前には1から2社しか出展していなかったというG2Eアジアで、
日本企業が多数進出しています。

参考記事:アジア最大のカジノ展がマカオにて開幕!!

名前が挙がっているだけでも10社。

海外でのカジノ市場の拡大だけでなく、
日本国内でのカジノ解禁への期待の高さを伺わせます。

日本国内からするとカジノ産業はまだまだこれからの分野ですが、
世界的には成熟した分野とされています。

世界の潮流としては、
カジノ化ではなくIR化(総合エンターテイメント化)が当然とされており、
カジノ化の中の事業へ日本企業はまだまだ割って入るチャンスも時間的余裕もあります。

パチンコ業界、ゲームセンターで培ってきた技術が生きるわけです。

日本国内から新しいカジノ文化を作ることが可能です。

それは日本だからできることです。

私はカジノを事業として見たときに、
まだまだ日本企業が生きる余地が残されているようにしか見えません。

日本企業のイノベーション力を見せつける格好の舞台となるでしょう。

世界のカジノに日本企業のゲーム機やセキュリティシステム、
既にあるものも含め紙幣鑑別機などが浸透していき、
グローバルスタンダードになること、
「Made in Japan」が再度輝く日が来ることを楽しみにしています。

本音を言うと楽しみで仕方ありません。

★応援クリックしていただけると励みになります↓
最近人気のオンラインギャンブルや投資情報もわかります!

オンラインギャンブルブログランキング
→ お金儲けブログランキング

☆☆☆カジノで勝つためのお得情報を無料でプレゼントしています☆☆☆
お得情報を無料で受け取りたい方はこちら↓

クリックして、PDFファイルをダウンロードしておけばいつでも読めます!
※無料プレゼント「ルーレットのルールと勝ち方」(PDFファイル)
※無料プレゼント「ブラックジャックのルールと勝ち方」(PDFファイル)

↓「無料モニター体験」ができるワイルドジャングルカジノ!↓

★ 管理人のフェイスブックはコチラ↓
→ 管理人のフェイスブック(友達&フォロー大歓迎です!)

FACEBOOK

記事参考元:http://jp.wsj.com/layout/set/article/content/view/full/176215(SJMのスタンレー・ホー会長、一族への株式譲渡に異議、ダウ・ジョーンズ、WSJ)、http://www.casino-estoril.pt/(casinoestoril)、http://www.macaushimbun.com/news?id=10297(マカオ総合娯楽企業傘下のポルトガルカジノ子会社、売上低迷と高税率で赤字に=14年、マカオ新聞)、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150515-00010000-macau-cn(マカオの年間カジノ売上予測を28.5%減の3.75兆円に下方修正=大手投資銀行、ヤフーニュース)、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150519-00010001-macau-cn(マカオを訪れる中国本土旅客、財布の紐堅く=平均消費額15%減、15年第1四半期、ヤフーニュース)、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150517-00010002-macau-cn(マカオのホテル客室数、現状2倍の5.4万室へ=大型IRなど建設ラッシュ、それでもラスべガスの3分の1、ヤフーニュース)、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150517-00010000-macau-cn(マカオ政府、カジノ完全禁煙化を検討=喫煙ルームも廃止の公算、ヤフーニュース)、http://news.nna.jp.edgesuite.net/(NNA.ASIA)、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150519-00000567-san-bus_all(アジア最大のカジノ展示会が開幕 解禁にらみ、日本企業が殺到、産経新聞)

マカオ政府、市民への現金配給ストップか?!

マカオ政府、市民への現金配布見直し示唆=カジノ経済低迷で_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

マカオ政府が市民への現金配給をストップする可能性があるようです。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

マカオってカジノで成り立ってるんです。ギャンブルで成り立っている。税収を市民に還元する形を間違えていたのかもしれませんね。日本では「バラマキ」と批判される類の現金支給です。

しかもマカオは現金支給だけでなく、医療クーポンや電気料金の補助なども行ってきています。それを止めようとしています。カジノが儲からなくなったから。政策がギャンブルに振り回され、国民の生活もギャンブルの様な形になってしまっています。

国がカジノからの財源に頼っているため、十分すぎるほどの福利厚生を国民に与え、不満の芽を潰してきた背景があります。またマカオはポルトガルから返還された時には公的年金の制度などが不十分であったため、その代わりとして現金配給を行っていたとの意見もあるようです。

しかしながらマカオは1999年に返還され、2008年から現金支給を行ってきています。ということは国民感情的に「あってあたりまえ」のものとして認知されている可能性が高いわけです。

何が言いたいかというと、現金などの支給がなくなると、民主化を求めるデモなどが起こる可能性が高く、治安が悪化する可能性があるということです。

これまで中国と隣接する国や地域ではこういったことが頻繁に起こっています。中国人が大挙し、規制が入ると一斉に足を運ばなくなり、治安悪化を引き起こす。日本も同じ目にあわないように気をつけなければいけません。民主党政権時代には中国人の選挙権を巡って議論が起こっていましたが、他国の人間に選挙権を与えることの重要さを、1億数千万人しかいない国民はきちんと理解しておく必要があります。

※無料プレゼント【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料プレゼント【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150401-00010003-macau-cn

マカオのカジノの現状と未来。そして日本の現状と未来。どっちの方が危機的だと思いますか?

マカオのカジノ売上中長期見通し「力強い成長続く」=格付け大手フィッチ_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

「マカオのカジノの現状と未来。そして日本の現状と未来。どっちの方が危機的だと思いますか?」という記事で、

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

マカオの現状とメディアの報じる情報を客観的にまとめたいと思います。さらに日本の状況を一例として紹介させていただきます。

まずはマカオのカジノに関して。格付け会社のフィッチによると、中長期的な成長が見込めるとして2015年度のカジノの成長率を上方修正し、マイナス4%としました。

【今日のチャート】カジノ業界への期待、急速にしぼむ-マカオ_(Bloomberg)_-_Yahoo_ニュース

一方カジノ企業の時価総額が、

習主席が共産党総書記に就いた2012年11月115日時点の885億ドル(現行レートで約10兆7300億円)を割り込んだ。ピークは14年1月の1980億ドル。

として1110ドルが吹っ飛んだと悲観的なニュースを流しているのはブルームバーグ。これは情報の捉え方次第でしょう。ドイツ銀行がマカオのカジノ関連企業の株を売るように促していることからも、現在はマカオのカジノ業界の時価総額が周りの情報に左右されている感が否めません。

マカオ、返還後初のマイナス成長=14年、カジノ売上と旅客消費の低迷響く_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース

マイナス成長の記事をよくみかけますが、では実際にそこまで悲観すべきことかというと、そうではありません。2014年度はマカオがポルトガルから中国に返還して以降初めてのマイナス成長に陥ったとされていますが、14年間右肩上がりで成長してきているわけです。2014年度の通年で0.4%減少という数字をそこまで深刻に考える必要がないことはわかっていただけることでしょう。

マカオ、返還後初のマイナス成長=14年、カジノ売上と旅客消費の低迷響く_(マカオ新聞)_-_Yahoo_ニュース 2

2014年のマカオの1人あたりGDPは約8万9,333USドルとのこと。

日本GDP一覧

2013年の日本のGDPは4,9920.7USドル。日本の名目GDPは下がり続けています。1995年の日本の名目GDPは5,348.8USドル

さて「どちらの方が危機的状況にあると思いますか?」

マカオ、15年ぶりマイナス成長=カジノ低迷で―14年_(時事通信)_-_Yahoo_ニュース

時事通信も日本の危機をきちんと報道すべきでしょう。

これにて以上。

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150311-00010001-macau-cn、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150312-00000041-bloom_st-bus_all、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150314-00010000-macau-cn、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150313-00000170-jij-cn、http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/menu.html

カジノだけじゃない!!マカオの歩き方

贅沢マカオのグルメ&エンタメを_2泊3日弾丸旅行でたっぷり満喫!_(CREA_WEB)_-_Yahoo_ニュース

マカオは4エリアに分類することができます。

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

1:中国本土から続くマカオ半島
2:タイパ島
3:コロアン島
4:タイパ島とコロアン島の間を埋め立てて作ったコタイ地区

ミシュランで星を取っているチャイニーズ「ティムズ・キッチン」が味わえるのは、中国本土のマカオ半島。ここにある有名ホテルの一つがホテル・リスボアです。またマカオ半島には歴史的世界遺産の地区もあり、見所は派手なところだけではありません。

リスボア・ホテル・マカオ__レストラン

www_hotelisboa_com_hlweb_menu_timskitchen_pdf

もちろん全てがこの値段というわけではありませんが、お値段…

ホテルリスボアの外観はきらびやかそのもの。

リスボア・ホテル・マカオ__ホーム

コタイ地区に場所を移すとコタイストリップと呼ばれる地域へ。

巨大リゾートのオンパレードといったエリアがあり、カジノ、ショッピングセンターやレストラン、スパやエンターテインメント施設などが一体となった複合リゾートが立ち並ぶ

一般的にマカオから連想されるイメージが詰まったエリアであることがわかります。

その中の一つ「ギャラクシー・マカオ」は、ギャラクシーホテル、バンヤンツリー・マカオ、ホテルオークラマカオという3つの5つ星ホテルと、まるでビーチのような世界最大級の造波プールを備えた巨大な複合リゾート。

Galaxy_Macau__the_World-Class_Asian_Resort_Destination

ギャラクシーホテルはプールに入れば中国であることを忘れてしまいそうなムードです。

A_HKD2_Billion_Production__The_World’s_Newest_Most_Spectacular_Extravaganza_

「シティ・オブ・ドリームス」では人魚が泳ぎ回る巨大なバーチャル水族館にまず目を奪われるが、これで驚くのはまだ早い。専用シアターの中に、まさに海が出現するエンターテインメント「ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」は、他にはない驚異のショーだ。

とのこと。死ぬまでに絶対一度は行ってやる!!

最後にマカオ南端のコロアンまで足を運ぶと、島だった時のローカルな雰囲気がそのまま味わえるとのこと。

「聖フランシスコ・ザビエル教会」とエッグタルトの有名店「ロード・ストウズ・ベーカリー」がおすすめだそうですが、せっかくマカオに行って、個人的にはエッグタルトには全くそそられません。

マカオ半島に戻って、「マカオ歴史市街地区」は1日を費やしてのんびりと観光するのにもおすすめのようです。

16世紀に渡来したポルトガル人の残した22の歴史的建造物と8つの広場があり、今では世界遺産に登録されている。

とのことで、「民政総署」、「セナド広場」、「聖ポール天主堂跡」など、ポルトガルそして中国の両方の影響を受けた建物はどれも歴史的な深い美しさを味わうことができます。

ポルトガルの植民地であったことからポルトガル料理も味わうことができます。マカオタワーの一階には「トロンバ・リージャ」のブッフェでポルトガル料理を存分に味わうことができます。

Tromba_Rija_-_Macau_Tower___Macau_Tower

マカオの大きさは、山手線内の半分の面積しかないというのに、これだけの魅力が詰まっています。オンラインカジノと共に、カジノの情報を提供している私としては行きたくて仕方ありません!5年以内に必ずマカオを満喫してきます!!

※無料【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

※無料【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀いつでもキャンペーンやってます!」

↓スマホ・クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


記事参考元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150218-10007263-creaweb-life&p=1

マカオのコタイ地区と中国本土の珠海の24時間通関化に向けたバスネットワークサービスの拡充を発表

Yahoo_ニュース_-_マカオ・珠海間の24時間通関化に向けたバスネットワーク拡充を発表=マカオ交通事務局_(マカオ新聞)

マカオのコタイ地区と中国本土の珠海の24時間通関化に向けたバスネットワークサービスの拡充を発表しました。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓

これにより実質24時間マカオと中国本土の行き来が可能となります。就労ビザを持っている、もしくは学校などが別地区にある学生なども利用の対象となるようです。

これにより懸念されるのが出稼ぎ労働者の増加と不法入国者の増加です。マカオは12月20日にポルトガルからの返還15周年を迎えます。それにあわせて中国の習近平国家主席がマカオの記念式典に出席することが予想されており、マカオ内の治安改善や不法入国者の摘発が進められています。

24時間化は治安の悪化や不法入国者などといった問題だけでなく、出稼ぎ家族の家族崩壊が進むのではないか?と考えます。シフトが実質24時間化となることは目に見えており、これまで交通事情により家庭を配慮してシフトを組んできた面も少なからずあると思います。それがなくなるとなると、24時間制でシフトを組まされ家族崩壊にもつながるのではないか?との懸念材料が浮かび上がって来ます。

サービスの充実は歓迎すべき事ですが、国の発展のためにも国民や、中国本土の人間の気持ちに配慮した上でのサービスの有効活用化を目指して欲しいものです。

↓スマホ対応!クレカ対応!オンラインカジノ初心者は「ベラジョンカジノ」で!↓


【初心者用】ルーレットのやり方(PDFファイル)

【初心者用】ブラックジャックのやり方(PDFファイル)

麻雀に興味がある方はこちらをどうぞ「DORA麻雀で実際に勝ってるやついる?」

記事参考元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141207-00010000-macau-cn


ビットコインオンラインカジノ